White Rum and Vodka – Can You Tell the Difference?

Facebook で最近行われた、ホワイトラムとウォッカを比較するテイスティングに関する議論に興味をそそられました。 これはテイスティングの目的ではありませんし、決定的な結果を出すために行われたものでもありません。 しかし、このテイスティングでは多くの議論が交わされ、多くの強い意見が出ました。 (

そこで私は自分自身をテストすることにしました。 ドライホワイトラムとウォッカの違いを見分けられるか?

私は5種類のスピリッツ(ウォッカ2種類とホワイトラム3種類)を手に取り、それぞれをブラインドでテイスティングしました。 私はまず、その蒸留酒がラムなのかウォッカなのかを見分けようとしました。

5つすべてを同じ種類のグラスで、同じ温度、同じ条件などでテイスティングしました。 を、間を置いて2ラウンド。

5つの蒸留酒はこうだった。

  1. ストリチナヤ・ウォッカ
  2. グレイグース・ウォッカ
  3. カナ・ブラバ・ラム
  4. バカルディ・マエストロ・デ・ロン
  5. フロー・デ・カーナ4年物エキストラドライラム

1回戦は香りだけで判別しようとした。 (このとき、どれがどれだかわからなくなった。 結果を追いやすいように並べ替えています。)

香りの結果:

  1. ウォッカ(実績:ウォッカ)
  2. ラム(実績:ラム)
  3. ラム(実績:ラム)
  4. Rum (Actual: Rum(Actual: Rum)
  5. Rum(Actual: Rum)

だから匂いだけで、ラムやウォッカが何であるかを正しく識別したのです。

次にそれらを試飲してみました。

試飲結果:

  1. ウォッカ. ストリ。 “バニラ “が少し。 これは間違いなくウォッカなので、加工しているのだろうかと思うが。” (実績:ストリチナヤ・ウォッカ)
  2. ウォッカ。 グレイグース。 “これはほとんどバカルディみたいな本当に辛口のラムかもしれない。 でも、ウォッカなんだ。” (実売:グレイグース・ウォッカ)
  3. ラム。 カナ・ブラバ。 “間違いなくラム。 年季の入った味がする。 いいものだ」(実際のところ:カナ・ブラバ・ラム)
  4. Rum. フロール・デ・カナ。 “バニラを少し味わうが、他はあまり感じない。” (実績:バカルディ・ラム)
  5. Rum. バカルディ。 “黒糖を使ったまろやかで心地よい味わい。 味わい深い。” (実績:フロール・デ・カナ)

ウォッカの銘柄は2つとも正解でした。 カナ・ブラバ・ラムも正解だったのですが、これは驚きではありません。 確かにラムの味がして、いい味を出しています。 4番と5番がラム酒なのは正解でしたが、銘柄を間違えてしまいました。 今書いてみると、より風味豊かなラムはバカルディではなくフロール・デ・カナであることに気づくべきでしたので、驚いています。

要約すると、これら2つのウォッカとこれら3つのホワイトラムの違いを見分けるのは特に難しいことではありませんでした。

味は、StolichnayaよりGrey Gooseが好きでした(Stoliはいつも飲んでいる銘柄ですが)。 ホワイトラムは、カナ・ブラバとフロール・デ・カナの両方が素晴らしかったです。 バカルディ・マエストロ・デ・ロンはそれほど良くはなかったが、それでもまあまあだった。

少し補足すると…普通のバカルディ・シルバーの試飲がなかったので、それを選んだ。 結果は違っていたかもしれません。 Cruzan Light Rumを入れようと思ったのですが、少し麦わら色をしているので、それがバレるかと思いました。 ジャマイカ産のラムやラム・アグリコルなど、異なるスタイルのラムは、簡単すぎると思ったので、あえて選ばなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。