USCIS帰化面接で起こること

Form N-400提出後の試験と面接の準備方法

帰化面接は、米国市民になるためにフォームN-400を提出した永住者にとって最後の関門となります。 N-400の処理期間の終了間際に、米国移民局(USCIS)から帰化面接の予約通知が郵送されます。

USCISの職員は、個人の事務所または個室で帰化面接を行います。

Review N-400 Application

帰化面接の大部分は、帰化申請書フォームN-400を審査することから始まります。 USCISの担当者は、あなたの申請書と添付書類についていくつかの質問をします。

そのため、面接を受ける前に、ご自身のN-400申請書とその回答について十分な時間をかけて確認するようにしてください。 申請書を提出してから、おそらく数ヶ月は経っているはずです。 細かいことを忘れてしまいがちです。 自分の答えに慣れておくと、安心して答えられるようになります。 さらに、N-400申請書の回答に影響を与えた可能性のある出来事をメモしておいてください。

Changes Since Filing Form N-400

帰化申請の面接の始めに、USCIS職員はあなたのN-400申請について何か変化があるかどうか尋ねると思われます。

ほとんどの場合、N-400への単純な変更は問題ではありません。 生活環境における通常の変化はあなたの回答に影響を与える可能性があります。 新しい仕事、新しい子供、海外での休暇などは典型的なライフイベントであり、申請書上で更新する必要があります。 この場合、USCISの担当官と一緒に申請書を修正する必要があります。 そのため、通常必要とされる関連補足書類を提出する必要があります。 例えば、米国外への旅行をした場合、旅行に関するN-400が求める正確な日付およびその他の情報のリストを持参してください。

繰り返しますが、これらの変更がどのように資格に影響するか、しないかを理解しておくことが重要です。 これらの変更が米国市民になるための資格に影響すると思われる場合は、帰化の面接に出席する前に移民弁護士に連絡してください。 例えば、海外旅行が継続的な居住または物理的存在の要件を破っていないことを確認してください。

帰化する資格に影響を与える可能性がある状況は、以下を含みます(ただし、これに限定されません):

  • 最近の離婚または別居で、その米国人との3年間の結婚に基づいて申請していることです。
  • 逮捕された場合、またはフォームN-400のパート12にある「いいえ」の答えを変更する原因となるようなことがあった場合。
  • 6ヶ月以上の米国からの不在。

上記の状況のいずれかに該当する場合は、帰化面接に行く前に移民弁護士に連絡してください。

帰化面接に持参するもの

フォームN-400帰化申請後、申請書のコピー、すべての補足書類の原本、米国移民局から受け取った連絡事項などをフォルダに保管しておきます。 このように早めに準備をすることで、面接日に向けて整理整頓し、準備をすることができます。

まず、CitizenPathのカスタムファイリング・インストラクションを確認することから始めてください。 私たちの指示は、あなたの申請に基づいてカスタマイズされた帰化の面接に持参するアイテムの簡単なリストを提供します。 しかし、USCISが予約通知を送るときに提供されるリストに要求されたすべての品目があることを確認してください。

帰化試験と面接に必要な書類には以下のものがあります。

  • 面接予約通知書
  • 永住権カード(グリーンカードとも呼ばれます)
  • 運転免許証または他の州発行の身分証明書
  • すべての現在および過去のパスポートと旅行書類

個々のケースによっては、あなたが帰化面接に出席する際に他の物品を持参しなければならない場合もあります。 特に指定がない限り、オリジナルの書類を持って行ってください。

  • Marital Status

    あなたの現在の婚姻状態を証明する書類を持って行ってください。

  • Termination of Prior Marriages

    現在結婚している場合、あなたの以前の結婚(該当する場合)および現在の配偶者の以前の結婚がすべて終了したことを証明できることが必要です。

  • 米国市民の配偶者として申請する場合

    米国市民との結婚に基づきN-400を提出した場合、あなたの配偶者が少なくとも3年間米国市民であったこと、あなたとあなたの配偶者が少なくとも3年間婚姻関係にあったことを証明する必要があります。 婚姻証明書に加えて、納税申告書、リース契約書、銀行明細書、公共料金請求書、車の名義書、保険明細書など、3年間の間に婚姻関係を証明するのに役立つ書類をお持ちください。

  • Tax Returns

    少なくとも過去5年間(米国市民と結婚して申告する場合は3年間)は所得税申告の義務に従っていることを証明できるものをお持ちください。 完全な確定申告書のコピー、または必要な年数の税金情報が記載されたIRS Tax Transcriptを持参してください。

  • Children

    帰化申請書に記載されているすべての子供があなたの子供であることを証明するものを持って行ってください。

  • Support for Dependents

    離れて暮らす扶養家族がいる場合、あなたが各扶養家族を扶養し、養育義務を遵守していることを証明するための証拠を持って行ってください。 これを証明できない場合、善良な人格の要件を満たしていないとして、帰化が拒否されることがあります。 認められる書類の例としては、キャンセルされた小切手、郵便為替領収書、養育費の支払いを示す裁判所または機関の書類、賃金差押えの証拠、または子供の親または保護者からの手紙などがあります。

  • Overdue Taxes

    連邦税、州税、地方税の支払いが滞っている場合、支払うべき税金を支払う手続きをしたことを示す税務署からの署名入り同意書、および現在の支払い状況を示す同じ機関からの文書を持っていってください。

  • Selective Service Registration

    18歳から26歳の間に米国に住んでいた男性であれば、Selective Serviceに登録したことを証明する書類を持って行きます。 (

  • Trips outside the United States

    6ヶ月以上1年未満米国外に旅行した場合、その間に米国に継続して居住したことを証明する文書を持って行ってください。 継続的な居住を証明できない場合、申請が却下されることがあります。 例えば、あなたが米国での雇用を終了していないこと、海外滞在中に就職していないこと、あなたの肉親が米国に滞在していることを証明する書類などです。

  • Arrests/Detainments/Convictions

    逮捕、拘留、または有罪判決を受けた場合、それぞれの事件に対する処分の証拠を持参する必要があります。 面接に出席する前に、このような状況に適切に対処するために移民弁護士に相談されることを強くお勧めします。INAの319(b)に基づいて申請する場合、あなたの米国市民配偶者の海外での適格な雇用または契約(配偶者としてあなたの名前が含まれる雇用契約書や旅行命令書など)の証拠を持参し、あなたの配偶者の海外での雇用があなたがフォームN-400を提出した日から少なくとも1年続く予定であることを立証してください。 また、米国市民配偶者とともに海外に居住し、米国市民配偶者の海外雇用の終了後直ちに米国内に居住することを宣言する書面を持参してください。

  • Military Members

    米国軍に勤務したことがあるか、INA328条または329条に基づく軍務に基づいて申請する場合、原本および認証済みのN-426、軍務または海軍業務の認証依頼書を持参ください。 もしあなたが退役軍人で、N-400を提出する時点で米軍から離脱していた場合は、N-426に記載されている全ての期間のDDフォーム214(または複数のDDフォーム214のコピー)を持参すれば、証明されていないフォームN-426を提出することができます。

帰化の面接を行うUSCIS職員から尋ねられるまで、上記の情報を提供する必要はありません。 多くの場合、担当官はこれらの書類のいくつかを要求することすらありません。

英語テスト

帰化面接の際、USCIS担当官はあなたの英語の読み、書き、話す能力をテストします(あなたが英語要件を免除されている場合を除きます)。

  • Speaking

    あなたの英語能力は、フォームN-400による帰化許可面接でUSCIS職員が通常行う質問に対するあなたの答えによって判断されます。

  • Reading

    英語で読む能力をテストするために、あなたは3つの文章のうち1つの文章を、USCIS担当官に文章の意味を理解していることを示唆する方法で読まなくてはなりません。

  • Writing

    英語で書く能力をテストするには、3つの文章のうち1つを、USCIS担当者が理解できるように書かなければなりません。

覚えておいていただきたいのは、あなたの英語を話す能力はUSCIS担当者があなたに会った瞬間から評価されているのだということです。 担当官は、あなたが簡単な指示(宣誓するときに「立ったままでいてください」など)に従うことができるか、質問に答えることができるかを観察します。

もし質問が理解できない場合は、担当官に言い直すよう求めてもかまいません。 答えを推測することは、問題を複雑にするだけかもしれません。

また、USCISの担当者は、文章を口述し、それを英語で書くように要求します。

米国公民権テスト

審査官は、英語での米国史/公民権テストも行います(米国の歴史と政府に関する知識と理解をテストするものです)。 英語のテストが免除されても、公民のテストは希望する言語で受けるか、免除される資格が必要です。

公民のテストは100問あります。 帰化の面接では、100の質問リストの中から最大10問を担当官が英語で質問します。 米国の公民のテストに合格するためには、10問中少なくとも6問を正しく答えなければなりません。

しかし、もしあなたが10問中6問に正しく答えることができなければ、帰化の面接は中止されます。 USCISは、別の日(90日以内)に再試験の予約を取ります。

帰化面接決定

帰化面接終了時には、あなたが宣誓式に向かうかどうかわかる可能性が高くなります。 面接ですべてがうまくいけば、USCISの担当者は、おそらく彼/彼女がアプリケーションを承認していることを教えてくれるでしょう。

場合によっては、帰化面接の後、USCIS職員が決定を下すことができないこともあります。 最終決定には監督者のサポートが必要であったり、USCISが面接時に入手できなかった追加証拠を要求することもあります。

USCISがあなたの申請を拒否した場合、拒否の理由を説明します。 申請者は不服申し立てをするか、または新しい申請を行うかを選択することができます。

シチズンパスについて

シチズンパスは、USCIS移民申請において、シンプルで手頃な価格の、ステップバイステップのガイダンスを提供します。 個人、弁護士、非営利団体は、デスクトップまたはモバイル デバイスでこのサービスを利用し、移民申請書を正確に作成し、費用のかかる遅延を回避することができます。 CitizenPathは、ユーザーが無料でサービスを試すことができ、USCISが申請または請願を承認することを100%返金保証しています。 市民権申請(フォームN-400)、グリーンカード更新(フォームI-90)、その他一般的に使用されるUSCISフォームのサポートを提供しています。

Note to Reader: この記事は2017年12月19日に公開されたもので、改良を加えて修正されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。