OLDOWAN TOOLS

=オルドワンの道具= ”オルドワンの道具”は”下旧石器時代”の最も基本的なものであった。 (初期石器時代)。 これらの道具は、川岸の小石を別の岩に打ちつけて、いくつかの鋭いフレークと、鋭いエッジを持つ「芯」を作ったものである。 この単純な技法は「ハードハンマーパーカッション」と呼ばれている。 これらの道具は「ホモ・ハビリス」によって初めて広く使われ、これらのホミニンから見つかった骨折した骨は、これらの道具が「骨を割って、漁獲された死体から栄養価が高くエネルギーに富んだ骨髄を掻き出す」ために使われていたことを示唆している。 これにより、脳の発達に必要なタンパク質とエネルギーが供給されたのであろう。 石を使って別の石から薄片を作り、それを使って何かを切るという一連の作業は、おそらく初期のヒトが一瞬のひらめきで行うには複雑すぎたのだろう。 そのため、初期の道具は、果物を割るというような無関係なプロセスから、意図せず生まれたものである可能性が高い。 最終的には、我々の祖先は、意図的にではなく、先輩の真似をしてこれらの道具を作ることを学ぶことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。