第1章

Nehemiah 1:1-3 . ネヘミヤはハナニによってエルサレムの苦難の状態を知り、嘆き、断食し、祈った

1. ハカリアの子ネヘミヤ–この非常に敬虔で愛国的なユダヤ人は、同名の他の二人と注意深く区別されるべきである。一人はエルサレムの壁の再建を手伝ったと言及され(ネヘミヤ3:16 )、もう一人はゼルバベルが帰還する最初の部隊に同行した者のリストに記されている(エズラ2:2 、ネヘミヤ7:7 )。 彼の系譜はほとんど知られていないが、ユダ族とダビデ王家の子孫であった可能性が高い。
チズル月に–11月の終わりから12月の大部分にかけてのことである。
宮殿シュシャン–チグリスの東にある古代スシアナの首都で、ペルシャの属州であった。 キュロスの時代からペルシャ王のお気に入りの冬の住まいだった

2, 3. 私の同胞の一人であるハナニが、彼とユダのある者たちとともに来た–ハナニは彼の兄弟と呼ばれている(ネヘミヤ7:2 )。 しかし、この言葉はユダヤ人にも他の東洋人にも緩やかに使われていたので、彼が同じ家系であったということ以上の意味はないでしょう。 ヨセフスによれば、ネヘミヤは宮殿の城壁を歩いているとき、ある人がヘブライ語で会話しているのを耳にした。 彼らが最近ユダヤから帰ってきたことを知った彼は、熱心な問いかけに答えて、エルサレムの未完成で荒れ果てた状態や、帰還した亡命者の無防備な状態を彼らから知らされた。 ゼルバベルとエズラに与えられた任務は神殿と個人の住居の修復だけであり、都市の壁と門はカルデアの包囲によって築かれた粉々の廃墟の塊のままであった

Nehemiah 1:4-11 . 彼の祈り.

4. これらの言葉を聞いたとき、私は座って……嘆き……断食し、祈った–この話はこの善人の愛国心に深く影響し、彼がひそかに立てたと見られる、エルサレムへ行く許可を王様に求める目的を神が支持してくれるよう、真剣で長期の祈り以外に慰めはなかった……

11. 私は王のカップベアラーだった–この役人は、古代東洋の宮廷では、常に地位と重要性を持った人物であり、その任務の機密性と王の前に頻繁に出ることから、大きな影響力を持っていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。