Hello, you hope you are well in these difficult times. 私たちのスーツケースには、まだまだ伝えたいことがたくさん詰まっています。

私たちが住む西洋社会は「近代的」であるにもかかわらず、私たちの生活の発展における性の重要性を考えると、性にまつわることはいまだにタブー視され、あまり知られていないのが現状です。

人間が存在する限り、何歳になっても、セックスの頻度や強度が低下しても、セックスへの関心は維持されることを知っておくとよい。

老化は病気ではなく、自然のプロセスであり、人間の存在における一つのステージである。 したがって、もし私たちが幸運にもこの段階に到達したならば、私たちの性の経験は、以前の段階でどのように性的に関係してきたかに大きく依存することになります。 2169>

食べたい、旅行したい、風景を楽しみたいという欲求と同じように、抱きたい、愛したい、感情を表現したいという欲求は、私たちに永久につきまといます。 しかし、高齢者の現実はもっと複雑で、セックスとなると汚名を着せられるケースが多い。

老年期には、性欲は健康と密接な関係がある。

高齢者がセックスを楽しむための障害:

  • 恥を知ること。 この感覚は、抑圧的な生い立ちを持ち、自己検閲をしている人に現れる。

  • 薬物療法。 他の病気の治療に使われる薬の多くは、性欲を抑制する副作用があります。

  • 孤独や寡婦のこと。 パートナーがおらず、パートナーを見つけるための代替手段がないこと。

  • 制度的な障壁があること。 高齢者の多くは老人ホームに住んでおり、性体験をするために最低限望ましい親密さの条件を備えていない(相部屋、狭い空間、世話をするスタッフ側の偏見など)

これらは、高齢者が性生活を満喫する上で最もよくある障害となるものである。 しかし、老年期においてもセックスは重要であることは明らかであり、この本質的な旅路にある人々が被る排除に終止符を打たなければならない。

高齢者とセックスに関する神話:

  • その年齢においてセックスはありふれたことではなく、むしろ稀なことなのだ。

  • 年配の男性はずっと若い女性をパートナーにすることができますが、年配の女性は自分よりずっと若い男性と一緒になることはできません。

  • その年齢でセックスを実践すると、健康に悪いのです。

  • 老人はセックスする身体能力がない

  • 老後は親密さもセックスも必要ない。

  • 高齢になっても自慰行為がない

  • 女性は男性よりセックスの必要性が低い。

その壁を取り払うには

この投稿を紐解くと、タブーや偏見、そして性教育がない、あるいは間違っていると、必ず行き詰まることに気が付くかと思います。

セックスは健康に欠かせない要素であり、あたかも尾を噛む魚のように、セックスを楽しむためには健康でなければならないことを意識しなければならない。

人生の初めから健康習慣を維持すれば、時間と経験に余裕を持って老後を迎え、違ったセックスを楽しむことができるのである。 もちろん、20歳のときのセックスと、40歳、60歳、80歳のときのセックスは同じではありません。 しかし、これまで満足のいく性的発達を遂げてきた高齢者は、この新しい瞬間を楽しむために必要な成熟度を備えているのです。 穏やかさ、充実感、親密さが最高の味方になります。

もし私たちが、単に肉体的な行為を超えて理解し、選択の自由があり、常にパートナーを尊重し、誰に対しても差別することなく、セクシャリティが生み出す幸福を評価することができれば、最後の日までそれを楽しむことができます。

老後は、愛、コミュニケーション、表現、愛情が活発な性生活を楽しむ人を若返らせ、生き続けるという錯覚の原動力になり得るのです。 この感覚を持つ人は、私たちの存在を構成する全体の一部として、偏見なく自由にセックスを提供する完璧なバランスを見つけたことを知っています。

そして愛に年齢がないならば、セックスにも年齢はありません。 また会いましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。