Francisco Vazquez de Coronado

Francisco Vázquez de Coronado

NPS/Coronado National Memorial

コロナド遠征に参加して旅をした多くの人々の中で、エントラーダの名前とリーダーは最もよく知られています。 しかし、彼の名を冠した遠征隊の隊長は、もっと大きな力の歯車に過ぎなかった。 膨大な数の奴隷、アステカ/メキシコの同盟者、使用人、牧夫、仕立て屋、玉屋、料理人、ヨーロッパの兵士、職工、その他多くの人々が、メキシコ北部、アメリカ南西部、中西部の平原の先住民の村に流れ込んできたのである。 その集団が地域に与えた影響は、歴史的観点という緩衝材を使っても、十分に感じられる。
にもかかわらず、フランシスコ・バスケス・デ・コロナドは遠征隊のリーダーとして指名され、この責任とともにエントラーダの結果に影響を与える決断を下しました。
フランシスコ・バスケス・デ・コロナド・イ・ルハンは、スペイン・サラマンカの貴族の家に生まれました。 彼の生い立ちはやや不確かであるが、1510年に生まれたと考えられている。 1535年、バスケス・デ・コロナド(後に英語でコロナドと呼ばれる)は、スペインからメソアメリカに向かった。 新スペイン総督アントニオ・メンドーサの側近として旅をした。
バスケス・デ・コロナドは、植民地の財務官アロンソ・デ・エストラーダの娘ドナ・ベアティスとの結婚で莫大な財産を手に入れ、1538年にはヌエバ・ガリシアの総督となった。 メキシコで大きな財産と地位を得たにもかかわらず、バスケス・デ・コロナドは、エルナン・コルテスやフランシスコ・ピサロ・ゴンサレスといった他のスペイン人征服者たちの足跡をたどろうとした。彼らはそれぞれ大きな文明(アステカ帝国とインカ帝国)を征服している。
フランシスコ会司祭マルコス・デ・ニザが北方(現在のニューメキシコ州北部)から巨大な帝国の話をもって戻ると、メンドーサ総督はその文明を征服しスペインのために要求しようと遠征隊の編成に着手した。 その文明とは、後にシボラと呼ばれるようになる、噂の「黄金の7都市」であると考えられていた。 1540年2月23日、バスケス・デ・コロナドと彼の指揮下にあった大遠征隊は、メキシコ西海岸のコンポステラから北上し、伝説の黄金都市に向かった。

コロナドのシボラ遠征とその後
遠征は結局失敗とみなされた。 名声と富の夢を打ち砕かれたバスケス・デ・コロナドは、1542年春にようやくメキシコシティに帰還した。 世間から軽蔑され、信用を失いながらも、彼は再びヌエバ・ガリシアの総督の座についた。 その後、彼と隊長たちは、先住民への虐待を含む探索中の行動の責任を問われることになった。 帰国から10年後、彼は42歳の若さで無名のままこの世を去った。 しかし、自分が率いた探検が、アメリカやメキシコの西部開拓史の舞台となることを、彼は知る由もなかった。 アメリカ先住民の宗教は、時には強制的に、探検隊に従うことになるフランシスコ会やイエズス会の司祭たちの教えを取り入れるように変化していくことになるのだ。 さらに、彼と彼の遠征隊は北の大地と人々に関する知識を持ち帰り、後のスペイン人探検家や宣教師が南西部を植民地化する道を開き、今日まで続く文化の衝突と融合をもたらしたのである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。