科学者たちは、自閉症の人々がしばしば目を合わせることを難しく感じる理由について、新しい光を当てています。 研究によると、視線を合わせるのを避けるのは、脳の特定の部分に過剰な刺激を与えることによって生じる不快な感覚を軽減する方法であり、単に社会的・個人的な無関心や「他人を読む」能力の欠如の表れではないことが明らかになったのです。

この発見は、機能的磁気共鳴画像法 (f MRI) の使用から得られたもので、典型的な発達の人と比べて、スペクトラムの人の脳経路に違いがあることを示しています。

この種の科学の躍進は、社会的に不適切または奇妙とみなされる行動に直面したときに作られる仮定に挑戦します。 しかし、こうした仮定は、何が「正常な」行動であるかという私たち自身の文化的な期待にも基づいているのです。

「私が話しているときは私を見て」は西洋の教室でよく使われる指示かもしれませんが、中国や日本では、学生が家庭教師と目を合わせるのは無礼なことだとみなされるでしょう。 アフリカの文化では、激しいアイコンタクトは攻撃性のシグナルとなり、中東の社会では、アイコンタクトの使用はあまり適切ではなく、厳格な性別のルールに沿って管理されます

では、スペクトラムの人とのコミュニケーションを改善するためには、どうしたらよいのでしょうか。 アメリカの科学雑誌の報告によると、自閉症の子どもに無理に目を見させることは、大きな不安を与える可能性があるそうです。

「燃えます」

「人を見るのがどれほどつらいか、わかってもらえない」

「不快になる…相手の眉や鼻や耳を見て、一生懸命集中して、目を直接見ない」

「目を見るのは、とてもつらい」

「人を見るのは、とてもつらい」

「人を見るのはとてもつらい」と、スペクトラムの人たちが強い不快感と不安と困惑を訴える例が数多く収録された。「

では、アイコンタクトを奨励すべきかどうか? この特別な研究は、相変わらず複雑な問題であることを示唆しています。スペクトラムの人々はみなユニークな個人であり、それぞれの個性やプロフィールを理解する必要があるからです。

以下は、アイコンタクトが難しい、助けにならない、あるいは深く不快に感じる人を助けるために提案されたアプローチの要約です。 もしそれが不快であれば、関心を示す他の方法をいくつか教えてあげましょう。

  • 会話から遠ざかるのではなく、会話の距離感を保つ
  • 相手が間を置いたときに「はい」「うーん」といったフレーズを使う
  • 「聞いているよ」と伝える
  • 一瞬でも目を合わせる努力を褒める「私を見る目が好き」
  • アイコンタクトを促すために、相手の特別な興味について話す

  • コミュニケーションと理解を助けるために視覚的なサポートを使う

スペクトラムの人々がアイコンタクトに対処する難しさを克服するために、専門のセラピストを利用するなどさまざまなアプローチがあります。 社会的なコミュニケーション、理解、相互作用。

「そして今、私は、自分が話すときに誰かを見ないことが、まったく自然なことだと知りました。 アスペルガーの人たちは、それをすることに抵抗があるだけなのです。 実際、なぜ人の目玉を見つめることが普通だと考えられているのか、よく理解できません」ジョン・エルダー・ロビソン『自閉症の技術』

より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。