X

プライバシー & Cookies

当サイトではクッキーを使用しております。 続行することで、その使用に同意したことになります。 5606>

Got It!

広告

“Code 99, ICU, Code 99, ICU” 医師が決して聞きたくない言葉です。 その意味はただひとつ。 多くの人に破滅をもたらす言葉。 2日目の夜、ゴールドナー先生と一緒にシフトに入ったときに聞きたくなかった言葉。 コードという言葉は、病院では様々な場面で使われますが、死、心拍がない、という一点で一致しています。 時にはコードとは他のものを指すこともありますが、たいていの場合、コードという言葉がインターホンから流れてくると、病院は緊張し、コードの現場に駆けつける準備をします。

真夜中頃、ゾンダバン(身元確認のため名前を変更)が呼吸困難と吐き気を催した状態でやってきました。 Dr. Goldnerはいつものように、日常的なことだと思いながら診察を開始しました。 時間が経つにつれて、ゾンダバンの呼吸はますます苦しくなり、困難になっていった。 ゾンダバンには肺高血圧症もあった。 ゴールドナー医師は配偶者に相談し、ゾンダヴァンの呼吸器系を休ませるために挿管することを提案しました。 挿管後、ゾンダヴァンの健康状態は着実に悪化していった。 脈拍はなかなかとれず、結局、大腿動脈に中心静脈を入れることになった。 この後、ゾンダバンはCTに運ばれ、ICUに移された。

夜も相変わらず忙しく、次から次へと患者がやってきては、あれやこれやと世話を焼いていた。 1件の修正外傷がありました。 ある男が夜中の1時か2時に酩酊して四輪車を運転していて、大破したのだ。 腕と顔を骨折していました。 一晩中、ERの11のベッドはすべて埋まっているようでした。

以前、ゾンダーバンが来る前に、私はゴールドナー博士とコードについて話をしました。 私は、それがどれくらいの頻度でやってくるのか、また、病院内でどれくらいの頻度で起こるのかを尋ねました。 彼は、「あまり起こらない」と言ったのですが、それがいかに運命的な言葉であったかがわかります。 慌ただしい中、午前4時頃、椅子に座って細胞分子生物学の本を読んでいると、インターホンから「コード99、ICU、コード99、ICU」という恐ろしい言葉が聞こえてきました。 私は目が大きくなり、行こうか行くまいか迷いながらその場に座り込んでしまった。 ゴールドナー先生に呼ばれ、私たちは急いでICUに向かいました。 到着すると、見たくはなかったが、期待していたものが目に飛び込んできた。 ゾンダバンのコーディングが目の前にあったのだ。 部屋には15人ほどの人がいて、心肺蘇生をしている人もいれば、ただ見ている人もいて、彼女の配偶者は信じられない思いで見ていました。 3〜4分後、かすかな脈拍が回復した。 ゾンダバンさんは、暗号に耐えたが、朝までもたないだろうと思われた。 彼女は両側の肺塞栓症であることが判明しました。 青い死に顔が忘れられません。 死というものを初めて体験したのですが、これが最後の体験になることはないでしょう。 とてもシュールです。 その人が生きていて、警戒しているのを見たのに、4時間で死んでしまうというのは。 本当に、出会った人のことを考えさせられます。 出会ってから死ぬ人は何人いるのだろう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。