Clybourne Park

Act I: 1959Edit

悲しむ両親ベヴとラスは、シカゴの白人中流階級の地域、クリボーン・パークの家を売却しようと計画していた。 そんな彼らのもとに、地元の聖職者ジムと、隣人のカール、耳が不自由で妊娠中の妻ベッツィーが訪ねてくる。 カールは、家を買うのは黒人一家だと告げ、資産価値の低下により隣人が離れ、黒人が引っ越してきたら自分たちが孤立してしまうことを恐れて、取引から手を引くようラスに懇願する。 そして、この黒人一家が「太陽のレーズン」の主人公ヤンガーズであり、隣人がヤンガーズを買収して近隣への移住を断念させようとした、同作品の脇役カール・リンドナーであることが明らかにされる。 舞台は、カール・リンドナーが最初の賄賂を拒否されたヤンガー夫妻のハミルトン・パーク邸から出発してから約1時間後である。 近所を統合することの潜在的な問題について議論が続く中、両夫婦は気まずくなり、ラスとベヴの黒人家政婦とその夫、フランシーンとアルバートを呼び、反対意見を表明する。 その結果、ケネスは家の中で自殺することになる。

第二幕: 2009Edit

第一幕と同じ家を舞台に、同じ俳優が異なるキャラクターを演じて再登場する。 50年の時を経て、クリンボーン・パークは黒人だけの地域となり、現在は高級化が進んでいる。 白人夫婦のスティーヴとリンジー(第一幕でカール、ベッツィーを演じた俳優と同じ)は、この家を買い取り、壊して大規模に建て直そうとしており、住宅委員会の代表である黒人夫婦のケヴィンとレナ(フランシーヌとアルバートと同じ俳優が演じる)と地域の住宅規制について交渉を迫られることになった。 レナはヤンガー家と親戚で(家長のレナ・ヤンガーにちなんで)、この家を取り壊されることを嫌がっている。 スティーブとリンジーの弁護士であるキャシー(ベヴ扮)は、カールと彼の聴覚障害者の妻ベッツィーの娘であることが明らかになり、彼女が生まれた頃に家族が近所を引っ越したことを口にする。 住宅条例についての和やかな話し合いは、やがて人種問題へと発展する。「政治的な正しさ」という仮面が、彼らに対するより微妙な偏見を許していると感じた、心配するスティーブが扇動するのである。 この後、嫌悪と拒絶が交互に繰り返され、双方の憤りが明らかになる。いくつかの気まずい発言から、スティーブは人種差別と同性愛嫌悪のジョークを言うように仕向けられ、ケビンともうひとりの弁護士、トム(ジム演じるゲイ)の両方を不快にさせる。 そんな中、裏庭に埋められたケニスの軍用トランクを発見した作業員のダン(ラス役)が、何度も話し合いに割って入ってくる。

短いコーダでは、1957年に戻ったベヴが、深夜、軍服姿の息子が目を覚ましているのを見つける。 彼は面接のために着替え中だと言うが、遺書を書いている最中であることは明らかである。 しかし、その時、彼は遺書を書いている最中であることは明らかだった。 1937年に購入した6140 S. Rhodesの赤レンガ造りの3階建てのハンスベリー家の家は、シカゴ市議会の歴史的建造物保存委員会にランドマーク認定を申請中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。