Cinereous vulture

In Spain

In Israel

キヌバタは主に単独で、他の旧世界ハゲタカよりもはるかに頻繁に単独またはペアで発見される鳥である。 大きな死骸や餌場では、小さな集団が集まることがある。

BreedingEdit

An egg

ヨーロッパでは1月か2月に巣に戻る。 スペインとアルジェリアでは2月から3月、クリミアでは3月上旬、インド北西部では2月から4月、インド北東部では1月、トルキスタンでは1月に営巣を開始します。 他の旧世界のハゲワシが緊密なコロニーで営巣することが多いのに対し、彼らは緩いコロニーで繁殖し、同じ木や岩場に巣が見られることはほとんどない。 スペインでは、300mから2km離れた場所で巣が発見されている。 高山や広い森林で繁殖し、木の上や時には崖の上にも営巣する。 繁殖期は2月から9月または10月までである。 最も一般的なディスプレイは、ペアによる同期飛行の動きである。 しかし、ペアや幼鳥の飛行劇も珍しくなく、大きな鳥が爪を組み合わせて空中を螺旋状に飛び回る。 建材は棒や小枝で、子育ては雌雄が協力して行う。 巨大な巣は、幅1.45〜2m、深さ1〜3mにもなる。 巣はペアが何度も使ううちに大きくなり、しばしば糞や動物の皮で飾られるようになる。 巣は、オーク、ジュニパー、ワイルドペアー、アーモンド、松などの大木に、高さ1.5~12mまで設置されることがある。 営巣する木の多くは崖沿いに見られる。 数例ではあるが、キヌバネドリが崖に直接営巣していることが記録されている。 ある崖の巣は、幅3.63m(11.9 ft)、深さ2.5m(8.2 ft)の岩棚を完全に埋め尽くしている。 卵のクラッチは通常1個であるが、例外的に2個産むこともある。 卵の色は白または淡いバフ色で、赤や紫、赤茶色の斑点があり、ハヤブサの卵と同じような斑点がある。 卵の大きさは高さ83.4〜104mm、幅58〜75mmで、平均すると90mm×69.7mmである。 孵化期間は50~62日で、平均50~56日である。 ふ化は通常、ヨーロッパでは4月から5月に起こる。 孵化したばかりの稚魚は半幽室状態である。 羽毛は灰白色から灰褐色の羽毛で覆われており、年齢とともに色が薄くなる。 最初の飛翔羽は生後30日頃に羽毛と同じソケットから生え始め、生後60日頃には羽毛を完全に覆ってしまう。 親鳥は吐き戻しで餌を与え、活動的な巣は非常に悪臭を放つようになると言われている。 モンゴルでは、6月上旬の生後1ヶ月頃の体重が2kg程度だったものが、初秋の羽化直前には16kg近くまで増加し、親よりもやや巨大になる。 巣立ちの時期は生後104-120日と報告されているが、親鳥への依存はさらに2ヶ月間続くとされている。 無線衛星による追跡では、幼鳥が親から独立するのは孵化後5.7-7ヶ月(つまり、巣立ち後2-3ヶ月)であるとされている。

キヌバトラスの営巣成功率は比較的高く、約90%の卵が孵化に成功し、1歳児の半分以上が成鳥まで生存することが知られている。 親鳥は熱心で活発であり、繁殖ペアの両方が巣を守り、子供に交互に吐かせながら餌を与える。 モンゴルでは、オオヤマネコ(Otocolobus manul)とカラス(Corvus corax)が木や崖の巣の卵を捕食する可能性があると考えられている。 灰色オオカミ(Canis lupus)とキツネも巣の捕食者の可能性があるが、どちらも木に登ることはできず、またアクセスしにくい崖の巣を捕食した事例もないことから、その可能性は低いと思われる。 ヒゲハゲタカ(Gypaetus barbatus)とスペインオオワシ(Aquila adalberti)が雛を殺そうとした目撃談があるが、いずれの場合も親鳥に追い払われた。 スペインでは、スペイン皇室の鷲が自分の巣を守るためにキヌバネドリを攻撃し、死亡させたという事例がある。 イヌワシやユーラシアワシミミズクは、まれに年長の子鳥や成鳥を待ち伏せして追い払おうとすることがあるが、本種はどちらの獲物としても確認されておらず、発生してもどう考えても稀なケースである。 本種は39年まで生きることができるが、20年以下がおそらくより一般的であり、人間以外の成鳥の常連捕食者はいない。

FeedingEdit

Cinereous Vulture 6匹、Eurasian Griffonsより小さい

すべての禿鷹同様、Cinereous vultureが主に腐肉を食べている。 哺乳類から魚類、爬虫類まで、ほぼすべての種類の腐肉を食べる。 チベットでは、野生および家畜のヤク(Bos mutusとBos grunniens)、バラール、チベットガゼル(Pseudois nayaur)、キアン(Equis kiang)、ウサギ(Lepus oiostolus)、ヒマラヤマーモット(Marmota himalayana)、羊(Ovis aries)、そして人間(主に天葬地の人々)もよく食べる死骸に含まれることがある。 モンゴルではタルバガン・マーモット(Marmota sibirica)が最も多く食べられていたというが、現在ではこの種が地元の人々の食生活に好まれ、絶滅の危機に瀕しており、さらにコサックキツネ(Vulpes corsac)やアルガリ(Ovis ammon)などの野生種の獲物も食べられることがあるという。 イベリア半島のハゲワシは、歴史的にヨーロッパウサギ(Oryctolagus cuniculus)の死骸を主に食べていたが、ウイルス性出血性肺炎(VHP)によって、かつて豊富だったウサギの個体数が壊滅的に減少したため、現在は、家畜の羊の死骸に頼り、豚や鹿で補完されている。 トルコでは、アルガリ(Ovis ammon)(92項目)、イノシシ(Sus scrofa)(53項目)、ニワトリ(Gallus gallus domesticus)(27項目)、灰色オオカミ(13項目)、アカギツネ(Vulpes vulpes)(13項目)が食性嗜好の中心であった。 トルコ産のペレットには珍しく植物が多く含まれ、特に松ぼっくりが多く見られた。 ハゲワシのなかでも、キツネザルは強力な嘴を持ち、堅い死骸の皮を引き裂くのに最も適している。 肋骨などの骨を砕いて大きな動物の肉にアクセスすることもできる。 この種のハゲワシは、他の大型ハゲワシ、例えばジプシーハゲワシ、ヒゲハゲワシ、あるいはキツネのような地上最強の捕食者たちに対しても優位に立つことができる。 騒々しいジプス・ハゲタカが鳴きながら飛び回るのに対し、しばしば沈黙を守るキヌバトは、自分たちが満足し、お腹いっぱいになるまで彼らを寄せ付けない。 最近撮影された一連の写真では、キヌバネドリが飛行中のヒマラヤグリフォンを理由もなく襲っているが、グリフォンに大きな怪我はなかった。 アジアで越冬中のキヌバタは、同じ獲物や腐肉に群がるステップワシ(Aquila nipalensis)をいじめ、支配することが多い。 また、韓国ではオオワシがキタテハの餌を盗み、キタテハのクレプトパラシに成功した珍しい事例が撮影された。

スペインで餌を食べるキヌバネコウジュ

最も近縁なのはラッパハゲワシで、時々生きた餌を捕食することがある。 時折、リュウキュウハゲワシも生きている獲物を捕食することが記録されている。 ハゲタカが捕食するとされる生きた動物には、ヤクや家畜の子牛(Bos primigenius taurus)、子豚、家畜の子羊や子犬(Canis lupus familiaris)、狐、野羊の子羊、ガン、白鳥、キジなどの大型鳥類の子や幼獣、各種げっ歯類、まれに両生類や爬虫類も含まれる。 この種はカメ(ハゲワシが飛行中に運び、岩に落として甲羅を貫通させて殺す可能性が高い;Aeschylus#Deathを参照)やトカゲを捕獲している。 ウシを殺しているところはほとんど観察されないが、キヌバトは群れの周辺を低空飛行し、最近殺したと思われる野生のウシを食べることが記録されている。 主に新生児期の子羊や子牛、特に病弱な子羊が狩られる。 通常、健康な家畜の子羊に対する脅威とは考えられていないが、まれに健康な子羊が捕食されることが確認されている。 ハゲタカによって狩られたと考えられる種には、アルガリ、サイガアンテロープ(Saiga tatarica)、モンゴルガゼル(Procapra gutturosa)、チベットカモシカ(Pantholops hodgsonii)などがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。