Chromophobia

David Batchelorは、2000年に出版された著書『Chromophobia』の中で、西洋文化において、色はしばしば腐敗するもの、異物、表面的なものとして扱われてきたと述べている。 マイケル・タウジックは、色に対する文化的嫌悪感は1000年前にまで遡ることができると述べ、バチェラーは、それはアリストテレスが色よりも線を優遇したことに遡ることができると述べています。

ある研究では、子ガメのアカウミガメは黄色波のスペクトルの光を嫌うことがわかり、これは海の方に向かうための特性であると考えられています。 また、地中海産のワカサギであるAtherina hepsetusは、水槽の横に置かれた赤い物体には嫌悪感を示し、他の色の物体には調査することが分かっています。

アルフレッド・ヒッチコックの『マーニー』の主人公は、幼少期のトラウマが原因で赤色を嫌うが、ヒッチコックはマーニーのアップを赤一色にするなど、表現技法を使ってそれを表現している。

色覚異常という用語は、文字通りの語源として、視覚に対する画像処理とその視覚的知覚の特性に対する不安を指して使われることもある。 しかし、人種的な要素との関連は、フレデリック・ダグラスのような公人によって使われてきた。

色覚異常は、しばしば青白い肌への固執という形をとる。 この恐怖症の人たちは、青白さが必ずしも不健康や幽霊を表しているなど、ありえない仮定をすることがある。 また、白色を貞操と結びつけ、貞操に反対したり恐れたりする人のように、白色度の象徴的な意味に向けられる場合もある。 ポール・ビーティの小説『スランバーランド』では、白色恐怖症は人種差別のことを指している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。