Cholula (Mesoamerican site)

Basalt head sculpture

Cholula はCE600年から700年の間に非常に小さな村から地域の中心地に成長しました。 この期間、チョルーラはテオティワカンと同時代の主要都市であり、メソアメリカ古典期の終わりに激しく破壊されたテオティワカンの運命を、少なくとも部分的には回避できたようである。 1970年代には、マウントジョイが古代の湖岸付近で中期形成期後期の湛水堆積物を発見している。 チョルラでの最も古い建築の証拠は、形成期後期のものです。 大ピラミッドの初期段階は、おそらく形成期末のもので、初期のテオティワカンと様式が似ている。 形成期の推定では、遺跡は約2平方キロメートルに及び、5〜10,000人の人口がいたと考えられています。

古典期には、大ピラミッドの建設が知られています。 この時期には少なくとも第3段と第10段が建設され、セロ・ココヨ、エディフィシオ・ロホ、サン・ミゲリート、セロ・グアダルーペなど、都市部の多くの墳墓もこの時期に建設された。 中央の祭祀場には大ピラミッド、西側の大広場、広場群の最西端のピラミッドとしてセロ・ココヨがある。

後期古典期初期には、湾岸のモチーフが流入し、ピラミッドにマヤ風の頭蓋改造と象眼歯を持つ人物が埋葬されていることから、民族の変化があった可能性がある。

Cholulaの虐殺

Cholula Massacre

Cholula は後古典期にその規模と人口は最大になった。 10平方キロメートルの広さで、3万から5万人の人口を擁していた。 この時代、民族の変化は歴史的な順序をトラチフアルテペトル期とチョルラン期の2期に分けた。 トラチフアルテペトル期(700-1200年)は、民族史資料『Historia Tolteca-Chichimeca』に記録されている大ピラミッドの都市にちなんで命名された。 民俗史料によると、この時期、チョルーラはオルメカ=シカランカと呼ばれる湾岸民族に占領され、彼らの首都となった。 彼らはここを首都とし、そこからプエブラ、トラスカラの高地を支配した。 このグループのもとで、チョルーラの陶工たちは、後に古代メキシコで最も人気のある器となる精巧な多色刷りの陶器を開発し始めた。

1200年、トルテカ-チチメカ族がチョルーラを征服した。 この時点で、祭壇のパティオは破壊され、儀式の中心地(「新しい」ケツァルコアトルのピラミッドとともに)は、現在のチョルーラのゾカロ(メインプラザ)に移されました。 この時期のポリクロメス陶器には、独特のデザイン構成が見られますが、それ以前の様式に由来するものです。

この全期間を通じて、チョルーラは地域の重要な中心であり続け、アステカ三国同盟が崩壊したとき、アステカの王子はまだチョルーラの司祭によって正式に叙任されていたほどであった。 1200年から1517年の間に、チョルーラは隣の都市国家トラスカラに征服され、トラスカラ三国同盟の3都市のうちの1つとなった。

1517年にチョルーラはトラスカラ三国同盟から離脱し、はるかに強力なアステカの同等組織に加わることを選択した。 1519年、トラスカラ人はコルテスとその軍隊をチョルーラへ導き、チョルーラの裏切りに対する報復行為を促進させました。 チョルーラはトラスカラの南、テノチティトランのさらに南東に位置し、アステカの首都からは外れていたため、その訪問はスペインではなくトラスカラの策略であった。 チョルランの歓迎式典は演説と祝宴で構成されていたが、コンキスタドールのベルナル・ディアスは、スペイン人がすぐにチョルランの真意を疑うようになった、と記録している。 ディアスによると、スペイン人はチョルーラの塹壕と騎兵隊用のスパイクを備えた壕、そしてチョルーラの屋根の上に積まれた石が目立っていたことに驚いたという。 マシュー・レストールのような現代の歴史修正主義者は、トラスカ人がスペイン人を政治的出世の道具として利用する計画を成功させ、コルテスを説得してチョルラ人が自分に陰謀を企てていると信じさせたという点で一致している。 ディアスは、街の中央広場でスペイン人の出国を装い、大勢の見物人を集めた後、コルテスは突然、チョルラル人は謀反を犯したので、剣で処断しなければならないと告げたという。 コルテスはチョルーラ広場の出口を塞ぎ、丸腰の群衆を虐殺し、生存者はゼロになったという。 同時に、それまでチョルーラ郊外に駐留していたトラスカラの戦士たちが、素早く城門を破ってチョルーラを略奪しに来た。 その後4日間、スペイン人もトラスカラ人もチョルーラの町で強姦、殺害、略奪、焼き討ちを行い、その間にチョルーラの大ピラミッドはほとんど土の丘に姿を消した。

スペイン-アステカ戦争が終わった後、チョルーラはトラスカラの他の領土とともに平和的にスペインの手に移された。 数年後、コルテスは古い異教徒の神殿に代わるキリスト教会を建設して街を再建することを誓った。実際に新しく建てられた教会は50にも満たないが、スペイン植民地時代の教会は、この規模の街としては異例なほど数多く残っている。 チョルーラでは「1年のうち毎日教会がある」という言い伝えがある。

スペイン植民地時代、チョルーラは近くに新しく設立されたスペインの都市プエブラに重要性を追い越された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。