C.S. ルイスの信仰への旅

C.S. ルイスは幼少期のキリスト教信仰を捨て、無神論者として数年間を過ごしました。

ルイスの信仰への長い旅は、少年時代に母親が癌で亡くなったことから始まりました。

信仰に戻る道は、かつてルイスが乗り越えられないと考えた障害に満ちていました。

おそらく20世紀最大の信仰擁護者であるC.S.ルイスの旅は、今日のキリスト教徒が未信者の世代に福音を伝える際の貴重な教訓を提供しています。

レッスン1:理性と優れた神学の重要性

ルイスは、世界の悪と苦しみが、彼が想像する神の姿と合わないことに深く悩まされました。

私の神に対する主張は、宇宙があまりにも残酷で不公平に見えるということでした。 しかし、私はどうやってこの「正しい」「正しくない」という考えを手に入れたのでしょうか。 人は直線について何らかの考えを持っていなければ、曲がった線を曲がったとは言いません。 私はこの宇宙を何と比較して不公平と言ったのだろう。 このように、神が存在しないこと、言い換えれば、現実の全体が無意味であることを証明しようとする行為の中で、私は現実の一部、つまり、私の考える正義が十分に意味を持つことを想定せざるを得ないことに気づいたのである。 その結果、無神論はあまりにも単純であることがわかりました。 もし宇宙全体が意味を持たないのであれば、私たちは宇宙が意味を持たないことを知る必要はないはずだ。 (Mere Christianity, 45-46)

ルイスは、苦しみや痛みは目的がないわけではないことを認識するようになった。 創世記50:20で、兄弟たちに、神は彼らの有害な行為を良いことに使われたと語ったヨセフのように、ルイスは次のように書きました:

神は私たちの快楽の中でささやき、良心に語りかけ、痛みの中で叫ぶ。 (死んだ世界を呼び起こすための神のメガホンである。)

わずか3年間の妻ジョイ・デイビッドマンが癌で亡くなったとき、悲しみはルイスの人生に再び入り込んできました。 ルイスは、悲しみと答えのない祈りの問題に直面することになった。

この試練を通して、ルイスは、祈りとは要求に応じて奇跡を呼び起こすことではないことを学びました。

ルイスにとって、第二の知的障害は、異教徒の「死にゆく神」の物語など、他の宗教に見られる並列の神話であった。

ルイスは、無神論者のT. D. ウェルドンが、福音書の証拠は実に優れていると認めたのを聞いてショックを受けた。 ラムのこと……すべてのもの……死にかけの神について。 ラムのこと。 まるで、かつて本当にあったことのように見える」。 …皮肉屋の中の皮肉屋、タフな中のタフな彼が「安全」でないとしたら、私はどこに向かえばいいのだろう。 逃げ場はないのだろうか。 (Surprised by Joy, 224)

改宗後、ルイスは他の宗教の神話がキリスト教の物語に影を落としていても、神は明らかにする神なので驚くことではないと主張しています。

したがって私たちは、偉大な異教徒の先生や神話製作者の想像力の中に、私たちが全宇宙の物語の筋書きであると信じているテーマ(受肉、死、再生のテーマ)の片鱗を見つけることを期待すべきです… それは偽りと真実の間の違いではありません。 それは、一方では現実の出来事であり、他方ではおぼろげな夢や予感の違いである。 (The Weight of Glory, 128-30).

ルイスの苦闘は、キリスト教を誤解することによって、人をキリストから遠ざけることができることを示しています。

効果的な伝道者、弁証者であるためには、良い神学者でなければならない。

レッスン2:憧れと想像力の重要性

ルイスは「喜び」についてよく話し、書き、この世が満たすことのできない人間の心の深い憧れ、それを神の証拠として提示しました。

無神論者のバートランド・ラッセルも同じような憧れを書いている。

私の中心は、いつも、そして永遠に、恐ろしい痛み、好奇心に満ちた野生の痛み、世界が含むものを超えたもの、変容した無限のものを探すことである……。 . . 私はそれを見つけることはできないし、見つけることができるとは思わないが、それを愛することが私の人生である。 (Bertrand Russell, 1916, Letter to Constance Malleson, The Autobiography of Bertrand Russell)

ルイスは、すべての自然で生まれながらの欲求は、その欲求を満たすことができる何らかの実在する対象に対応していると主張して、神を論証したのである。 5349>

ルイスは、『巡礼の旅』では寓話的に、『喜びに驚いて』では自伝的に、『単なるキリスト教』では理性的に、『栄光の重み』では説教として、この人間の基本的欲求を扱っている。 (『単なるキリスト教』120).

クリスチャンは、私たちの最も深い願望を満たすものとして信仰を提示しなければなりません。 私たちはあまりにもしばしばキリスト教を単なる哲学的体系として、あるいは聖書に基づいてなされた一連の推論の結論として提示しますが、聖書で約束された救いは全人格に適用されるのです。

レッスン3: 伝道の個人的性質

ルイスは一夜にしてキリスト教に帰依したわけではありません。 トールキン、ヒューゴ・ダイソン、オーウェン・バーフィールドなどのクリスチャンの友人たちは、ルイスがキリスト教に対して抱いていた多くの不安を解消するために、忠実かつ忍耐強くルイスのそばを歩いたのです。

友情は福音を伝える上でかけがえのないものです。 ルイスは、キリストに近づく前のクリスチャンとの友情が、多くのレベルで関心を共有し、深く満足するものであることを知りました。

あなたの人生で、イエスを主として知る必要があるのは誰ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。