Battle of Arsūf

Battle of Arsūf, Arsūf also spelled Arsouf, famous victory won by England king Richard I (Richard the Lion-Heart) during the Third Crusade.

1191年7月にアクレを占領したリチャードは、ヨッパ(ヤッファ)を目指して進軍していたが、9月1日に出発したシーザレアから進軍したサラディン率いるイスラム軍は、十字軍の歩みを鈍らせることになった。 9月7日、十字軍がアルスーの森を出発すると、イスラム教徒の攻撃はさらに激しくなり、リチャードの後衛を構成するホスピタラーに集中的に襲いかかった。 リチャードは、イスラム軍の本隊を引きずり出すために、これらの攻撃を容認した。 ホスピタリ-ズは、イスラム教徒の騎兵隊に多くの馬を奪われ、隊列を崩して反撃に出た。 リチャードはこの反撃をさらに強化し、総攻撃でサラディン軍を圧倒し、後方を攻撃する部隊に大きな損害を与えた。 1244>

Arsūfでの勝利は、十字軍がJoppaを占領することを可能にしたが、イスラム教徒に決定的な打撃を与えることはなかった。 サラディンは、十字軍が待ち伏せを恐れて追わなかった軍を再編成することができた。 9月9日以降、イスラム教徒は嫌がらせの戦術を再開し、リチャードはエルサレムへの進出を断念した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。