Abortion PA Laws – 24 Hour Waiting Period before having abortion

Abortion PA Laws

Abortion.Abortion.Abortion PA Laws – 24 Hour Waiting Period before having abortion: 1973年から合法

米国では、現代の中絶法は、1973年の画期的なRoe v. Wade判決で始まりました。 これによって、中絶はすべての州で合法となった。 しかし、ロー判決以降の数年間で、国や州の政策に影響を与える多くの変化や挑戦がありました。 オンライン資料のページで、国の中絶政策の歴史と現状について詳しく調べてください。

Abortion PA Laws for Teens

ペンシルベニア州では、結婚または死別していない限り、中絶したい場合は両親または法的保護者のどちらかが同意書に署名しなければならないと法律で決められています。 これは、”親の同意 “と呼ばれています。

親を関与させることができない場合、あるいはそうすることが安全でないと思われる場合、法律は「司法バイパス」と呼ばれる代替手段を与えています。

  • Parental Consent
    予約の日、あなたとあなたの保護者は以下を持参してください:
    • あなたと保護者両方の写真入りID(運転免許証、自動車局の写真入りID、パスポート、生年月日の入った職場や学校の写真入りIDなどがあります)。
    • 予約時に一緒に来る親の名前が記載された出生証明書
  • Judicial Bypass
    • 親を巻き込むことができないと思われる場合は、裁判官とのヒアリングを手配します。
    • 患者支援者が同行してこのプロセスをご案内します。
    • 裁判所は、あなたのケースのために無料で弁護士を任命します。
    • 裁判官があなたにバイパスを許可すると、あなたは「承認文書」を入手し、親の同意なしに中絶を行う権利が与えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。