38.3B: Movement at Synovial Joints

Angular Movement

Angular Movementは関節の骨の間の角度を変化させることによって生じます。 角運動には、屈曲、伸展、過伸展、外転、内転、外転など、いくつかの種類があります。 屈曲は、骨と骨の間の角度が小さくなることで起こります。 前腕の肘を上方に動かしたり、手首を動かして手を前腕方向に動かしたりするのは、屈曲の一例です。 伸展は、屈曲の反対で、関節の骨と骨の間の角度が大きくなることです。 屈曲した後に手足をまっすぐにするのは伸展の例です。 解剖学的に正常な位置を超えて伸展することを過伸展という。 これは、上を見るために首を後ろに動かしたり、手が前腕から離れるように手首を曲げたりすることを含む。

外転は、骨が体の正中線から離れるときに起こる。 外転の例としては、腕や脚を横方向に動かして、まっすぐ横に持ち上げることが挙げられます。 内転は、骨が体の正中線に向かって移動することです。 外転後に手足を内側に動かすのは、内転の例である。 回内は、腕を振り回すように手足を円運動させることです。

Figure \(\PageIndex{1}): 角運動と回転運動 滑膜関節は、体にさまざまな動きを与えてくれます。 (a)~(b)屈曲・伸展運動は矢状面(前後方向)の運動である。 肩関節、股関節、肘関節、膝関節、手首、中手指節関節、中足指節関節、指節間関節で行われる。 (c)-(d) 頭部や脊椎の前屈は屈曲、頭部の後方への動きは伸展である。 (e)外転・内転は、四肢、手、指、足指の冠状面(内側-外側)運動である。 手足を体から遠ざけたり、指やつま先を広げたりするのは外転である。 四肢や手を体の正中線に向かって、または体の正中線を横切って動かす、あるいは手指や足指をそろえるのが内転です。 屈曲、内転、伸展、外転の動作を順次組み合わせて、四肢、手、指を円形に動かすことを回旋という。 内転・外転と回旋は、肩関節、股関節、手首、中手指節関節、中足指節関節で行われる。 (f)頭を左右に回したり、体をひねったりするのが回転である。 肩の上肢や股関節の下肢の内旋や外旋は、肢の前面を体の正中線に向かって回す(内旋または内転)か、正中線から遠ざける(外旋または外転)ことを意味する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。