10 things you should know about white privilege

You should know about … ペギー・マッキントッシュの「見えない袋を開ける」

1988年、学者でフェミニストのペギー・マッキントッシュは、アメリカに住む白人としての彼女の人生における特権の日々の影響のいくつかを特定し書き留めた、50項目に及ぶエッセイを書きました。

この基本的な概念は、少なくとも1930年代のW.E.B. デュボワの著作までさかのぼるが、「白い特権」が社会の言説として広まったのは、1980年代のマッキントッシュのエッセイがきっかけであった。 (多くの著名な黒人の学者や知識人がすでに何十年も前から特定し「解き明かし」てきた概念を、白人の仕事によって有名にしたことは、少なからず皮肉にも注目に値する。)

「見えない袋を解く」の一部はこちら

  • 「自分の人種が自分だけであるグループの中で自分の声が聞こえるということはかなり確実である」
  • 「自分の人種は、その中で唯一のメンバーであり」。
  • 「私は悪態をついたり、古着を着たり、手紙に返事をしなかったりしても、これらの選択を私の人種の悪いモラルや貧困や無教養のせいだと言われることはない」
  • 「仕事の同僚に、私の人種のせいでその仕事を得たと疑われずに積極行動雇用主の仕事を受けることができる」

You should know that …… 白人の特権は階級の特権ではない

「特権」という言葉は、私立学校に行った人、甘い16歳の誕生日に車をもらった人、「お手伝い」を雇っている人、大学中家賃を払ってくれた親など、しばしば上流階級と結び付けられるため、低い社会経済的背景から来る多くの白人は白人の特権という概念を否定している。

白人の特権とは、生まれつきお金があるということではなく、それは階級の特権です。

白人の特権とは、生まれつき人種の「標準」にあるということで、これも特権の一種です。

  • テレビをつけたり、新聞の一面を開いたりして、自分の人種が広く代表されているのを見ることができる。
  • 希望すれば、ほとんどの時間、自分の人種の人たちと一緒にいるように手配することができる。
  • バンドエイドやストッキングのような「肉」色のアイテムを購入すると、多かれ少なかれあなたの肌の色に合うでしょう。
  • 元の絵文字のセットを使用できた場合、「親指を立てる」または「ピースサイン」の手のしぐさは、あなたの人種を表していました。
  • 自分の人種が登場する絵本やグリーティングカード、人形、おもちゃ、雑誌を簡単に見つけることができる。

白人として生まれたということは、自分が社会的に含まれていることを認め、再確認するシステムに生まれたということであり、社会的に含まれているということは、非常に価値のある特権である。 ジェーン・エリオットの茶色い目と青い目の実験

ジェーン・エリオットという学校の教師は、黒人市民の市民権が永久に否定されている、隔離された1960年代のアメリカに住み、働いていました。 彼女は、特にマーティン・ルーサー・キング牧師が人種差別的な理由で暗殺された後、偏見が広がっていることに非常に影響を受け、未来の世代である生徒たちに、人を見た目だけで差別することがいかに非論理的かを教えようと努力したのです。

肌の色と同じように、目の色も色素沈着によって決まります。エリオットの教室は、茶色の目の生徒が青い目の生徒より優遇され、時間が経つとこの青い目の子供たちを逆転させて優越感を得る「社会」となったのでした。 エリオットは、権力と偏見の小宇宙を作り出し、子どもたちがその両方に短時間触れることで、人種差別と白人特権の不条理さについて、生涯にわたって教訓を与えることができたのです。 白人が何を得ているかではなく、何を得ていないかということです

特権の反対は不利であることを知っておくべきです。 白人のせいで大きな機会(私立学校とか車とか)を与えられたとは思わないかもしれないが、逆に-そしてもっと重要なことだが-不利益もまたそうでない。

白人特権は、スーパーマーケットに入って万引きしても叱られないという意味ではありません。 むしろ、白人でないために、人種差別を受けたり、盗みをするのだろうと店の警備員に付きまとわれたりする可能性が低いことを意味します。

白人である場合、以下の可能性が低くなります。

  • 人種差別を受けたことがある
  • 人種差別につながる虐待の被害を受けたことがある
  • 「出身はどこか」と失礼な形で尋ねられた
  • 自分の人種の平等を要求したり、その苦しみを訴えるための抗議デモで行進を行ったことがある。
  • 自分の文化的民族性が衣装としてパーティーショップの棚にぶら下がっているのを見ること

特権を理解するには、不利な点を理解する必要があります。 白人になることで回避できるデメリットとは?

知っておいた方がいいのは. “You have white privilege” は自動的に “You are a racist” と翻訳されるわけではありません。

ペギー・マッキントッシュの言葉を借りれば、「私は人種差別を、自分のグループに優位性を与える目に見えないシステムではなく、個々の意地悪な行為にのみ見るように教えられた」のである。

自分の白人特権について言及されることは、非白人に対して積極的に偏見を持つ人間であるとレッテルを貼られることを意味しません。 むしろ、白人として、社会で支配的な民族であることから利益を得ていることを指摘しているのです。 また、自分が白人特権を持っていることを認めることは、自分が多様性を受け入れることと矛盾しません。

あなたは知っておくべきでしょう. 白人の特権がこれまでに行った最大のトリックは、それが存在しないことを世界に確信させることだった。

実力主義の神話、そしてここ数十年のある魔法のような時点で、人種差別は廃止されただけでなく、徐々に「逆差別」に置き換えられ、白人が不利なグループになったという誤謬である。

このことは、権力や影響力のある地位にいる非白人の代表が少ないという点でも、刑務所や貧困、失業など、先住民族の文脈では、私たちが永遠に閉じようとしている「格差」を生み出すすべての領域に非白人が多くいる点でも、すべての機関における代表のレベルで見ることができます。 白人の特権を認めるだけでは、それを終わらせることはできません。

白人の特権の存在を認める人は非常に少なく、またそれを最終的に見ることは圧倒的な目覚めのように感じられるため、多くの人はそれを認めるだけで仕事が終わったと感じるのです。 これは重要な第一歩ですが、実際にはそれを減らすことも、最終的に終わらせることもあまりできません。

特権は、社会的、政治的、経済的な機会や優位性を他のグループに実際に広めるために分配されるべきです。 たとえば、先住民の芸術団体の存在を認めるだけでなく、先住民のピーク団体の資源とそのアーティストのスキルを利用することが、変化を起こす上で積極的となる。 同じ原理で、先住民が経営するビジネスを積極的に利用し、雇用の富を分配することもできます。 また、メディアや広告に平等な表現があること。 そして、政策や意思決定の富を分配することだ。

オーストラリアの芸術部門は、先住民の最高機関を認識し正当化する必要がある
クリエイティブな先住民機関を知る人は少なく、クーリ族のプロデューサー、メリンダー・ドネリーは先住民芸術最高機関を広く社会に教育しようと絶えず努力している。

知っておくべきは … 逆レイシズム」における白人特権の役割

You should know that … 白人特権について冷静に教育するのは、白人特権で不利益を被っている人の仕事ではない。

You should know that … 色が存在しないふりをすることは、白人特権を廃止する解決策にはならない。

人種は社会的構築物かもしれないが、人種差別が実在するという事実、人々が異なる色であるという事実、この歴史の結果が是正されていないこと、今も我々が住む社会から取り除かれていないことは、変わらないのである。

「色を見ない」というアプローチは、理論的には素晴らしいアイデアに聞こえるかもしれませんが、人種差別の影響を元に戻すものではありません。

よく言えば、人種差別を根絶するために行うべき作業で積極的な役割を果たすことから手を引くことができるということであり、悪く言えば、人種差別の現実を日々生きている人々のアイデンティティと非常にリアルな経験を否定することによって、既存の現状を永続させるということです。 人種が存在しないふりをする機会があることは、白人の特権の典型です。

このコンテンツが好きですか? 著者をフォローする

日テレでは、1月26日にオーストラリア先住民の視点への理解を深めることに焦点を当てた、特別番組、特別イベント、ニュースハイライトを紹介します。 会話に参加する #AlwaysWasAlwaysWillBe

おすすめ
Ghosts in sad places – ‘memories’ of rifle times and frontier wars
Catherine Liddleが見た4体の姿に胸が痛んだという話です。 オーストラリアでは、ライフル銃の時代と開拓戦争についてもっと認識する必要があるのでしょうか? 5022>
漫画が「人種差別」で調査される
The Australianに掲載され物議を醸した漫画が、人種差別の申し立てにより人権委員会の調査を受けています。

85%のアボリジニの子どもたちが文化によって安全を感じると言っているのに、システムはすべて「西洋的」
ノーザンテリトリーの子どもの保護と収容に関する王立委員会で証拠を提出した証人は、子ども保護システムがアボリジニの文化を無視し、あまりにも「西洋的」だと批判しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。