1年生のとき、セントビンセントセントメアリー大学バスケットボールチームで1試合平均21得点と6リバウンドを記録したジェームズ。 この年は27勝0敗で、3部リーグの州王者に輝いた。 2年生になると、1試合平均25.2得点、7.2リバウンド、5.8アシスト、3.8スティールを記録した。 シーズン中、セント・ヴィンセント・セントメアリーは、ジェームズのプレーを見たいというOBやファン、大学やNBAのスカウトからのチケット需要を満たすため、アクロン大学のローズ・アリーナ(5492人収容)でホームゲームを行ったこともある。 ファイティング・アイリッシュは26勝1敗でシーズンを終え、州チャンピオンに返り咲いた。 その卓越したプレーで、ジェームズはオハイオ州のミスター・バスケットボールに選ばれ、USA TodayのオールUSAファーストチームにも選ばれ、2年生としては初の快挙となりました。

3年生のスタート前に、彼はSLAM Magazineに登場して、おそらく「今アメリカで最高の高校バスケットボール選手」と賞賛されました。 シーズン中には、スポーツ・イラストレイテッド誌の表紙を飾り、高校バスケの下級生として初めて表紙を飾った。 1試合平均29得点、8.3リバウンド、5.7アシスト、3.3スティールを記録し、再びオハイオ州のミスター・バスケットボールに選ばれ、USA TodayのオールUSAファーストチームに選ばれたほか、男子バスケットボールで初めてゲータレード全米最優秀選手賞を受賞した3年生となった。 セントビンセントセントメアリーは、23勝4敗でシーズンを終え、ディビジョンⅡチャンピオンシップゲームに敗れてシーズンを終えた。 この敗戦後、ジェームズは2002年のNBAドラフトへの参加を真剣に検討し、NBAのドラフト参加資格規定(少なくとも高校を卒業していることが必要)の調整を嘆願したが、失敗に終わった。 この間、ジェームズは、常にメディアの注目を浴びていたことから生じるストレスに対処するためにマリファナを使用していた。

4年生の時、ジェームズとファイティングアイリッシュは、ESPN2で全国的に放映されたオークヒルアカデミーとの試合を含む全国ランキングチームと戦うために国内を旅して回った。 ジェームズの人気にあやかりたいタイム・ワーナー・ケーブルは、シーズン中、セントビンセント・セントメリーの試合を有料で視聴できるようにしたのです。 この年、ジェームズは1試合平均31.6得点、9.6リバウンド、4.6アシスト、3.4スティールを記録し、前例のない3年連続でオハイオ州のミスターバスケットボールとUSAトゥデイ・オールUSAファーストチームに選ばれ、2年連続でゲータレード・ナショナルプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 EAスポーツ・ラウンドボール・クラシック、ジョーダン・キャピタル・クラシック、2003年マクドナルド・オール・アメリカン・ゲームの3つの高校バスケットボールのオールスターゲームに参加し、NCAAの資格を失い、2003年のNBAドラフトに参加することが正式に決定した。 ライターのライアン・ジョーンズによると、ジェームズは「史上最も注目を浴びたバスケットボール選手」として高校を去ったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。