顔の加齢変化

顔や首の外観は、一般的に年齢とともに変化します。 筋肉の緊張が失われ、皮膚が薄くなることで、顔がたるんだり、垂れ下がったように見えるようになります。 人によっては、顎のたるみが二重あごのように見えることがあります。

また、皮膚が乾燥し、その下にある脂肪層が縮小するため、顔の表面がふっくらとなめらかにならなくなります。 シワはある程度、避けることができません。 しかし、日焼けやタバコは、シワの発生を早める可能性があります。 また、顔のしみ・くすみも増えてきます。 これらの色素の変化は、日焼けによるものが大きいです。

歯の欠損や歯ぐきの後退は口元の印象を変えるので、唇が縮こまって見えることがあります。 顎の骨量が減少すると、顔の下部が小さくなり、額、鼻、口がより強調されます。 また、鼻が少し長くなることもあります。

人によっては、耳が長くなることがあります(おそらく軟骨の成長によるものです)。 男性の場合、耳の中に毛が生えてくることがありますが、これが年齢とともに長く、粗くなり、目立つようになります。 耳垢が乾燥するのは、耳の中の耳垢腺が少なくなり、油分の分泌が少なくなるためです。 硬くなった耳垢は外耳道をふさぎ、聞こえに影響を与えることがあります。

眉毛やまつ毛が白髪になる。 顔の他の部分と同様に、目の周りの皮膚にしわができ、目の横の部分にカラスの足跡ができます。 これによって、目がくぼんで見えることがあります。 下まぶたがたるみ、目の下に袋ができることがあります。 上まぶたを支える筋肉が弱くなると、まぶたが垂れ下がってきます。

目の外側の表面(角膜)は、灰白色のリングを形成することがあります。 目の色のついた部分(虹彩)は色素を失い、ほとんどの超高齢者は灰色か水色の目をしているように見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。