陣痛を促す方法

陣痛を促すために使えるさまざまな方法のリストです。

これらの方法のすべてが大規模な科学的研究を受けているわけではありませんが、女性の体験がその有効性と安全性を裏付けています。

心身の準備をする

陣痛、出産、そして新しい赤ちゃんを持つという変化に対して、心的な準備をしましょう。 陣痛や出産に備えるために、ビジュアライゼーションが効果的だと感じる女性もいます。 妊娠準備の本の大半は、ビジュアライゼーションのさまざまなアイデアを掲載しています。 ウォーキング、スクワット、ランジなどは、赤ちゃんが陣痛に適した位置に移動するのを助け、また、赤ちゃんが骨盤の奥深くに移動するのを促すことができます。 ひまし油にラベンダーやクラリセージのオイルを数滴たらし、時計回りに5~10分、1日に数回、お腹をマッサージします。

性的刺激と性交

精液にはプロスタグランジンというホルモン様物質が含まれており、子宮口を柔らかくして熟させることができるため、性交は出産を刺激します。 オーガズムは収縮を促すのに最適な方法で、赤ちゃんが骨盤の奥深くに移動するのを助けます。

月見草オイル

月見草オイルにはプロスタグランジンの前駆体である必須脂肪酸が含まれており、子宮口を柔らかくして陣痛に備えさせることができます。 月見草オイルは、37~38週から摂取することができます。500mgを1日2回経口摂取し、夜間にジェルキャップ1つを膣の奥に挿入します。

ホメオパシー

Caulophyllum30Cは、37~38週に摂取することで、出産を促すホメオパシーのレメディとなります。 Caulophyllum 30 Cの一般的な服用方法は、1回1錠を1日3回、4日間服用し、3日間休んで、また4日間繰り返すというものです。 ホメオパシーのレメディーを飲むときは、レメディーを飲む前後少なくとも15分間は、飲食や強いにおい(歯磨き粉、ペパーミントティー、タバコの煙、コーヒーなど)を避けることを忘れないようにしましょう。

ストレッチ&スイープ

助産師は、膣診を行い、子宮頸部に指を入れて「伸ばし」、胎児膜と子宮の間を指で「掃除」する「ストレッチ&スイープ」をしてくれます。 伸展・掃引は不快ですが、子宮頸管を柔らかくして準備することで、陣痛を開始するのに役立つことがあります。 40週目にストレッチ&スイープを行うと、より侵襲的な誘発法の必要性が低くなることが研究で示されています。 5095>

指圧

脾臓6は、陣痛を促すためにマッサージすることができる指圧のツボです。 脾臓6は、すねの骨の内側のくるぶしの骨から指4本分上のところにあります。 脚の後ろから内側、前方に向かって斜めに押していくと、その場所がツボになることが多いようです。 一度に最大1分間、両側を同時に強く圧迫するか、小さな円を描くようにマッサージする。

乳首刺激

乳首を刺激すると、脳からオキシトシンという子宮収縮を促進するホルモンが放出されるようになる。 乳首の刺激には、マッサージ、手による刺激、吸引、搾乳器の使用などがあります。 この方法を40~41週以降に積極的に陣痛を誘発するために用いる場合は、両方の乳房を同時に10~15分刺激し、10~15分休憩をとり、それを1時間繰り返すことが推奨されています。 乳首への刺激は、時に乳首の痛みや炎症を引き起こすことがあります。

ヒマシ油

ヒマシ油を摂取する予定がある場合は、助産師に知らせてください。 ヒマシ油は、40週以降に陣痛を誘発しようとする場合のみ服用すべきです。

ヒマシ油は、下痢や嘔吐を引き起こすかもしれませんが、子宮収縮も引き起こすことができる瀉下薬です。 ヒマシ油は、女性の子宮頸管が柔らかく、伸縮性があり、すでに開いている、陣痛を起こす準備ができているときにのみ効果的です。 ヒマシ油の摂取に興味がある場合は、助産師に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。