赤ちゃんにもまつ毛が生えるの?

最近、何人かの親御さんから心配事を聞きました。 自分の赤ちゃんにはなぜまつ毛がないのか、それは普通なのか、という質問でした。 私はすぐに息子の写真を見返し、まつ毛がまったくないことに気づきました。

ほとんどの赤ちゃんは、生まれつきまつ毛があり、長くて目に見えるのが普通です。 中には、まつ毛がとても細かく短い赤ちゃんもいて、気づかれにくいですが、あるのです。 また、生まれつきまつ毛がない赤ちゃんもよくいます。

要するに、生まれつきまつげがない赤ちゃんは、結構いるんですね。 それでは、赤ちゃんのまつげについて、他の側面から深く見ていきましょう。

赤ちゃんはいつからまつげが生えてくるのか

通常、赤ちゃんのまつげは、妊娠22週目から目立ち始めると言われています。

私たちは他の第三者の妊娠スキャンサービスを利用したことがありますが、彼らはたくさんのレポートをくれましたが、髪やまつげについて言及したものはありませんでした。 また、まつ毛のない赤ちゃんが生まれることはよくあることなので、スキャンしても赤ちゃんの発育状況を知ることはできず、意味がないようです。

すでに生まれている赤ちゃんについてはどうでしょうか。 うちの子の場合、2ヶ月に入るころにはまつ毛が生え始めていました。

少ないですが、2ヶ月の半ばから3ヶ月にかけてまつ毛が生え始めたという方もいらっしゃいます。 小児科医に確認すると、「あとから生えてくるから心配ない」と同じような答えが返ってくるそうです。 参考までに、この子の写真を載せておきますね。

ネイトはまつ毛が生えるのに5週間かかりましたが、2ヶ月の終わりごろには完全にまつ毛が生えました。 その頃の写真がないので、23ヶ月の最新の写真を載せます。

  • 生後1週間
    まつ毛なし
  • 生後3週間
    まつ毛なし
  • 5週間目 生後2週間
    多少のまつ毛
  • 生後23ヶ月
    成長したまつ毛

NCBIから偶然見つけた記事です。 6ヶ月の赤ちゃんが、頭髪はスカスカで、眉毛もまつ毛もない状態であることが書かれています。 その赤ちゃん、両親、兄弟、その他の家族には何の問題もありませんでした。 不思議と記事は更新されないので、最新の結果はわかりません。

私がその記事を参照した理由は、6ヶ月で髪の毛やまつ毛がない赤ちゃんは非常に珍しいということをお伝えするためです。 ですから、6ヶ月になってもまつ毛がない場合は、絶対に専門家のアドバイスを受けてください。

まつ毛は抜けますか?

まつ毛は抜けます。 大人のまつ毛も抜けます。 私たちのまつ毛は3段階のライフサイクルを持ち、すべての段階が終了するのに4~11カ月かかります。

ですから、赤ちゃんのまつ毛は抜けますが、心配は要りません。

赤ちゃんが自分でまつ毛を抜くこともありますが、これは親指をしゃぶるのと同じように、自己満足の行動なので、起こるのは普通です。 まつ毛は消化できないので、食べないようにしてください。

また、目をこすることでも、まつ毛が抜けることがあります。 疲れていたり、何かが目を刺激していたりと、さまざまな理由で目をこすってしまうことがあるそうです。 注意したいのは、幼児期にまつ毛を引っ張ることです。 この癖は通常自分で治りますが、強迫性障害であるトリコチロマニアの可能性もあり、治療することができます。

また、楽しそうにしているとき、つまり自己処理をしていないときや、何も目を刺激していないときでも、過剰にまつ毛を引っ張るようなら、小児科医に確認したほうがよいかもしれません。

赤ちゃんのまつ毛は大切ですか?

まつ毛は、赤ちゃんの目をゴミやほこりなどの小さな粒子から守る役割があります。 また、触覚にも敏感なので、目の近くに何かがあることを警告してくれ、赤ちゃんは反射的に目を閉じてくれます、とても便利です!

でも、まつげがないと生きていけないほどではありません。 先ほども言いましたが、うちの子が最初の1ヶ月間、まつ毛がなかったときも特に注意はしていませんでした。 とはいえ、まつ毛が生えるまでの間、この子の目を守るためにできる基本的なことはあります。

  1. ほこりの少ない環境を保ち、こまめに掃除をする。
  2. 赤ちゃんがいるときは掃除をしない。
  3. 当面は屋外への外出を控える。
  4. 直射日光から目を保護する。
  5. 目のまわりをこまめに掃除する

まつ毛の長い赤ちゃん

生まれつきまつ毛の長い赤ちゃんは、場合によっては、とても長い!!ということもあります。 しかし、一般的には何の問題も起こりません。 ただし、赤ちゃんが引っ張りやすくなるのは事実です。 もし、まつ毛が長すぎて、赤ちゃんの目に何度も引っかかってしまうようなら、小児科医に相談してください。

まれに、長いまつ毛が互いに絡み合って、目が開きにくくなってしまうことがあります。 そのような場合は、お医者さんに連れて行き、整え方を教えてもらう必要があります。

目から出る粘液は、まつ毛のところに引っかかって目を開けにくくすることもあるので、こまめに掃除してあげましょう。 ほとんどの場合、まつ毛を整える必要はなく、赤ちゃんの見た目がさらに華やかになりますね!

赤ちゃんの目のまつ毛を取る

生まれつきまつ毛がある子もない子も、いずれは目に入ったものを取る必要があります。 赤ちゃんの目に炎症があり、こすり始めたら、ゴミがないかどうか確認してください。 目をこすったり、刺激している様子がないこともあるので、たまにチェックするとよいかもしれません。

私も何度か息子の目にまつ毛を見つけたことがありますが、何も感じなかったようです。 とにかく、たいていの場合、まつ毛はやがて目の中から出てきますが、まだ涙の出ていない赤ちゃんの場合、自分で出てくるのは難しいかもしれませんね。 もし介入する必要がある場合は、まず手を洗うようにしましょう。

他の大人に赤ちゃんの頭を押さえてもらい、ぬるま湯で優しく目を洗ってあげるとよいでしょう。 タオルを下に敷いてあげると、異物が出てきたときにタオルで受け止められるかもしれません。 目をつむったら、まぶたをやさしくひっぱってあげましょう。

清潔な湿った布を使ってもいいですが、とてもやさしくしてあげてください。 息子の目には綿棒を使わないほうがいいですね。うっかり動いたときに無理やり目に入れてしまうのが嫌だからです。 それでも取れない場合は、特に目が赤くなり始めたら、医者に連れて行くことを検討してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。