詩編91編はあなたのコロナウイルスの恐れに語りかける

詩編91編はサタンが砂漠でイエスを誘惑するのに用いました(マタイ4:5-7を参照)。 悪魔は、確かにイエスは神の救いの力を示すために、ご自分を害の道に置くことができると言いました。 しかし、サタンは神のことばを誤用し、聖書全体と一致する文脈からそれを取り除いたのです。 イエスは聖書を尊重し、神が試練にさらされることはないと答えました。

イエスから学んで、私たちも現代において聖書をよく扱わなければならない。

しかし、この詩篇の節は、現在、疫病からの身体的な解放を約束しているように見えます。 ペスティレンスという言葉は、突然の致命的な疫病や大流行を意味し、聖書では一般的に、これらが神の訪れであることを表しています。 この言葉は、予言書の中で最も頻繁に使われています。 例えば、3節と6節を考えてみよう。”彼はあなたを鳥銃の罠と致命的な疫病から救い出す”、”あなたは暗闇に忍び寄る疫病も、真昼に衰える破壊も恐れないだろう”。

イスラエルの文脈

第一に、神とイスラエルとの契約を思い出すことができる。 この詩篇の聞き手が神に身を捧げるとき、神は約束の地に住み、国々への神の道しるべとなるという目的を成功させてくださるでしょう。

出エジプト記19:4-6aには、詩篇91と同じような神の保護翼のイメージが含まれています:

「あなた方は、私がエジプト人にしたこと、私があなた方をワシの翼で運び、私のもとに連れてきたことを見た。 それゆえ、もしあなたがたが本当に私の声に聞き従い、私の契約を守るならば、あなたがたはすべての民の中で私の宝となり、全地は私のものであり、私にとっては祭司の王国、聖なる国民となるであろう」

詩編は、イスラエル人が決して病気にならないことを約束していない。 神は彼らが予言された国民になるのを妨げるような大流行がないことを約束されたのである。

疫病からの神の解放について、他に三つの解釈上の注意点が考えられます。

恐らくこの解放は、霊的なものも含む広範囲な持続的攻撃を指し、必ずしも常に病気を指すわけではありません。 この場合、”Commentary Critical and Explanatory on the Whole Bible “によると、ペスティレンスは文字通り “災いの災い “を意味する “様々な悪の形容 “であろう。 J. A. Motyerが言うように、「約束はからの保障ではなく、中での保障である」(原文強調)

解放はまた将来の栄光を指すこともできる。 トレンパー・ロングマンは「クリスチャンは詩篇91編を祈ることができ、神が現世の霊的戦いで共におられ、キリストにおいて神が永遠の命を与えてくださると知っている」と書いています。 私たちは、聖書の幅広い証言から、神の約束された解放は、現在では霊的であり、来るべき時代には霊的かつ肉体的であることを知っています

2. 私たちは、この世における神の共通の恵みと信仰者に対する父の愛において、この世で起こるすべての体の癒しは、神の寛大な御手によるものであることを知っている。 私たちは、この世における神の計画は、イスラエルに対する計画、教会とすべての信仰者に対する計画と同様に、安全であることを知っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。