腸がんは、大腸がんとも呼ばれます。 結腸と直腸からなる大腸を侵すものです。

体内の細胞は、通常、制御された方法で分裂し、成長します。

ほとんどの腸がんは、ポリープと呼ばれる前がん性の増殖から発生します。 しかし、すべてのポリープががんに発展するわけではありません。

がん細胞は腸にとどまることもあれば、肝臓や肺など体の他の部位に転移することもあります。

腸がんに関する事実と数字

これらの統計は、腸がんが英国の人口にどのように影響するかについての一般的な考えを示すことができるにすぎません。 あなたに何が起こるかは、どんな治療を行うかなどの多くの事柄に左右されるため、統計ではわかりません。

腸がんはどのくらいよく見られる病気ですか?

腸がんは、英国で4番目に多いがんであり、がんによる死亡者数は2番目です。

英国では毎年42000人以上が腸がんであると診断されます。

今日、英国に住む約26万8000人が腸がんと診断されています。

新しい症例の10件中9件以上(94%)が50歳以上の人で、10件中6件近く(59%)が70歳以上で診断されています。 しかし、腸がんは年齢に関係なく誰もがかかる可能性があります。

男性の15人に1人、女性の18人に1人が、生涯のうちに腸がんと診断されます。

どのくらいの人が腸がんを克服できますか?

腸がんは治療可能で、特に早期に診断されれば治癒が期待できます。 早い段階で診断されれば、ほぼ全員が腸がんから生還します。 しかし、病気が進行するにつれて、その生存率は著しく低下します。 早期診断が命を救う

英国では毎年16,000人以上が腸がんで亡くなっています。 これは、英国で2番目に大きながんキラーです。 しかし、腸がんで亡くなる人の数は、1970年代から減少しています。 これは、より早い診断とより良い治療によるものと思われます。

<7579>2019年6月更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。