肘関節滑液包の手術からの回復

皮膚と肘のとがった先の間にある液体の薄い袋が炎症を起こすと、肘関節滑液包炎を発症します。 このとき、肘の腫れ、痛み、赤み、熱感が生じます。 これらの症状により、肘が変形して見え、日常生活を送ることが困難になることがあります。 肘部滑液包炎には、安静、抗生物質(感染症の治療)、抗炎症薬、副腎皮質ステロイドなど、手術以外のさまざまな治療法があります。 ほとんどの患者は、これらの治療法を使用して回復することができます。

保存的治療法が機能しない場合、あなたの医者は肘関節包の手術をお勧めすることがあります。 これは、一般的に慢性肘関節滑液包炎を持っている患者に適用されます。 手順は、欠陥のある滑液包を削除することになります。 肘の滑液包の手術は一般的に外来処置であり、実行するためにかなり短い手術です。

肘の滑液包の手術は、最小侵襲技術を使用して関節鏡下に実行することができます。 このような場合、”痒いところに手が届く “状態でなければなりません。 肘の滑液包の手術からの回復は、低侵襲の技術が使用されている場合、短くなります。 手術直後は、回復するまでの間、肘を固定するためのスプリントが装着されることがほとんどです。 肘関節包の手術は通常、外来で行われるため、入院の必要はありません。 しかし、合併症があるか、またはあなたの全体的な健康に影響を与える場合は、外科医は短い入院をお勧めします。

手術後の最初の数日間は、家の周りを移動し、基本的な機能を実行するのを助けることができるあなたと誰かを持つことが最善です。 少し治って固定に慣れれば、多くの日常的な機能を自分で行えるようになります。 これは、肘を強化し、柔軟性と可動性を向上させ、痛みの症状を軽減させるのに役立ちます。 物理療法のエクササイズを早く、長く実行すればするほど、より良い結果を得ることができます。 また、回復を短縮するのに役立ちます。

低侵襲の肘関節包の手術は、あなたの回復期間を短縮し、あなたの痛みの症状を軽減するのに役立ちます。 低侵襲な技術により、体への外傷が少ないため、手術後の「治癒」が少なくて済みます。 すべての人が低侵襲手術の良い候補者であるわけではありません。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」……痒いところに手が届くとは、こういうことなのです。 もしあなたが肘部滑液包炎の疑いがあるなら、整形外科手術とスポーツ医学センターの整形外科医に調べてもらいましょう。

私たちが扱う幅広い整形外科疾患の中には、肘部滑液包炎と肘部骨折があります。

診断から術後のリハビリまで、ドアを開けた瞬間から完全に回復するまで、私たちはあなたをケアします。 私たちは、あなたの治癒のお手伝いをすることを楽しみにしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。