罰 vs. リハビリテーション。 A Proposal for Revising Sentencing Practices

刑罰とリハビリテーションという2段階の矯正監督を反映するために刑罰制度を改定するには、刑務所と仮釈放制度の再定義が必要である。 刑務所は、監禁が「安易な時間」ではない場所であるべきで、仮釈放は、厳しい監視とリハビリテーション・プログラミングの期間であるべきです。 この二重判決プロセスの下で、無力化と罰は、投獄された時間と厳しい仮釈放の監視の下で過ごす時間の両方を通じて提供されるでしょう。 抑止力は、罰と監視の効果を高めることによってもたらされる。 仮釈放者のコミュニティで行われるリハビリテーション・プログラムは、仮釈放者に自立の機会を提供する。 現在、軽犯罪や重罪に分類されているすべての犯罪に対して、強制的な判決と罰金の仕組みが確立されるであろう。 ただし、複数の殺人やレイプ、マフィアとつながりのある犯罪などは、2段階の量刑制度の対象から除外される。 判決では仮釈放の期間と監督レベルを定め、参加すべきリハビリテーション・プログラムを指定する。 提案されたアプローチの費用対効果についても議論されている。 31の参考文献と2つの表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。