猫はフライドポテトを食べてもいいのか-避けるべき理由とは!

あなたの猫は、おそらくあなたのフライドポテトを分けたいと思うことでしょう。 そして、なぜそうしないのでしょうか? サクサクで、おいしくて、塩気があって……好きにならないわけがないでしょう。 あなたが夕食にフライドポテトを楽しんでいるとき、猫にフライドポテトをあげるのはごく自然なことのように思えます。 私たちは皆、ちょっとしたご褒美を受ける資格がありますよね? しかし、猫にとっては、それは賢明なアイデアではないかもしれません。 では、猫はフライドポテトを食べることができるのでしょうか?

猫はフライドポテトを食べてはいけません。 フライドポテトは、猫にとって簡単に消化することができません。 毒性はありませんが、フライドポテトは猫の胃にナトリウム、炭水化物、脂肪を過剰に取り込みます。 同様に、他の種類のジャガイモにも調理上の注意点があり、ジャガイモは猫に与えるには複雑な人間の食べ物になっています。

猫は人間の食べ物に興味津々!猫ちゃんを喜ばせてあげよう そのフライドポテトを食べさせることは、魅力的ではありますが、栄養の面では良くないことです。特に、他に良いおやつや、人間の食べ物でさえも、たくさんあるのですから。 今回は、猫の基本的な栄養、フライドポテトの問題点、ケチャップとの相性、遠ざけるべきポテトの種類、そして、猫ちゃんに安全にポテトを与える方法についてご紹介します。

フライドポテトは猫の食事に入るか

猫は義務的肉食動物です。 つまり、動物の肉を食べなければ生きていけないのです。 その際、狩猟、飛びつき、ジャンプの技術を強化するために、高いレベルのタンパク質と健康的な脂肪を吸収します。 このようなニーズは、大型ネコ科動物の祖先から受け継がれてきたものです。 また、キャットフードには、猫の目、腎臓、被毛、心臓、骨などをサポートするために、さまざまなビタミンやミネラルが配合されていることが多いようです。 ペットに安全なサプリメントや少量の調理済み野菜で、これらを強化することができます。

猫の胃は人間より短い臓器です。 つまり、特定の食物を処理し、排泄する能力が限られているのです。 例えば、生野菜やその他の植物性食品は、猫の体内を簡単に通り抜けることができないことがよくあります。 消化できるようにするには、蒸して柔らかくする必要があります。

主に、猫の体はタンパク質を処理するようにできています。 他のものを過剰に与えると、バランスが崩れてしまいます。 猫ちゃんの健康を保つには、毎日、タンパク質と動物性脂肪をたっぷりと、そして炭水化物を少量摂るようにすることが大切です。 フライドポテトや人間の食べ物も含めて、それ以外のものを加えるのはリスクが伴います。

なぜフライドポテトは猫に良くないのか

人間はしばしば、カリカリで塩辛く、脂っこいフライドポテトを欲しがります。 しかし、私たちがフライドポテトに憧れるのは、まさに猫にとって危険なものなのです。

ナトリウム

化学物質は高血圧を引き起こす可能性があるため、人間はナトリウムの摂取に注意するように言われています。 これは猫も同じです。 猫は人間よりずっと小さいので、塩分の多い食べ物は、好奇心の強い小さな猫に約10倍の影響を与える可能性があります 猫の致死量の塩分は、わずか4g程度です。 フライドポテトの塩分を考えると、特に自分で塩を追加する場合は、遠ざけたほうがよさそうです。

炭水化物

猫の食事で炭水化物を摂取する余地は最低限しかありません。 獣医師は、猫の食事に占める炭水化物の割合を1~2パーセントにすることを勧めている。 これでは、でんぷんを間食する余裕はあまりありません。 炭水化物の過剰摂取はペットに害を及ぼす可能性があり、フライドポテトが純粋なデンプンであることを考えると、これは非常に問題です。 フライドポテトを調理する油の種類は入手先によって異なりますが、少なくとも油の一部には飽和脂肪酸が含まれており、これは猫にも人間と同じような影響を及ぼします。 体重増加です。 猫にとって飽和脂肪酸はほんの少しで、体重に大きなダメージを与え、心臓の問題や関節の問題などにつながるのです。

揚げ物の皮は、人間にとって大好物ですよね。 しかし、その楽しみをネコちゃんと共有するのはやめましょう。 フライドポテトの外側を揚げたものにはナトリウムが多く含まれ、猫の体には負担がかかり、窒息の危険もあります。

ケチャップ

フライドポテトの定番であるケチャップは、猫にとって最も毒性の高い人間の食べ物のひとつです。 ほとんどのケチャップにはオニオン・パウダーが含まれている。 タマネギは、生でも、調理しても、乾燥させても、猫にとっては致命的となる可能性がある。 さらに、この調味料には高いナトリウムと酸が含まれており、猫の健康を害する可能性のあるパーフェクト・ストームが出来上がっているのです。

Can Cats Eat Any Type Of Potatoes

フランス料理は食べないけれど、夕食にポテトを食べる予定があるなら、好奇心の強い猫ちゃんと一緒に食べることができるかもしれません。 ゆでた、焼いた、またはつぶしたジャガイモを少量食べれば、ビタミンBとC、カリウム、食物繊維で猫の食生活を刺激することができます。

ただし、おすそ分けするジャガイモは、塩やバター、ハーブなど、自分用に入れようと思っているものを入れない、プレーンなものにすることが肝心です。 何も入れないポテトは、私たちにとっては味気ないものですが、猫はその食感に好感を持ち、おいしいと感じるようです。 猫には炭水化物は必要ないので、量は少なめにしましょう。 ポテトを作るときに、ネコちゃんと一緒に食べるなら、調味料を加える前に、ネコちゃん用に大さじ1杯程度を用意しておくとよいでしょう。

ジャガイモは猫に有害か

生のジャガイモは猫にとって致死量となる可能性があります。 ジャガイモにはグリコアルカロイドのソラニンが含まれており、猫が絶対に摂取してはいけない有害な化学物質です。 ジャガイモの皮も同様です。 サツマイモは、毒性があると言う人もいれば、特別なご馳走として与えてもいいと言う人もいて、ちょっと議論の余地があるようです。 しかし、猫は全く消化できない可能性があり、非常に危険なのです。

ポテトチップスも、猫が絶対に食べてはいけないポテトの一種です。 フライドポテトと同様、ポテトチップスには塩分が多く含まれています。 ポテトチップスもフライドポテトと同様、塩分が多く含まれており、食べ過ぎたり、丸ごと食べようとすると、窒息の危険があります。 しかし、ポテトチップスで最も危険なのは、さまざまな種類の味付けに使われているハーブ類です。 先に述べたように、タマネギは猫の中毒を引き起こす。 ニラも同じように中毒を起こす。 猫にとって最も怖いハーブはニンニクで、タマネギの5倍もの毒性があるそうです。 これらのハーブは、多くの種類のチップに含まれています。 これらのことから、チップスは猫から遠く離れたところに置いておくのが一番です。

猫ちゃんにフレンチフライはNG

ポテトは人間にとっておいしく、柔軟性のある食べ物です。 しかし、猫にとっては、さまざまな問題をはらんでいます。

猫がフライドポテトの小片を食べたとしても、心配する必要はないでしょう。 ケチャップ入りのものを食べた場合は、摂取量にもよりますが、念のためお近くの毒物管理局に連絡したほうがよいでしょう。 ジャガイモやジャガイモの副産物にタマネギ、ニンニク、チャイブなどのハーブを加えても同じことです。

お気に入りのものを毛むくじゃらの友人と共有するのは楽しいことですが、フライドポテトをあげるのは良いアイデアではありません。 でも、もしあなたが猫にベレー帽を着せて「mon beau chat(私の美しい猫)」と呼びたいなら、私たちは言わないことを約束します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。