水中療法の効果

2019年7月19日(金)ブログ

プールは泳ぐ以外にもいろいろな効果があることをご存知でしょうか? 実は、水中療法は身体のリハビリが必要な人にとって、とても効果的な治療法なのです。 その素晴らしい点は2つあります(素晴らしい治療法であるという事実のほかに)。 (1)泳ぎ方を知っている必要はない (2)治療用プールは暖かいので、冷たい水の心配はない!

水中療法とは何ですか? 使用されるプールの大きさは、非常に大きなホットタブに似たものから、大きなラッププールまでさまざまです。 ほとんどのプールは、深さが異なります。 胸くらいの深さの水の中で運動するように言われることもあれば、訓練を受けたセラピストが付き添いながら深い水の中で浮くこともあります。

本当の水生療法プールの水温は、普通のスイミングプールよりも暖かく保たれています。 一般に水温は91~92度に保たれています。 温度が高い理由は、温水の治療効果によるものです。 温水は筋肉をリラックスさせ、筋肉や関節の痛みを和らげます。

アクアセラピーの利点は何ですか?

水の浮力は有益です。 水の浮力は関節の負担を軽減し、より快適な運動セッションを可能にします。 プールにいる間は、重力の影響が減少します。 そのため、歩行などの一部の動作が楽になり、痛みも少なくなります。 また、水に囲まれることで体を持ち上げることができるため、歩行などの動作がより安全になります。

水中での運動は簡単に見えるかもしれませんが、その日のうちに、あるいは翌朝に痛みを感じる可能性があります。 すべての動作は、水の抵抗に逆らって押されています。

体にかかる水の圧力は、血行を促進し、むくみを解消する効果もある。 水はあらゆる角度から体に押し付けます。 体の一部が水に浸かっているほど、より多くの圧力がかかります。 そのため、腕や足のむくみを軽く押さえることができます。

水中療法が自分に合っているかどうかは、どうすればわかりますか?

水中療法は非常に有益ですが、すべての症状に適応されるわけではありません。 あなたの状況を医師や理学療法士に相談するのが一番です。

関連サービス

  • 理学療法、作業療法& 言語療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。