毎日小さじ半分の重曹が自己免疫疾患の予防に役立つ

重曹の毎日の摂取が、関節リウマチ、心血管疾患、動脈硬化、過敏性腸疾患、2型糖尿病などの自己免疫疾患の予防に役立つと、米国オーガスタ大学の研究者が最近の研究で発表しています。

自己免疫疾患とは、体が自分の組織を攻撃する抗体を作り出し、組織の劣化や破壊に至るものです。

ジャーナル・オブ・イミュノロジーに掲載された研究によると、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)を人間に摂取させたところ、その前後に行われたベースラインテストで、炭酸水素ナトリウムが抗炎症経路を活性化することが示されたという。

この研究の共著者であるPaul O’Connor氏はDown To Earthに、「私たちは1日2gのNaHCO3を600mlのボトル水に溶かして利用し、1日中口にしていました」

重曹は純粋な重曹、ベーキングパウダーは重曹にリン酸一カルシウムや硫酸アルミニウムナトリウムなどの酸味料が入ったものです。 重曹が膨張剤として働くには酸が必要です。 例えば、ドークラでは、重曹と組み合わせたレモン汁を加えることができます。 炭酸ガスによって、蒸し焼きにしている間だけドークラが膨らむ。 一方、ベーキングパウダーは、酸とアルカリの両方から構成されています。

この研究では、重曹の摂取によって、M1マクロファージからM2マクロファージへの移行が始まることを発見しています。 マクロファージは特殊な細胞で、M1マクロファージは免疫反応に対応し、M2は抗炎症サイトカインを放出する制御細胞です。

この研究はまずラットで行われ、人間にも同じ結果が出ました。

抗炎症剤として重曹の証拠にもかかわらず、オコーナー氏は認定医からの相談なしにそれを摂取することに警告しています。 “誰も最初に医師に相談することなく、この治療を開始するべきではありません。 食事性ナトリウムの増加による血圧の上昇、またアルカリ尿による腎臓結石、低カリウム血症のリスクなど、多くの重大な副作用の可能性があります」

Post Your Comment

Comments are moderated and only after the site moderators approvals will be published. 本物のEメールIDを使用し、お名前をご記入ください。

週刊ニュースレターの購読 :

We are a voice to you; you have been supported to us.We have been a support to the weekly. 私たちは共に、独立した、信頼できる、そして恐れを知らないジャーナリズムを築きます。 寄付をすることで、私たちをさらに支援することができます。 これは、私たちが現場からのニュース、視点、分析をお届けし、共に変化を起こしていくために大きな意味を持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。