人間用のウェットティッシュは、毛皮に使っても大丈夫ですか? – Rufus & Coco Japan

ウェットティッシュは、親にとって救いの手です。 こぼしたものをさっと拭いたり、汚れた顔の汚れを落としたり、洋服についたメイクを落としたり、いろいろなことに大活躍です。

実際、これらは、最近のCOVID-19の棚の片付け劇の中で、最も必死にすくい上げられたアイテムの一つです。

でも、あなたの子供がたまたま4本の足としっぽを持っていたらどうでしょう? ペットの親として、通常のウェットティッシュや赤ちゃん用のウェットティッシュを毛皮の赤ちゃんにも使えますか?

答えは簡単です。

人間用のウェットティッシュや赤ちゃん用ウェットティッシュは、ペットへの使用には適していません。 実際、人間用のウェットティッシュは、ペットの肌には200倍も酸性が強すぎることがあります。

説明すると、pH スケールは 1 から 14 まであり、1 が最も酸性度が高く、1 に向かうごとに酸性度は 100 倍になります。 人間の皮膚のpHバランスは5.0〜6.0、犬の皮膚は6.5〜7.5です。 つまり、人間の皮膚は犬の皮膚よりも酸性度が高く、酸性度の高い製品に耐えることができるのです。 人間用のウェットティッシュをペットに使用すると、刺激やかゆみ、ただれを引き起こし、小さなお友達が皮膚炎や真菌感染症にかかる可能性さえあります。

ですから、今度あなたの毛深いお友達が泥だらけの足で家の中を走り回るときには、人間用のウェットティッシュは使わないでください。 このおしりふきは、ペットの肌のためにpHバランスを調整し、竹から作られ、カモミールエキスを含み、さらにマイルドな抗菌性があります。

さらに、このバンブーバイオワイプは完全に生分解性でなければ、オーストラリアの清潔さを保つための役割を果たすことはできません。

ペットの皮膚に最適なpHバランスを持つおしりふきを使って、幸せと健康を守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。