中国の経済危機はどの程度なのか?

Image caption 公式失業率は史上最高値に近い – 実際の数字はおそらくもっと高い

経済学者は中国の経済データは常に信用できないと言う一方で、彼らは今新しいジレンマを抱えています – データがないのです

金曜日に中国は今年の経済成長のターゲットを設定しないだろうと発表しました。

これは前例がないことで、中国政府は1990年にそのような目標を公表し始めて以来、このようなことはしていない。

成長目標の放棄は、ポスト・パンデミック時代における中国の回復がいかに困難であるかを認識するものである。

そして、最近の数字は中国が減速から抜け出しつつあることを示しているが、それは不均等な回復である。

まず、良いニュースです。

中国を襲ったパンデミック以来初めて、工場は再び商品を作っている。

4月の工業生産高は予想を上回る3.9%の伸びで、大規模な閉鎖が行われた今年の最初の2カ月間の13.5%の落ち込みとは著しい違いがある。

他のデータも驚くほど好調で、経済学者がV字回復と呼ぶ、最初の急激で大幅な落ち込みの後に経済活動が素早く回復することを指摘しています。

  • 中国経済、数十年ぶりに縮小
  • BBC News – Global Questions, Coronavirus Crisis – China
  • Why does China’s economy matter to you- – BBC News

投資銀行JPモルガンによれば、6大電力会社による石炭消費量が5月のゴールデンウィーク後に急上昇して過去の水準に戻った。

そして、ロックダウンの直後に見た、汚染のない中国の空は、経済活動が回復するにつれて、消えてしまったのです。

中国の大気汚染レベルは、コロナウイルス危機が始まって以来初めて、昨年同期の濃度を上回ったが、これは工業排出物が原因である。

これらのことは、中国が徐々にビジネスに戻りつつあることを示している。

しかし、それは通常通りのビジネスではなく、これは他の国々が経済を再び軌道に乗せることがいかに難しいかを示している。

最近の小売売上高は、人々を店に連れて行き、物を買わせることがいかに難しいかを示している。

4月の売上高は7.5%減で、3月よりは良かったが、経済がフル回転するために必要な水準には到底及んでいない。 多くの中国人はまだ第二波の感染症を心配しており、以前ほどは消費していない。

中国が今年の成長目標を放棄したのも無理はない-政府は、この危機がどれほど深いものになっているかを予測するのが難しいことを知っているのである。

失業率の上昇

さらに重要なのは、4月の失業率で、公式には3月よりわずかに高い6%となり、歴史的高水準に近づいている。

しかし、ほとんどのエコノミストは、実際の数字はもっと悪いと述べています。

シンクタンクのキャピタル・エコノミクスは、移民労働者の約5分の1が都市部に戻っていないことを考えると、「真の失業率はこの2倍であろう」と述べている。

中国経済の最大の応援団である中国の強硬な共産党機関紙、環球時報でさえ、雇用状況がいかに悲惨かを指摘している。

同紙は、中小企業が従業員を解雇するか人員を削減しなければならず、今年は「民間部門の中国人従業員が2019年と同じだけの給料を稼ぐことはほぼ不可能だろう」と語っている。

良くなる前に悪くなりそうだ。

約85%の民間企業が今後3カ月間、生き残るのに苦労すると、北京大学のジャスティン・イーフ・リン教授は3月の清華大学の調査を引用して書いている。

「企業の倒産は失業率の上昇につながるだろう」と彼は付け加えている。

画像キャプション 2020年は中国が絶対的貧困をなくす年という意味だった

確かに、多くの中国人が国有企業に雇用されており、中国の経済システムは米国よりも失業者の層を吸収することが可能である。

中国人にはより多くの貯蓄があり、より良い家族のサポートがあり、多くの出稼ぎ労働者は故郷に土地を持っていて、基本的なニーズや最悪の状況下での糧にさえ頼ることができます。

中国グローバル化センターのワン・フイヤオ氏は私に、「自分の土地を持っている村へ戻る出稼ぎ労働者の大きな移行を見るでしょう」と教えてくれました。

「確かに苦難はあるでしょうが、中国以外の国の人たちは、私たちが苦難や困難をどう捉えているのか、つまり、中国が非常に貧しかった少し前に中国人が経験したことだと理解していないのでしょう。 「

Image caption 現在の経済環境は、中国がここ数年で直面した中で最も厳しい。

This time it’s different

共産党は常に、中国の好調さを示す方法として達成すべき成長目標があることを表明してきた。

しかし、今回は明らかに違う。目標がない。つまり、現在の経済環境は中国がここ数年で直面した中で最も厳しいという事実から逃れられないのだ。

確かに、中国は以前にも困難な経済時期を経験している。たとえば1990年代には、膨大な数の人々が解雇された。

当時の経済は国有企業が中心で、労働人口の大部分に仕事を提供していました。

経済が減速すると、国有企業は何百万人もの労働者を解雇し、全米経済研究所によれば、失業率は毎年1%ポイントずつ急速に上昇しました。

国有企業は、1995年に労働人口の60%を雇用していたのが、2002年には30%になった。

しかし中国は回復し、民間企業が若者の雇用に乗り出した。

Image caption 中国の労働者は再び働くかもしれないが「世界の他の地域は経済不振」とジョージ・マグナス

今回とは違って民間も圧力下にあると、オックスフォード大学中国センター准教授の経済学者ジョージ・マグナス氏は言う。 “あの時は、誰も貿易戦争なんて言っていませんでした。 中国への製造業の大オフショアリングが進行していたのです。

「現在、世界の他の地域は経済が停滞しており、消費者の需要もなく、対外貿易の面でも何もない状態です。 パンデミック以前に中国が直面していたすべての逆風は、コロナウイルスによってさらに悪化しました」

圧力下にある「中国の夢」

過去 40 年間、中国の共産党は国民に単純な契約を約束することができました。

これは、中国の指導者である習近平が2012年に発表した「中国の夢」として結晶化させた社会契約である。

Image caption Covid-19危機は、中国の社会の安定にとって大きな脅威となった

2020年は、中国が絶対貧困を解消し、数百万人の生活の質と標準を引き上げる年として、この大計画の重要な部分であることが予定されていた。

しかし、コロナウイルスはその社会契約を危険にさらしている可能性がある。

間違いなく、中国共産党の歴史における他のどの経済危機よりも、この健康危機は同国の社会的安定にとって大きな脅威となっている。

何百万人もの若者が、親の世代が見てきたような成功の度合いを保証されないかもしれない。 富、雇用、安定という契約を維持することは、中国共産党の正統性にとって重要なことである。

だからこそ、中国の経済回復は非常に重要であり、成長目標がないことは、政府が計画を練るのに必要な柔軟性を与えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。