不況とは何か?

世の中にはいろいろなことが起こっている。 コロナウィルスの大流行に加え、現在は不況の中にあります。 しかし、不況とは何でしょうか?

すでに経済的な困難に直面している場合、利用可能な支援があります。

経済不況の定義

不況とは、失業率の上昇、株式市場の下落、住宅市場の下落によって示される、経済衰退の期間である。 米国内の財やサービスの総額(国内総生産または GDP と呼ばれる)が 2 四半期以上(6 か月以上)減少するまで、正式な景気後退は宣言されません。

何が景気後退を引き起こすのか?

尋ねる経済学者によって異なりますが、米国は現在 45 回または 47 回目の景気後退に苦しんでいるようです。 注目すべきは、この2つがまったく同じでないということです。 しかし、ほとんどの不況に共通する特徴がある。

  • 高金利、高インフレ、あるいはその両方。 高金利は借りられるお金の量を制限し、不況の始まりの合図となることがある。 インフレとは、食料品やガソリン、消費財など、私たちが購入する日常的な商品やサービスの価格が上昇することを指します。
  • 「実質賃金」はそれほど購入できない。 実質賃金とは、私たちの所得がどこまで伸びるかを示す言葉である。 たとえば、ある都市で6万ドルの収入を得た場合、家を買ってかなり快適な生活を送ることができるかもしれません。 しかし、同じ6万ドルでも、物価の高い地域では、それほど伸びない。 不況が始まると、全米で実質賃金が下がり始めます。
  • 実質賃金が下がり始めると、消費者は自信を失います。 実質賃金が下がり始めると、消費者は自信を失い、収入がインフレに追いついていないことを認識し、消費をしなくなり、全体的な景気後退の一因となる。 実際、米国政府が3月に2兆ドルの景気刺激策を可決した理由の1つは、新型コロナウイルスの脅威が去るまで、米国人がお金を使い続け、経済が好調であるようにすることでした。
  • 経済活動が不安定になり、企業は生き残りをかけて削減を行います。
  • こうした企業の削減は解雇や失業につながります。
  • 他の人々が解雇されるのを見て、まだ働いている人々は自分も仕事を失うのではないかと心配し、個人消費の減少につながります。
  • 経済を安定させようとして政府の債務が増加する。
  • 連邦準備制度は、成長を刺激しようとして金利を引き下げる。
  • 株式やその他の資産(住宅など)は価値を失い、本格的な金融危機が進行する。

不況はどれくらい続くのか? それを除けば、第二次世界大戦以降の他の10回の不況は、6カ月から16カ月、平均で10.4カ月でした。 このように、米国経済は、極めて定期的に崩壊と再生を繰り返していることが重要である。 大不況が他の不況と異なるのは、再建にどれだけの時間がかかったかということである。

不況と不況の違いは?

「不況とは何か」という質問に対しては、不況は不況ほど深刻ではないことを知っておくことが重要です。 不況とは、景気循環の収縮期を意味し、少なくとも2四半期はすべてが減速する。 これに対し、大恐慌が示したように、景気後退が長期化し、経済指標が大きく低下するのが恐慌である。 つまり、この2つの要因が不況と異なる点である。 経済指標が2四半期にわたって縮小(または弱含み)した場合、それは不況とみなされる。

  • 長さ:経済指標はより大きく減少する。 不況は不景気より深く、長く続く。 例えば、1929年の大恐慌は43カ月続いたが、大不況は18カ月続いた。
  • 史上最悪の不況とは? IMFはこの不況を、大恐慌に次いで史上2番目に悪い不況と位置づけています。 大不況は、サブプライムローン問題(明らかに返済能力のない人に銀行が住宅ローンを与えたこと)による米国の不動産市場の崩壊によって促進されました。

    現在の金融危機と同様に、大不況は景気後退のための「パーフェクトストーム」だったのです。 サブプライム住宅ローンは、丘の頂上にある最初の雪だるまだった。 手に負えなくなった住宅所有者たちが、ローンを踏み倒すようになったのです。 不動産市場にデフォルトが点在するようになり、住宅価値は急落した。 住宅ローンを返済していた人たちも、一気に資産を失った。 続いて、株式市場も急落した。 心配した投資家は、すぐに株を売った。 次に、銀行が破綻した。 世界経済の多くが私たちと一緒に吸い込まれた。

    回復プロセスの一部には、同じような金融危機が再び起こらないように設計された新しい法律が含まれていました。 一部の専門家は、トランプ政権がこれらの保護措置の一部を後退させたり、水増ししたりしたと警告しているが、多くの保護措置はまだ有効だ。

    最終的な数字が集計されれば、現在のコロナウイルスによる不況が、史上最悪の不況として大不況に代わるものと考えて間違いないだろう。 その理由はいくつかあります。

    • 私たちは、大恐慌以来最大の失業保険申請数を見ました。
    • COVID-19が2009年から創出した雇用の総数を一掃し、失業率を急騰させるのにわずか4週間しかかからなかったのです。 いつワクチンができるのか、どれだけの人がそれを利用するのか、何百万もの中小企業が再開するのか、大多数の失業者が仕事に復帰するまでにどれだけの時間がかかるのか、わかりません。

    経済研究は、現在の景気後退がどれくらい続くかを予測しようとするかもしれないし、中央銀行は連邦ファンド金利を変更して経済を刺激しようとするかもしれません。 とはいえ、景気の後退は、日常生活で地味に感じているものである。 消費者の信頼を回復し、景気後退前の正常な支出水準に戻るのは大変なことです。

    The COVID-19 recession

    過去の景気後退から学ぶべきことは確かにありますが、大きく、明白な違いもあります。 これらの景気後退はいずれも、世界的な大流行と結びついてはいませんでした。

    不況について理解すべき重要なことの1つは、不況は経済サイクルの正常な一部であるということです。 前回の大きな不況は2009年に終わり、2011年半ばに回復が始まりました。 全米経済研究所によると、平均的な景気拡大期は約59カ月、つまり5年弱続きます。 このため、エコノミストは、新型コロナウイルスが発生する前から、景気後退の時期が迫っていると宣言していました

    言い換えれば、ビジネスと経済成長の周期的性質が、再び景気後退に導くことがわかっていたのです。 しかし、それが一生に一度の大流行と重なるとは、私たちは知る由もなかったのです。 この不幸な組み合わせが、次のような歴史的な規模の経済衰退を招いたのです。 3月12日から9週間の間に、3800万人以上のアメリカ人が失業保険請求を行った。 この数字には、失業保険請求に応じられない多くのフリーランスやギグワーカー、収入が減少した人々は含まれていない。 ダウ・ジョーンズは3月16日に2,997ポイント下落し、123年の歴史の中で最大の下げ幅となった。 3月31日、企業が閉鎖され、何百万人ものアメリカ人が避難している中、ゴールドマンサックスのエコノミストは、今後数ヶ月のGDPが34%減少すると予測した。 世界消費者信頼感指数は、24カ国の75歳未満の成人17,500人以上を対象に調査しています。 6月の世界消費者信頼感指数は40.0、1月に比べて8.7ポイント低くなっており、問題視されている。 消費者の不安は消費の減少につながり、経済全体を停滞させる。

    リセッションがあなたに与える影響

    リセッションとは何でしょうか? 経済活動の低迷で、私たち全員にある程度の影響を与えることです。 たとえ仕事が安定していたとしても、退職金の価値が下がり、家の多くは不況前よりも価値が下がる可能性があります。 より多くの人が仕事を失い、失業率が上がれば、倒産や差し押さえの件数も増え、私たちの周りの家のいくつかは空き家になってしまうでしょう。 Clinical Psychological Science 誌に掲載された研究によると、前回の不況時に仕事、住宅、あるいは経済的な苦境に陥った人は、不況が終わって何年も経ってから、鬱や不安、薬物使用の兆候を示す可能性が高いことがわかりました。

    Do house prices drop during a recession?

    The short answer is yes, for most people, home prices will drop during a recession.The short answer is yes, for most people, home prices is dropped. その結果、大不況の間、平均的な住宅価格は年間9%下落し、一戸建ては最も価値を保った(平均8%の下落)ことが分かった。 タウンホームは年間9.3%、コンドミニアムは13.1%下落しました。

    住宅価値の下落の理由の1つは、消費者の不安感にあります。

    How to prepare for a recession

    将来、不況になることがわかっているからこそ、私たちには準備するチャンスがあるのです。 それはポジティブなことだ。 次のステップは、景気後退を乗り切るのに役立ちます:

    • 予算を組み立てる。 まだ持っていない場合は、あなたの現在の状況を考慮した予算を作成します。 まだ働いているのであれば、3~6ヶ月分の生活費を積み立てることを最優先に考えましょう。 働いているかどうかにかかわらず、危機の間に余分な現金を得られるような副業を加えることも検討しましょう。
    • その余分な現金を貯蓄しましょう。 このような未曾有の時代には、思わぬ貯蓄ができることもあります。 普段、外食や娯楽に使っていたお金を、そのまま貯金に回してしまいましょう。 お子さんがいらっしゃるご家庭では、保育園に払っていないお金を貯めておくとよいでしょう。 在宅勤務の場合でも、無料のオンライン講座で教養を高める方法を模索しましょう。 また、このような場合にも、「このような場合、どのようにすればよいのか? “不況ってなんですか?” 失業、経済成長の欠如、GDPに何が起こるか、個人消費がどのような影響を受けるかについて知らせるだけでなく、不況が起こることがわかっている人生のイベントの1つであり、私たちが計画できるものであることを伝えるようにしてください。 その中には、
      • 不要な出費を減らす。 例えば、現在ケーブルテレビのキャデラックパッケージの料金を支払っているのであれば、ベーシックに切り下げる、より安価なストリーミングサービスに切り替える、あるいは不況が終わるまではアンテナでやり過ごす。 家庭での食事を増やす、高金利の借金を低金利の個人ローンにまとめる、禁煙する、保険料の安い店を探す、庭を作る、光熱費の使用を減らすなど、当面の予算を削減する方法を見つける。
      • 借金を返済すること。 まだ雇用されていて、緊急用の資金がある場合は、借金を減らしていきましょう。 もし借金を返済できないのであれば、せめてクレジットカードの借金を残高0%のカードに移行するようにしましょう。
      • 収入を多様化する。
      • 投資を継続する。 株で儲けるには、良い時も悪い時も買い持ちするのが一番です。 株式市場が下落し始めると、人々はパニックになりがちで、投資は直感に反すると感じるかもしれません。 しかし、長期的な投資をするのであれば、不況の可能性があるときでも投資を続けるべきです。 短期的に見れば十分な貯蓄があるのなら、こうしたオンライン株式ブローカーを利用して、価格が低迷している間に株を買えば、ドルでより多くを買うことができることになります。 このような場合、「某有名企業」と「某有名企業」の2社に分けられます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。