リサ・ボネット、ビル・コスビーの不正行為疑惑についてついに語る

ビル・コスビーのテレビ家族の何人かは、何十人もの女性を虐待したと非難されているコメディアンをある程度支持していると表明しています。 例えば、元「コスビー・ショー」のキャストで、大ヒット番組でコスビーの娘、ルディを演じたケシャ・ナイト・プリアムは、今回の疑惑は、彼女が知っている彼とは一致しないと言っています。 また、コスビーの妻、クレア・ハクスタブルを演じたフィリシア・ラシャドは、女性たちの訴えはコスビーの遺産を破壊するための「組織的」キャンペーンの一部であると述べています。 そして、そのような不吉な、影のエネルギーは隠すことができません」とボネットはネッタポルテのポーター誌で語っています。

コスビーについて闇を感じたかと尋ねられたボネットはこう答えています。 「いつもです。 そして、もし私がこれ以上明らかにすることがあれば、それはずっと前に起こっていたことでしょう。 それが私の性分です。

ボネットとコスビーは、彼女が「ザ・コスビー・ショー」に出演していた時、終盤に仲たがいしていた。 また、「エンジェル・ハート」という映画でミッキー・ロークとヌードシーンを演じることにも反対していた。 「このような場合、「このような場合、どのようにすればよいのでしょうか? そのため、このような事態が発生したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。