モダンダンスとは? – Arts In Motion Dance Studio

すべてのダンススタイルは時代とともに進化してきました。 西洋で最も早く成文化されたスタイルは、フランスのルイ14世の時代(17世紀)に始まったクラシック・バレエです。 この時代から数百年にわたり、バレエはおとぎ話や不思議な生き物、王子や王女の冒険を題材にしていました。 バレエは、当時のクラシック音楽に合わせて振り付けをするのが主流だった。 チャイコフスキーやモーツアルトなど。 バレリーナは、厳格なクラス編成の中で、非常に特殊な動きをするよう高度な訓練を受けていました。 究極の目標は「アン・ポワント」、つまりつま先立ちの靴で踊ることで、ダンサーは重さを感じさせず、楽に動けるようになることが目指された。 19世紀末になると、クラシック・バレエの画一性に反発するダンサーが現れ始めた。 モダンダンスの先駆者たち(ハンニャ・ホルム、メアリー・ウィグマンなど)は、空想的な物語から離れ、庶民の男女の日々の苦悩や勝利を描いた踊りを作ろうとしたのである。 そのために、彼らはポアントシューズや凝った衣装を脱ぎ捨て、素足とシンプルなドレスで、舞台上だけでなく、屋外やサロンなど、インスピレーションが湧く場所で踊った。 ストラヴィンスキーのような、それまで神聖視されていた作曲、旋律、音色の法則を覆すような新しい現代クラシック作曲家の曲で踊ったのである。

これらのモダンダンサーは、身体の重さや、落下と反発、螺旋、呼吸が動きに及ぼす影響といった動的な性質を実験的に利用した。 彼らは、新しい文脈の中で、動きの全く新しい語彙を作り出したのである。 新しい世代のモダンダンサーたちは、先人たちから気に入ったものを取り入れ、自分たちの感性で、そして自分たちが生きている時代の出来事に反応して、それを変化させていったのです。 イサドラ・ダンカンは、子供の自然な動きを取り入れたシンプルな動きで、専制政治からの自由を踊った。 ルース・セントドニの踊りは、東洋の香りを漂わせていた。 彼女はヒンズー教の芸術と哲学を学びながら見たイメージから、初期の動きのスタイルを導き出しました。 マーサ・グラハムは、女性の闘争と、新しい土地で道を切り開くすべての人々の闘争を踊りました。

今日の振付家は、モダンダンサーであるとは何かを再定義し続けています。 スタジオのダンスクラスでクラシックモダンダンスを学ぶと、すべてのモダンダンスのベースとなるオリジナルのアイデアとムーブメントについて学ぶことができます。 モダンダンスの創始者たちのムーブメントスタイルを体験し、即興と創造的な自己の探求を通して、自分自身の「モダン」ダンスがどのようなものかを探るのです。

ヨーロッパとアメリカにおけるモダンダンスの始まりについてより詳しく知りたい方は、

My Life (Revised and Updated), May 27, 2013, by Isadora Duncan and Joan Acocella

Martha Hill and the Making of American Dance, Jul 21, 2009, by Janet Mansfield Soares

がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。