メイキング・ザ・バンド」シリーズのグループを振り返る

MTVで大ヒットした「メイキング・ザ・バンド」。 この番組は、パフォーマー志望者がグループへの加入を競う様子を描いたものである。 O-Town、Da Band、Danity Kane、そしてDay 26という4つのグループがこの番組から生まれました。 第2シーズンではヒップホップのパイオニア、ディディがマネージメントを担当し、最近、この番組を復活させることを発表しました。 リブート版で何が起こるのか、ファンが期待に胸を膨らませる中、ここで過去の出演グループを振り返ってみましょう。

Danity Kane 2008 | Chris Polk/FilmMagic

O-…Town (Making the Band)

View this post on Instagram

#tbt スーパーティーンズ! 見てください、この童顔を! この写真から消化すべきことはたくさんありますが、ここで最も緊急な質問があります……ジェイコブの顔にあるのは一体何でしょう? それは笑顔です。 なぜジェイコブがこの写真であんなに幸せそうだったのか、あなたの推理をコメントで教えてください。 #otown #boybands #superteens #teenybopper

A post shared by O-Town (@otownofficial) on Oct 17, 2019 at 9:55am PDT

Source: Instagram

O-Town は、『メイキング・ザ・バンド』の第1シーズンに誕生した。 この番組はもともとABCで放送され、次のシーズンからはMTVに移行しました。 当初はイカイカ・カホアノが5人のメンバーの1人として選ばれていましたが、彼は医学部への進学を決め、辞退しました。 後任にはダン・ミラーが選ばれた。 残ったメンバーは、エリック=マイケル・エストラーダ、トレバー・ペニック、ジェイコブ・アンダーウッド、アシュレイ・パーカー・エンジェルであった。 2枚のアルバムをリリースした後、2003年に所属レコード会社から脱退し、解散した。 グループは、音楽業界の情勢の変化や金銭的な問題が原因で解散したと述べ、元マネージャーのLou Pearlmanが関与していた可能性をほのめかしている。 O-Townのメンバーはソロ活動に移行し、Angelが最もソロで成功を収めた。 2013年、エンジェルの参加はなく、グループは再結成された。

Da Band (Making the Band 2)

Making the Bandは、視聴率がABCで生き残るほど強くなかったため、正式にMTVに移った。 MTVは、より強力な視聴者がいると感じ、音楽界の大物であるディディを招き、彼のレーベルのためにグループを探しました。 ディディはポップ・グループではなく、ヒップホップやR&Bグループの結成を目指した。 全米で行われたオーディションでは、4万人ものアーティストが参加。 ディディは厳しい競争の末、6人のメンバーを選出した。 メンバーは、Babs、Chopper、Freddy P、Nessの4人のラッパーと、Dylanというレゲエアーティスト、そしてSara Stokesというシンガーで構成されています。 シリーズのシーズン2は、グループがファーストアルバムを制作する様子を記録したものです。 ダ・バンド初のフルスタジオアルバム「Too Hot for TV」は2003年に発売され、彼らはアメリカツアーに乗り出し、その模様は第3シーズンで描かれました。 ディランがショーや出演を欠席するようになり、緊張が高まりました。 フレディもまた、ソロになりたいという希望を口にしていた。 サラの夫とグループメンバーとの間の争いも、彼らの問題を高めていった。 シーズン3のフィナーレで、ディディはグループを正式に解散させ、ネス、バブス、チョッパーを自分のレーベルに残すことを選択した。

Danity Kane (Making the Band 3)

ディディは番組の第3弾として、今度は女の子だけのグループを探して戻ってきました。 ディディはシーズン1で出場者に不満を持ち、バンドを結成しないことを決め、出場者のうち3人に次の回で復帰し、グループの座を争う機会を与えました。 オーブリー・オデイとアンドレア・フィンブレスが復帰し、ドーン・リチャード、ワニタ・”D・ウッズ”、ウッドゲット、シャノンベックスとともに、最終的に選抜されたのである。 Danity Kaneはナンバーワンのアルバムをリリースし、Christina Aguileraとツアーを行った後、自分たちのヘッドライナーを務めるようになりました。 解散の憶測が飛び交い、メンバーの何人かはソロプロジェクトを行っていた。 オデイはグループの問題児というレッテルを貼られ、ディディは彼女が個性的でセクシーなイメージを描こうとしたと感じていた。 ブロードウェイ・ショー『ヘアスプレー』にも参加。 D・ウッズはソロで雑誌の表紙を飾り、リチャードはディディから他のバッド・ボーイのアーティストのために曲を書くよう録音された。 内紛もあり、一方にD・ウッズとオデイ、もう一方にフィンブレスとリチャードと、彼女たちは二手に分かれた。 ベックスは中立を保った。 ディディとグループの分裂や、ソロ活動を推し進めるメンバーとの問題について激しい口論になり、ディディはオデイとD.ウッズを解雇した。 ベックスは次のシーズンには戻らず、グループの未来は不確かなものとなった。 結局、彼はフィンブルをグループから外し、リチャードを一人にした。 リチャードはその後、グループ、ディディ-ダーティ-マネーに参加した後、永久に彼女の契約からの解放を要求する。

Day 26 (Making the Band 4)

View this post on Instagram

#クラシックデイ26(2007) セルフタイトル・デビューのアルバムからお気に入りの曲を教えてください。 このアルバムが好きな人にタグを付けてください。 #TheRoadToANewDay #BeenDownSinceDay26 www.Day26experience.com

A post shared by DAY26 (@officialday26) on Sep 19, 2018 at 7:07am PDT

Source(ソース)をご覧ください。 Instagram

最終回では、ディディが男性ばかりのR&Bグループを結成することに。 2007年8月に結成されたDay 26は、5人のメンバーで構成されていた。 ロバート・カリー、ブライアン・エンジェル、ウィリー・テイラー、クワネル・モズレー、そしてマイケル・マクルーニーの5人で2007年8月に結成された。 セルフタイトルのデビューアルバムは、ビルボードチャートで1位を獲得。 その後、Danity Kaneと合同で全米複数都市ツアーを行う。 2009年、Qwanellはマネージメントと金銭的な問題を理由に、グループと決別した。 残されたメンバーはセカンド・アルバムのレコーディングを試みたが、2012年に解散した。 2013年にメンバー5人全員で再結成し、2017年に10周年記念ツアーを完遂した。 2019年6月、エンジェルは自身のインスタグラム、ページで、個人的な問題に対処するためにグループを脱退することを発表した。

ディディが2020年に「メイキング・ザ・バンド」をMTVに復活させる

ディディが番組を持ってくると発表したとき、ファンは熱狂した。 メイキング・ザ・バンドは2020年に復活することが決定した。 “MTVと私は再び一緒に戻ってきた!” ディディは声明でこう述べた。 メイキング・ザ・バンド』はより大きく、より大胆に、より最先端になって帰ってくるんだ。 MTVのMTBはリアリティTVのパイオニアだった。 我々はその超自然的なエネルギーをこのフォーマットに戻し、世界に次の世界的なスーパースターをもたらすつもりだ。”

今回は男女共用のグループが結成されるかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。