ボートの洗礼の仕方

ガラスが散乱しないようにボトルを袋に入れる

セイラーは迷信深いものですが、古代バビロニアのように牛を犠牲にしなくても新しい船の洗礼という伝統は受け継いでいくことができます。 ここでは、ジンクスのない初出航を確実にするためのヒントをご紹介します。

1. 古いものは捨てる。 以前から所有しているボートの名前を変更する場合、古い名前のついたものを船首から落とします(もちろん、責任を持って無公害のものを選びましょう)。

2.口にしない。 完璧な名前を思いついたら、すぐにみんなに言いたいという誘惑に負けないでください。 新しい名前を声に出して言う前に、古い名前がボートからすべて取り除かれていることを確認します。

3.出発の準備をする。 命名式に続いて、たとえ係留場所までであっても処女航海をする必要がありますから、ボートの艤装と準備を整えておきましょう。 また、緑の葉のついた枝、シャンパン、赤ワインを用意しましょう。 枝は、無事に岸に戻ることを象徴しているので、式と処女航海のために船上に置いてください。

4.一言声をかける。 セレモニーに参加するゲストを歓迎し、あなたの船について一言(その歴史、利点、あなたがその船で航海したい場所)、そしてあなたの選んだ神々に安全な航路をお願いします。 赤ワインを少し水に注ぎ、生け贄とします。 残りのワインは、儀式の後にゲストと一緒に楽しむことができます。

5. ボトルを割る。 現代の洗礼式で最も有名なボトル割りは、”I christen thee .” という言葉を発した後、女性が行うのがよいでしょう。 ゲルコートを傷つけないように、必ず金属製の器具に当てて割ってください。 ガラスが飛び散らないように、ボトルを袋に入れることをお勧めします。 ウエストマリンなどでは、専用の袋が付属した、あらかじめスコアが入ったボトルを入手することができます。 しかし、もしそれがなければ、普通のシャンパンを使って強く叩いてください。 炭酸飲料のボトルを振るときと同じように、何度も振ると、最後に割れたときにシャンパンが爆発してしまいます。 また、一回で割れないと縁起が悪いと考える人も多いようです。

6.出航する。 新しく命名された船で、処女航海を楽しんでください。

2020年4月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。