ブルーノ・マーズの「ビーチ・ボディ」にファンが衝撃を受ける!

24k Magic World Tourの休暇中、ブルーノ・マーズは長年のガールフレンドでモデル、女優のジェシカ・カバンと共に、メキシコのプンタ・ミタで豪華な休暇を過ごす姿が目撃されました。 9月7日に行われる次のコンサートと北米ツアーを前に、少し体重が増えたと思われるグラミー賞受賞アーティストは、花柄のボクサー姿で大きくなったお腹を披露しているところを目撃された。

インスタグラムに投稿された一連の画像の中で、「アップタウン・ファンク」シンガーは、プリントされた水着のセットを着てビーチでリラックスしているところを目撃された。 また、黒と黄色のヒョウ柄のビキニウェアで引き締まった体型と長い脚を披露したキャバンとともに、マーズは休暇を楽しんでいるようだ。

ファンたちはブルーノの大きくなったお腹にいち早く目を留めた。 マーズが麦わら帽子をかぶり、友人たちと一緒にボートに乗って釣りをしている写真には、ファンから彼の体重増加についてのコメントが寄せられています。 誰かが休暇中にちょっと “ぽっちゃり “しちゃったね💖」とコメントして揶揄する一方で、「何もなかったよ、彼は人間だからみんな太るんだ」と、彼の明らかな体重増加を見過ごそうとする人もいた<4693><688>しかし、マースがボディシェイミングの犠牲になったのは、これが初めてではない。 2016年、ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーに出演した際、ファンは彼の身長をからかった。

マーズは「Chunky」と「24K Magic」を披露してショーを独占したものの、彼がいかに背が低いかについてからかわれたことは変わらない。 何人かのファンは、彼よりはるかに背の高いモデルの一人に簡単に踏みつけられるだろうと彼を嘲笑しました。 また、彼が履いていたクリスチャン・ルブタンのヒールのあるブーツを、同じくショーに出演したレディー・ガガより背が高く見えるように履かせたと揶揄する人もいた。 しかし、一部のファンはそんなことは気にせず、マーズの素晴らしいパフォーマンスに感激していました。

人々の完璧の定義に沿わないことで、ネット上のボディシェイミングの犠牲になっているのはマーズだけではありません。 カーディ・Bが2018年のグラミー賞でモスキーノのツーピースの衣装とバケットハットで風変わりなスタイルを主張したとき、何人かのファンはポップスターの腹毛を揶揄した。 あるフォロワーは、「へーこれはどういうわけか動物愛護になったのか」とコメントした。 私はまたBODY SHAMINGを盛り上げに来ただけだよ!!」とコメント。 辱めを受けたくないなら、母親と父親が教えてくれたように、自分のクソみたいな体を扱えばいい!」。 傲慢で、社会に対する畏敬の念を持たない女性を、なぜ皆祝福するのだろう? ってか、オタクでも猿の毛を剃るんだよ!芸能人ならもっとやれ!って感じ。 「しかし、ここでも何人かのファンはラッパーの味方をし、体毛を生やすことは何も恥ずべきことではないと主張した。 あるフォロワーは、「ITS STOMACH HAIR OMG ARE THAT THIS DISGUSTED AND TERRIFIED OF IT? 成長して!私たちはみんな胃の毛を持っているし、誰があなたのような嫌な男の気を引くために全身を剃る時間がある? そうだ。 その通り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。