パール・ベイリー

奔放なボーカリストで、他のどの歌手よりも演技に力を入れ、ブロードウェイ、キャバレー、ハリウッドで活躍し、名声を得た。 ベイリーが歌った “Baby It’s Cold Outside “や彼女の唯一のヒット曲 “Takes Two to Tango “などは、そのスルメのような声で、多くの陳腐なスタンダード曲を活気づかせるものであった。

伝道師の娘であるベイリーが歌い始めたのは3歳のとき(兄のビル・ベイリーがダンスのステップも教えてくれた)。 10代前半にはプロとして活動し、ダンサーとして数年間ツアーに出た後、ノーブル・シズル、クーティー・ウィリアムス、エドガー・ヘイズらのジャズ・バンドでシンガーとダンサーの両方をこなした。 1944年にソロ活動を開始し、リラックスしたステージングとユーモラスな余談でナイトクラブの聴衆を魅了した。 40年代半ばにキャブ・キャロウェイ楽団のシスター・ロゼッタ・サーペの代わりに短期間出演した後、1946年にミュージカル『セント・ルイス・ウーマン』でブロードウェイにデビューした。 ベイリーは最も有望な新人賞を受賞し、1947年に『バラエティ・ガール』で初監督を務めた。

ヒット曲にはならなかったが、『バラエティ・ガール』の「タイアード」のヴァージョンでジャズ界における彼女の地位が高まった。 彼女は40年代にコロンビアなどいくつかのレーベルで録音し、1952年にコーラルと契約してようやくヒットを飛ばした。 ドン・レッドマン・オーケストラをバックにした「Takes Two to Tango」がトップ10に入った。 同年、彼女はドラマーのルイ・ベルソンと結婚し、彼はデューク・エリントンのもとを去って彼女の音楽監督になった。 ベイリーは50年代初期にコーラル社で数枚のアルバムを録音し、1954年の映画『カルメン・ジョーンズ』では占い師として出演した。 その後、W.C.ハンディの伝記映画『セントルイス・ブルース』や、ガーシュウィンのオペレッタ『ポーギーとベス』の初の映画化作品に出演するなど、さらに主演を重ねた。

1959年、新しいレコーディング契約(ルーレット社)のため、方向転換をする。 二枚舌のLP『For Adults Only』がラジオで放送禁止になった後、大ヒットとなり、60年代前半に同様のアルバムが続出するきっかけとなった。 ブロードウェイにも出演し続け、1970年には『ハロー、ドリー!』のタイトルロールでトニー賞を受賞した。 1971年にはテレビのバラエティ番組を担当したが、数年後に現役を退いた。 1976年には国際連合へのアメリカ代表団に任命され、1988年には自由勲章を授与された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。