トム・ぺティのハートブレイカーズは再結成の可能性について話し合った

ハートブレイカーズのドラマー、スティーヴ・フェローンは、彼とギタリストのマイク・キャンベルは、故リーダー、トム・ぺティなしで再び演奏する可能性について話し合っていると語った

2017年にフロントマンが亡くなったことによりバンドのキャリアに終止符が打たれた。 ローリング・ストーン誌の新しいインタビューでフェローンは、ペティは彼らの最後のツアーを引き受けるべきじゃなかったと語った。”彼はショーを乗り切れるようにオキシコンチンを飲んでいた “と彼は説明した。 「そのため、このようなことが起こるのです。 私が「調子はどうだ? と聞くと、「ただ連れて行ってくれれば大丈夫だ」と言うんです。 そうすると、そのとおりになるんだ。 そうすれば、痛みも消えて、演奏もできるようになる。 でも、ショーの大半を終えて、みんなが騒いでいる間に舞台裏で何か飲んだりすると、自分で歩いて登れるようになることもあったんです。 また、「また君が必要なんだ」と言うこともあった。 彼は俺に腕をまわして、一緒にあの階段を上るんだ」

ペティの腰骨にひびが入っていたことがツアー中に彼に「多くの痛み」を与えていたことを確認したフェローンは、「彼がそれをしなければよかったのに」と言った。 バンド内で「あんなことするんじゃなかった」と言わない人はいないでしょう。 本当に彼があんなことをしなければよかったのに」と言わないバンドマンはいないと思う。 俺たちはキャンセルして、別の機会にやるべきだったんだ」

ハートブレイカーズが再びステージに登場する可能性について尋ねられたフェローンは、「マイクと少し話したことがある」と指摘した。 マイクはいつも『トムはその時が来たら教えてくれる』と言っていたよ。 トムの死後、かなり波乱万丈な余波があったことは、誰もが感じていることだと思うんだ。 バンドは、トムが望むようなことが起こるまで、何もしようとしなかったと思う」

「もうひとつ難しいのは、このことについてマイクと話したんだけど、トム・ペティ・アンド・ザ・ハートブレイカーズというのはそれほどでもなかったということだ。 トム・ペティ・イン・ザ・ハートブレイカーズだったんだ。 彼はバンドのギタリストとして、そのバンドに不可欠な存在だったんだ。 彼はフロントマンだけではなかったんだ。 …彼は、自分の歌詞を歌うのと同じくらい、僕らと一緒に演奏することを楽しんでいたんだ。 … トム・ペティの死去によって、バンドの大きな部分が失われてしまったんだ。 確かに、僕らの前で誰かに歌ってもらうことはできるけど。 それは問題ないだろう。 しかし、誰がギターを弾くんだ?」

しかし、フェローンは、ある時点で再結成が実現することが重要であることを示唆した。 “トムが亡くなったときの彼のファンは、信じられないほど敏感で、愛情に満ちていた。”と彼は指摘する。 「今でも何人かのファンとは連絡を取り合っているんだ。 本当に、本当にいい人たち、いい人たちなんだ。 トムはファンを愛し、ファンもトムを愛していた。 何もしないのはフェアじゃないと思うんだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。