チョ・ギュヒョン

2006-09: キャリアビギニング編集部

参照。 スーパージュニア、スーパージュニア-K.R.Y, とSuper Junior-M

キュヒョンは2006年、Super Junior(旧Super Junior 05、SMエンターテインメントの12人組ローテーションボーイズバンドの第1世代)の新メンバーとして正式にデビューした。

キュヒョンは5月23日のニュース放送でSuper Juniorのアルバイトモデルとして初めて登場し、ニューシングル「U」を紹介、数日後の5月27日にSBSのI-Concertで「U」でデビューし、これはグループの常設公演として最初のカムバック公演でもあった。 6月7日に発売されたCDシングル「U」は、2009年に「Sorry, Sorry」が発売されるまで、グループの最も成功したシングルとなった。 このトリオは11月5日、KBSの週刊音楽番組「ミュージックバンク」でデビューした。 その後、キュヒョンはtvNドラマ『ハイエナ』でソロ曲「Smile」を発表した。

2008年、キュヒョンはスーパージュニアの中国サブグループ、スーパージュニア-Mに加入した。 4月8日に初のミュージックビデオ「U」を公開し、第8回ミュージック・チャート・アワードで中国デビューを果たした。 このデビューに続いて、グループのスタジオアルバム『Me』を中国と台湾の一部地域でリリースした。 また、キュヒョンは2008年初めにThe Graceとコラボレーションし、The Graceのファーストアルバム『Hanbeon Deo, OK?”』で「Just For One Day」(하루만)を披露した。 2009年、キュヒョンはユ・ヨンソクの20周年記念トリビュートアルバムで、ユ・ヨンソクの「7 Years of Love」(7년의사랑)をリメイクして歌った。 キュヒョンは、テレビ番組『ユ・ヒヨルのスケッチブック』でこの曲を初披露した。 6月30日、この曲はデジタルシングルとして、またユのトリビュートアルバムとしてリリースされ、その収益金はすべてユニセフに寄付された。 ソロ曲の成功に続き、キュヒョンはバンドメンバーのドンヘと女優ハン・ジミンと共に、8月20日、洗顔料ハッピーバスのCMテーマソング「ハッピーバブル」のミュージックビデオに出演した。 この曲は、リアルタイムの音楽ポータルチャートで1位を記録した。 8月5日、キュヒョンはテレビドラマ『製パン王、キム・タックグ』のために3曲目のソロ曲「希望、眠らない夢」(희망은 잠들지 않는 꿈)を発表した。

2012年12月29日、MBC芸能大賞でのチョ・ギュヒョン

11月にキュヒョンは、レーベルメイトのTRAXのジェイ、SHINeeのジョンヒョン、デビューしたばかりの歌手ジノ(現在はPentagonのメンバー)とともにプロジェクトグループSM The Balladを結成した。 SMエンターテインメントのボーカルユニットグループと説明されたが、オリジナルメンバーが一緒にプロモーションするのはその冬だけであった。 11月29日にデビューアルバム『Miss You』をリリースし、その前日に音楽番組『Inkigayo』でデビューを果たした。 2014年まで活動を休止していたが、キュヒョンがTRAXのジェイとジノとともにS.M.The Balladを脱退し、ジョンヒョンが唯一のオリジナルメンバーとして残ることとなった。

2010年12月15日から2011年1月中旬まで、ソウルの忠武アートホールで行われた『三銃士』でTRAXのジェイと共にダルタニアンを演じ、ユ・ジュンサン、イム・ギジュン、キム・ムヨル、ダナ・ホンとともに共演した。 ダルタニアン役を演じた彼は、2010年ゴールデンチケット賞のミュージカル・ライジングスター賞のオンライン投票で1位になった。

2011年、キュヒョンはグループ仲間のシウォンのドラマ『ポセイドン』に “The Way to Break Up” という曲で参加した。 このシングルは、ユン・ジョンシンが作曲し、ユンのマンスリープロジェクトアルバムにも収録された。 キュヒョンは同年末、ユンの11月の月例プロジェクトで「晩秋」を歌った。 また、KBSの音楽番組『不滅の歌2』に、グループ仲間のイェソンに代わって出演した。

キュヒョンはスーパージュニアの番組『フォーサイト』で4人の固定MCのうちの1人となり、9月にはMBC『ラジオスター』で同じメンバーのヒチョルに代わってMCとして出演した。

2012年、キュヒョンはブロードウェイミュージカル『Catch Me If You Can』の韓国版で、ウム・ギジュン、キム・ジョンフン、パク・グァンヒョン、SHINeeのキーと交代でフランク・アバグネール・ジュニア役に起用された。 このミュージカルは3月28日から6月10日までソウル漢南洞のブルースクエア三星カードホールで上演された。

「三銃士」でのキュヒョン、2013/4/7

2012年12月から2013年2月まで再演された「Catch Me If You Can」ではフランク・アバグネール・ジュニアを再び担当することになった。 2013年3月から4月にかけて、『三銃士』の再放送でダルタニアン役に起用された。

2013年5月、KBS 2TV『マンマ・ミーア』の新MCとして、レーベルメイトのSHINeeのミノに代わってキュヒョンが出演することが発表された。 その後、6月にレーベルメイトであるヘンリーのソロデビュー曲「Trap」にシャイニーのテミンとともにフィーチャリング参加。 翌月には修士課程に入学した。 報道関係者は、キュヒョンと同級生のキム・ヨンジの卒業を、芸能スターが学業に真剣に取り組む珍しい例として報じ、これに対してキュヒョンは「大学に入るために努力したので、とても愛着がある」と発言している。”

2014-15年:『光化門で』『秋、もう一度』でソロデビュー編集部

2014年1月18日から2月23日まで、ソウル芸術の殿堂で行われたMBC『太陽を抱く月』のミュージカル化でキュヒョンは少女時代のソヒョンとともに主演をつとめた。

2014年6月のキュヒョン

5月、キュヒョンがミュージカル『Singin’ In The Rain』にドン・ロックウッド役で、少女時代のサニーと共演して主演すると発表された。 このミュージカルは、エス・エム・エンタテインメントの子会社であるSM C&Cが制作し、6月5日から22日までソウルの忠武アートホールで上演された。

その後、キュヒョンは自身5作目のミュージカル『The Days』に出演が決定した。 彼は2番目の主役であるムヨンを演じ、機知に富み、自由奔放なブルーハウスの警備員であった。 キュヒョンは俳優キム・スンデ、オ・ジョンヒョク、チ・チャンウクと共にキャラクターを回転させた。 ミュージカルは2014年10月21日から2015年1月まで上演された。

2014年11月13日、キュヒョンはデビューアルバム『光化門で』をリリースし、スーパージュニアのメンバーとして初めて単独デビューを果たした。 キュヒョンは11月14日、KBS2「ミュージックバンク」で音楽番組に初出演した。 アルバム発売からわずか12時間後、タイトル曲「At Gwanghwamun」は韓国の9つのデジタルチャートすべてで首位を獲得し、「オールキル」を達成したのである。

12月、キュヒョンはミュージカル『ロビン・フッド』のフィリップ王子役で主演することが発表された。 ビーストのヨソプ、俳優のパク・ソンファンと交代で出演した。 ミュージカルは2015年1月にソウルのD-Cube Arts Centerで開幕した。

KCON 2015に出演したキュヒョンさん。

2015年初め、キュヒョンはTVXQのチャンミン、シャイニーのミンホ、CNBLUEのジョンヒョン、Infiniteのソンギュ、Exoのスホとともにニュース系KBSリアリティ番組「フラッタリング・インディア(두근두근 인도)」に起用されました。 撮影は2月中ムンバイで行われ、第1話は2015年4月10日に公開された。

3月25日、シンガーソングライターのイ・ムンセがニューアルバム『ニューディレクション』でデュエットパートナーにキュヒョンを選んだことが発表された。 2人のデュエット曲「She is Coming」は4月7日に発売された。

2015年10月14日、タイトル曲「A Million Pieces」を収録したキュヒョンのセカンドEP「秋、もう一度」が発売された。”

2015年11月、キュヒョンはSMエンターテインメントのコンサートシリーズ「The Agit」の一環として、SMTOWNのコエックスアルティアム内SMTOWNシアターで初のソロコンサート「And it’s Fall Again」を開催した。 キュヒョンは6回のコンサートを開催し、チケットは46秒で完売した。 その月の後半には、次のシングル「The Day We Felt The Distance」をリリースした。

2015年11月から2016年1月まで、キュヒョンはミュージカル「ウェルテル」の15周年記念公演で主役を演じた。 俳優のウム・ギジュン、チョ・スンウと交代で出演した。 キュヒョンはミュージカルのOSTアルバムにも参加した。

2016-17年:日本プロモーション、Waiting、Still、軍入隊編集

2016年4月11日から6月5日まで、キュヒョンは日本で「Super Junior Kyuhyun Japan Tour 2016 ~Knick Knack~」と題したソロツアーを開催した。 福岡、札幌、大阪、広島、横浜、名古屋、東京など、複数の都市で公演を行った。 また、ツアーに続き、キュヒョンは5月25日に日本デビューシングル「Celebration ~Bridge to You~」をリリースした<3653><3635>22日、SMエンターテインメントは、声帯結節によりキュヒョンが活動を休止すると発表した。 手術を受け、出演中のミュージカル「モーツァルト」への出演や、ラジオスターでの2週間のレコーディングなど、活動を一時的に中断した。

2016年10月、人気歌手ソン・シギョンがキュヒョンの次期アルバムで作曲に参加し、同年内に発売予定であることが発表された。 キュヒョンは10月29日から30日にかけて梨花女子大学で、11月5日から6日にかけて釜山ベクスコ・オーディトリアムで行われた自身のコンサートReminiscence of a novelistで新曲を披露した。 11月10日に3rd EP『Waiting, Still』をリリース。 ダブルタイトル曲を含むこのアルバムは、「Blah Blah」は人気シンガーソングライターのユン・ジョンシンが、「Still」は人気バラード歌手のソン・シギョンがプロデュースした。

2016年12月、キュヒョンは2017年2月8日に日本ファーストアルバムOne Voiceをリリースすると確定、同年1月18日から3月5日まで2度目の日本ツアー「Super Junior-Kyuhyun Japan Tour 2017 ~One Voice~」を開催した。 One Voice」はオリコンのデイリーチャートで1位を獲得し、1週間足らずでオリコンの週間アルバムチャートで1位を獲得しました。 このアルバムで、キュヒョンはグループ出身の外国人男性ソロアーティストとして初めてチャート1位を獲得した。

2017年5月、キュヒョンが入隊日前日の5月24日に「今はさよなら」というシングル曲をリリースすると発表。

2019年から現在に至る。 軍から復帰、スーパージュニアとカムバック、PROJECT : 季刊編集

2019年5月7日に義務兵役から除隊したキュヒョンは、5月19日に京畿大学平和会館でファンミーティング「今日も会う」を開催した。 ラジオスター』のMC復帰は辞退し、『新西遊記』の第7シーズンに復帰し、『ソルティツアー』と『カンズキッチン』の第2シーズンに参加する予定だ。 2019年下半期にはスーパージュニアのフルラインナップが収録されたアルバムに参加する。

2019年5月14日、キュヒョンは除隊後初のシングル「君との時間」をリリースした。 また、5月20日にはリードシングル「エウォルリ」を収録したニューEP「The Day We Meet Again」をリリース。 除隊後、自身のYoutubeチャンネル「KYU TV」もスタート。

ドラマ『天気がいいとき』OSTのPart3として、キュヒョンが「All Day Long」をレコーディングした。 この曲は2020年3月16日に発売され、ガオンミュージックチャートで142位を記録した。 また、Super Juniorのメンバーは、tvNの人気ドラマ『病院のプレイリスト』のOST Part4として、イ・スンファンの1993年のヒット曲『告白は派手にしない』のリメイクバージョンをレコーディングした。 このリメイク版は2020年04月03日に発売され、ガオンミュージックチャートで8位を記録した。 また、キュヒョンがリメイクした「告白は派手にしない」は第30回ソウル歌謡大賞の最優秀OSTにノミネートされた。

2020年6月、キュヒョンは仲間のスーパージュニアKと一緒に出演。R.Yは2006年のデビュー以来初の韓国EP『When We Were Us (EP)』(푸르게 빛나던 우리의 계절)をリリースした。

2020年7月23日、キュヒョンは「Project: 季」シリーズの第1弾としてシングル「Dreaming」のミュージックビデオを公開した。 このプロジェクトのコンセプトは、キュヒョンが1年間、季節ごとにシングルをリリースする計画で、「Dreaming」は夏の季節を代表するシングルだ。

2020年8月23日、トゥーンスタジオは、キュヒョンがウェブトゥーン『彼女は私のタイプ』で録音したOST「The Moment My Heart Flinched」を発表した。 同曲はガオンミュージックチャートで5位を記録した。

2020年10月08日にリリースされたキュヒョンのProject: 季シリーズのセカンドシングルのタイトルは「Daystar」である。 “Daystar “は秋の季節を表現しており、MVには俳優のユ・ヨンソクが出演しています。

2021年1月13日、EMKミュージカルはミュージカル「ファントム」のキャストティーザーを公開し、キュヒョンはパク・ウンテ、カイ、チョン・ドンソクとともに主役の「ファントム」にキャスティングされている。 ファントム」は、1909年に発表されたガストン・ルルーの代表的な小説「オペラ座の怪人」を原作とするミュージカルで、「オペラ座の怪人」の原作者であるパク・ウンテ、カイ、チョン・ドンソクの3人が出演しています。 このミュージカルのチケットは2021年1月19日に開始され、2021年3月17日から2021年6月27日まで上演されることが決定しています。

冬の季節を代表する「Project: 季」の3枚目のシングルは、2021年1月26日にリリースされ、タイトルは「Moving On」である。 ミュージックビデオには、俳優のコンミョンと女優のチェ・スビンが出演している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。