チェイス 3,193ドル入金してくれてありがとう、ここに200ドルの資金不足の手数料があります

ジョアンナは大学から学資援助小切手をチェースの当座預金口座に入金した。 彼女は以前にもこのようなことをしたことがありましたが、今回は何かがうまくいきませんでした。

22日水曜日、私は大学から3,193.00ドルの学資援助小切手を預け入れました。 口座には$33.03の残高がありました。 私は銀行のATM機を通して入金したのですが、伝票には、私がすでに入金した後で小切手に保留があるかもしれないと書かれていました。 翌日の22日、残高を確認するためにATMに立ち寄りました。なぜなら、銀行が私の預金から保留を解除するまでの間、私にいくら使えるようにしてくれたのか、思い出せなかったからです。 すると、全額使えるという。

その日は、ガソリン代や昼食代などにデビットカードを使いました。 全部で6回ほどの小さな取引です。 今日、私は大きな食料品リストを作り、先週から楽しんでいた学生の主食であるラーメン以外のものを食べられることに感激し、玄関に向かいました。

驚いたことに(あるいはそうでなくても)今日私がデビットカードを使ったとき、それは通らなかったのです。 私は近所のChaseの支店に行き、利用可能残高をチェックしました。 私はマイナス390ドルでした! 私のお金に何が起こったのだろうと思い、心臓が止まりました。 私は支店に行き、私の口座について誰かと話すように頼みました。 私は上記のことをすべて説明した。 彼らは、私が持っていた残高を示すATMレシートは、私の元帳残高だけを示しており、私の利用可能な残高を示していないこと、そして、私は私の預金に保留があったことを私の預金伝票から知るべきだったことを私に言った。

担当者(名札をつけていなかった)は、「ああ、手数料を払う気があるなら、ATMはあなたにお金を転送しますよ」と言ったのです。 ここで、「ATMから言われなかったら、どうして手数料を取られるってわかるんだ」と、かなり放念しました。 それはちょうど私にお金を与えた!」。 つまり、銀行は私が資金を持っていないことを知っていて、とにかく私に資金を渡し、そして私に告げずにNSF手数料を請求したのです。 このようなことがデビット取引で起こるのは理解できますが、これはあなたのATMです!」

担当者は私に同意すると言ったので、私は手数料を取り除くことができるかどうか尋ねました。 彼女はそれはできないと言い、その手数料を取る唯一の方法は、私の入金が「通過」した後に銀行がミスをしたと判断した場合、銀行が私に返金のために連絡することだと言いました。 はあ!? 最悪なのは、このせいで、その日6回分のNSF手数料を取られてしまったことです。 最初の2つの取引は、私の古い残高$33.03でカバーできたはずですが、チェースは金額の大きいものから小さいものの順に取引をカバーするというポリシーを持っているので、その$33はATMのNSF手数料を支払うために使われたのです!

以前、学校からの小切手を預けたことがあるので、小切手の保留を解除するために何かできることはないかと尋ねてみました。 その担当者は、私が新しい口座に入金したので、それも選択肢にはないと言いますが、それは本当です。 私は4年前からChaseの顧客で、すでに当座預金と普通預金の両方の口座を持っていましたが、2ヶ月ほど前に2つ目の口座を開設しました。 このことを説明すると、彼女は、私が何年取引しているかは関係なく、それはすべての新しい口座に対するポリシーに過ぎないと言うのです。 そこで、保留が解除されるまであとどれくらいかかるか尋ねると、あと7日はかからないと言うのです!

これまでChaseと問題を起こしたことはなかったのですが、彼らがすべてに対して答えを持っているように見え、自分たちの失敗の責任を完全に回避することができることにとても苛立ちを覚えました。 このようなことがあると、「このままではダメだ」と思ってしまいます。 私はその場で立ち止まり、振り返って「そんなことはない、お嬢さん!」と叫びました。

もう腹が立ってしょうがない。

Johannaさん、あの嫌味な銀行員に「Go @$#@ yourself」と怒鳴らなかったことに拍手を送りたいです。 あなたは明らかにとてもいい人で、Chaseが提供できる以上の待遇を受けるに値します。

私たちは、Johannaがすべき最善のことは、この問題をトップに押し上げることだと考えています。 ChaseにEECB(エグゼクティブ・メール絨毯爆弾)を仕掛け、手数料を免除し、お金を解放するよう要請してください。 ここに連絡先があります。 EECBを開始するための詳細については、ここをクリック

(Photo: epicharmus )

Editor’s Note: この記事はもともとConsumeristに掲載されたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。