ジョー・ラカバ氏、キャディの殿堂入り

ジョー・ラカバ氏は、非常に良いシーズンを過ごしました。

4月にニュータウンのラカバ氏は、マスターズでタイガー・ウッズ氏のメジャー15勝目を助けましたが、これはフレッド・カップル氏が同じことをして以来という驚くべきものでした。

7月、コネチカット州に戻ったジョーは、レディング・カントリー・クラブで行われたCSGAの父子ネット・トーナメントで、息子のジョセフ(写真)とともに優勝しました(ここでの「トロフィー」は、彼の息子が本当にゴルフに夢中になっているという知識です)。

そして先週シカゴで行われたBMW選手権で、ラカバはキャディの殿堂入りを果たし、同じくコネチカット州の故ブルース・エドワーズ、「フラフ・カワン」、ジム「ボーンズ」マッケイ、アンジェロ・アルゲア、マレー兄弟、ジャック・ニクラウスらと名を連ねました。 「私はちょうど競争だと私は負けを憎むので、私はキャディーを愛しています。 というのも、私は負けず嫌いなんです。 ラカバのバッグで、カップルは1992年のマスターズ優勝と1996年のプレーヤーズ選手権を含む、PGAツアーで12回優勝しました。 このような、”30年以上、ジョーはプロフェッショナリズムを体現し、世界中のキャディのプロファイルを高めた “とヴィンスPellegrino、BMW選手権を行う西部ゴルフ協会のトーナメントの上級副社長は述べています

ラカバ、55、またデービスラブIII、ジャスティンレナードとダスティンジョンソンの前に働いてきたウッズと結合すると、ゲームで最も認識キャディの一つとなって。

ジョーは男の中の男で、キャディの中のキャディだと、選手もキャディも口を揃えて言う。

彼は、ゴルフ界の多くの人がタイガーのスターを見限ったとき、タイガーに固執したことで知られており、その信頼は今年4月のタイガーのメジャー15勝目に大いに関係した。 ラカバにとって、それは難しい決断ではありませんでした。 「あと100年生きられるなら、あと100年待ちたい」と、ラカバはキャディ・ネットワークに語っている。 「タイガーが私を必要としている限り、私はタイガーのために働かないわけにはいかなかった。 私はただ彼のために働きたいだけで、他の誰のためでもないのです。 というのも、タイガーは、そのようなことを考える友人がいたことを知り、少しは助けになったと思うからです」

ラカバは、メディナカントリークラブで行われたBMWチャンピオンシップのガードナー・ハイドリックプロアマの後に殿堂入りを果たしました。 2011年から西部ゴルフ協会によって運営されているキャディーの殿堂は、キャディーを通じて、またはキャディーの役割をサポートすることによってゴルフのゲームに人生を捧げた個人を表彰することによって、キャディーの伝統と重要性を浮き彫りにしています。 過去の殿堂入り者には、チャールズ・”チック”・エバンス、スティーブ・ウィリアムズ、トム・ワトソンなどがいます。

タイガーもラカバの表彰式に出席し、2011年にタイガーから「キャディをやってみないか」と誘われたときの反応をジョーが笑いながら話してくれました。 ラカバの返事は「F—yeah!」だったと、彼は観衆に語った。 当時、ラカバはダスティン・ジョンソンというほとんど無名の選手のキャディをしていた。

ジョーは、タイガーの次の勝利にも、メジャーかどうかにかかわらず、必ず立ち会うだろう。 そして、前回の優勝後にタイガーから受け取ったメッセージを決して忘れることはないだろう。 彼はこう言ったんだ。『俺たちはやり遂げたんだ、一緒に戦ってくれてありがとう、兄弟のように愛しているよ』とね。 「そして、私もそれに似たようなメッセージを返したわ。 その日、ジョーは30年前にオーガスタで優勝を手伝った選手から、またメールをもらったという。 「フレッド・カップルズが書いてくれたんだ。 「92年に優勝したときよりも興奮しているよ。 それが彼なんだ」とラカバは言った。

そして、それがジョー・ラカバという人物なのです。 自分のために働いてくれる人たちのベストを引き出す傾向のあるパートナーだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。