サイバーセキュリティリスクとは? 徹底的な定義

サイバーセキュリティ リスクとは、組織に対するサイバー攻撃やデータ侵害の結果、露出または損失が発生する確率のことです。 より良い、包括的な定義は、組織の技術インフラ、技術の使用、または評判に関連する潜在的な損失や損害です。

コンピュータ、ネットワーク、プログラム、ソーシャルメディア、およびデータへの依存が世界的に高まっているため、組織はサイバー脅威に対してより脆弱になっています。 一般的なサイバー攻撃であるデータ漏洩は、ビジネスに多大な悪影響を及ぼし、多くの場合、十分に保護されていないデータから発生します。

グローバルな接続性と、デフォルトのセキュリティ パラメータが不十分なクラウドサービスの使用の増加は、組織の外からサイバー攻撃を受けるリスクが高まっていることを意味します。 歴史的に IT リスク管理とアクセス制御で対処できたことが、今では洗練されたサイバー セキュリティの専門家、ソフトウェア、およびサイバー セキュリティ リスク管理によって補完される必要があります。

情報セキュリティを従来の情報技術の専門家とセキュリティ制御に依存するだけでは、もはや十分ではありません。 組織のサイバー リスクを低減し、潜在的な攻撃表面を強調するための脅威インテリジェンス ツールやセキュリティ プログラムが明らかに必要とされています。

意思決定者は、サード パーティ ベンダーの優先順位を決める際にリスク評価を行い、侵害が発生した場合に備えてリスク軽減戦略とサイバー インシデント対応計画を策定しておく必要があります。

サイバーセキュリティとは

サイバーセキュリティとは、組織の知的財産、顧客データ、その他の機密情報をサイバー犯罪者による不正アクセスから保護するために設計された技術、プロセス、慣行のことを指します。 サイバー犯罪の頻度と深刻さは増加傾向にあり、すべての組織の企業リスク プロファイルの一部として、サイバーセキュリティ リスク管理を改善することが強く求められています。

組織のリスク選好度にかかわらず、企業のリスク管理プロセスおよび通常の業務運営の一部として、サイバーセキュリティの計画を含める必要があります。 これは、あらゆるビジネスにとってのトップリスクの1つです。

What Is the Business Significance of Cyber Attacks?

General IT Security controls are useful, but they are insufficient for providing cyber attack protection from sophisticated attacks and poor configuration.

All Rights Reserved.

テクノロジーの普及により、組織の情報への不正なアクセスはかつてないほど多くなっています。 第三者は、サプライチェーン、顧客、その他の第三および第四のプロバイダーを通じて情報を提供されることが増えています。 さらに、個人を特定できる情報(PII)を外部のクラウドプロバイダーに大量に保管するケースが増えており、データを十分に保護するためには、正しく設定する必要があるため、リスクはさらに大きくなっています。

考慮すべきもう1つの要因は、データ交換のために常時接続されるデバイスの数が増加していることです。 組織がグローバル化し、従業員、顧客、サードパーティベンダーのネットワークが増えるにつれて、情報への即時アクセスに対する期待も高まっています。 若い世代は、どこからでもデータにリアルタイムでアクセスできることを期待しており、マルウェア、脆弱性、その他あらゆる悪用に対する攻撃対象が指数関数的に増加しています。

予期しないサイバー脅威は、敵対する外国勢力、競合他社、組織的なハッカー、インサイダー、設定の不備、サード パーティ ベンダーから発生する可能性があります。 サイバーセキュリティ インシデントおよびデータ侵害の開示に関する義務付けや規制基準が拡大し続けているため、サイバーセキュリティ ポリシーはますます複雑になっており、組織は、サードパーティ ベンダーを管理し、データ侵害を継続的に監視するためのソフトウェアを導入しています。

侵害の可能性を特定、対処、連絡することの重要性は、従来の循環型 IT セキュリティ管理の予防価値を上回ります。 サードパーティおよびフォースパーティ・ベンダーのリスク評価による外部監視は、優れたリスク管理戦略の一部である。

What Are the Key Cyber Risks and Threats?

Cybersecurity is relevant to all systems that support an business operations and objectives, and as well as compliance with regulations and laws. 組織は通常、情報資産の完全性、機密性、および可用性を保護するために、組織全体にわたるサイバーセキュリティ制御を設計し、実装することになります。

サイバー攻撃は、金融詐欺、情報の盗難、活動家の原因、サービスを拒否するため、重要なインフラストラクチャや政府または組織の重要なサービスを妨害するためなど、さまざまな理由で行われます。

サイバー脅威の6つの共通ソースは、以下のとおりです。

  • 国家
  • サイバー犯罪者
  • ハクティビスト
  • 内部関係者やサービスプロバイダー
  • 標準以下の製品やサービスの開発者
  • S3バケットなどのクラウドサービスの設定不良

組織のサイバーリスクプロファイルを理解するには、以下のようにします。 どのような情報が部外者にとって価値があるのか、利用できない場合や破損した場合に大きな混乱を引き起こすのかを判断する必要があります。

どのような情報が取得または公開された場合、組織に財政的または風評的な損害を与える可能性があるかを特定することがますます重要になってきています。 名前、社会保障番号、生体認証記録など、個人を特定できる情報 (PII) について考えてみてください。

サイバー犯罪者の潜在的なターゲットとして、以下を考慮する必要があります。

  • 顧客データ
  • 従業員データ
  • 知的財産
  • 第三者および第四者ベンダー
  • 製品品質および製品番号
  • 。 安全性

  • 契約条件と価格
  • 戦略的計画
  • 財務データ

Who Should Own Cybersecurity Risk in My Organization?

サイバーセキュリティ リスク管理は、一般的にリーダーシップによって設定され、多くの場合、組織の取締役会を計画プロセスに含めます。 また、ベストインクラスの組織では、情報資産と顧客データが適切に保護されるように、企業のビジョン、戦略、およびプログラムを確立し、維持する直接の責任を負う最高情報セキュリティ責任者 (CISO) が存在します。

CISOが担当する一般的なサイバー防衛活動には、以下のようなものがあります。

  • セキュリティ手順、トレーニング、およびテストの管理
  • 安全なデバイス設定、最新のソフトウェア、およびセキュリティの強化の維持。 3685>
  • 侵入検知システムの導入および侵入テスト
  • ビジネスネットワークを管理および保護することができる安全なネットワークの構成
  • データ保護および損失防止システムの導入
  • データ保護および損失防止システムの導入 プログラムおよび監視
  • 必要最小限の権限によるアクセス制限
  • 必要に応じてデータの暗号化
  • クラウドサービスの適切な設定
  • 内部および第三者による脆弱性管理の実施
  • クラウドサービスの適切な設定パーティ・スキャン
  • サイバーセキュリティ専門家の採用と維持

CISOなどのサイバーセキュリティ専門家をサポートする規模が組織にない場合。 サイバーセキュリティリスクの経験を持つ取締役は、非常に貴重である。

そうは言っても、組織のすべてのレベルが、サイバー リスクを管理する上での自分の役割を理解することが重要です。 脆弱性はどの従業員からも生じる可能性があり、データ漏洩やその他のサイバーインシデントにつながる可能性のある一般的なセキュリティの落とし穴を回避する方法について従業員を継続的に教育することが、組織の IT セキュリティにとって基本的なことなのです。 米国標準技術局 (NIST) のサイバーセキュリティ フレームワークは、サイバーセキュリティ リスクを管理するためのベスト プラクティスを提供しています。 組織は決して安全すぎるということはありません。 サイバー攻撃は、組織のどのレベルからでも起こり得るので、IT 部門に任せて忘れてしまわないようにすることが重要です。

サイバーリスクを軽減するためには、すべての部門とすべての従業員の協力が必要です。

正しい予防策を講じなければ、あなたの会社、さらに言えばあなたの顧客のデータが危険にさらされる可能性があるのです。 サードパーティベンダーのリスクをコントロールし、潜在的なデータ漏洩やクレデンシャルの流出がないか、継続的にビジネスをモニターできるようにする必要があります。

How Upguard Can Reduce Your Cybersecurity Risk

UpGuard は Intercontinental Exchange, ADP, The New York Stock Exchange, IAG, First State Super, Akamai, Morningstar や NASA などの企業のデータ保護と侵害防止を支援しています。

私たちは、サードパーティのリスクを制御し、セキュリティ姿勢を改善するために、ベンダーを継続的に監視、評価、セキュリティアンケートを送ることができます。

違反行為を防止し、規制上の罰金を避け、顧客を保護するには、アップガードブリーチサイトのサイバーセキュリティ評価と継続的な暴露検出を信頼してください。

デモを今日予約する

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。