コーヒーに黒砂糖? 白砂糖よりおいしい?

目次

深入り派はブラックコーヒーを好むが、苦味を消すために砂糖を入れてコーヒーを楽しむ人も少なくない。

黒砂糖は人気のある甘味料の1つです。そこで、コーヒーに黒砂糖はどうなのかという疑問が生じます。

概要

コーヒーには白砂糖を使うのではなく黒砂糖を使うべきであると言われています。 その他、メープルシロップ、ハチミツ、その他の甘味料もよい選択です。 黒砂糖には様々な種類があります(詳細は後述)

コーヒーに黒砂糖は良いのでしょうか?

黒砂糖は単なる甘味料ではありません。 黒砂糖に含まれる糖蜜が、より複雑な風味を与え、コーヒーにとてもよくなじみます。 7409>

黒糖は紅茶よりもコーヒーとの相性が良いのです。 コーヒー党の方は試してみてはいかがでしょうか。

黒砂糖は糖蜜が含まれているため、ミネラル分が多くなっています。

糖蜜にはカリウム、カルシウム、マグネシウム、チタンなど白砂糖には含まれないミネラル分が含まれています。

黒砂糖と白砂糖

一般に、黒砂糖はより土っぽい糖蜜のような味がして、ただ甘いだけの白砂糖よりもコーヒーサプリとして優れていると考える人もいるかもしれません。 白砂糖は糖蜜を完全に取り除いたものであるため、若干の加工が施されています。 しかし、黒砂糖は糖蜜がほんの少し残っている状態で、少し早めに製造工程を止めた結果です。

黒砂糖はダイエットに良いの?

黒砂糖はショ糖が95%、糖蜜が5%で、風味としっとり感が加わりますが、栄養的には白砂糖より大きなメリットはありません。 そのため、黒砂糖には白砂糖と同等の健康リスク要因があり、糖尿病患者や減量に役立つものとして推奨してはなりません。

黒砂糖は健康に良いのでしょうか?

コーヒー1杯のカロリーはわずか1~2キロカロリー、考えてみればすごいことです。 ほぼ全くカロリーがない代償に、濃厚で甘い飲み物が飲めるのです。 一般的に、カフェインを取り過ぎない限り、エスプレッソはかなりヘルシーです。

しかし、アイテムを追加し始めると、カロリーがカチカチになってきます。

白砂糖より黒砂糖の方がヘルシーですか?

  • 白砂糖は大さじ1杯(4グラム)で約16キロカロリーです。
  • 黒砂糖は大さじ1杯(4グラム)で約17キロカロリーあります。

このように、砂糖をかけるスプーン1杯ごとにカロリーが積み重なっていきます。

注:300mlで最大30gの砂糖が取れる炭酸飲料よりさらに優れています。 ほぼ140キロカロリーです。

また、ナトリウムは2mgで、1日のナトリウム摂取基準2300mgの1000分の1です。 砂糖のナトリウム量に当たることはありません。

つまり、2種類の砂糖(黒砂糖と白砂糖)は栄養的には同じなのです。 米国農務省によると、黒砂糖は小さじあたり約17キロカロリーを生成し、白砂糖の小さじあたり16キロカロリーと比較して、

その糖蜜コンテンツのため、黒砂糖は多くのミネラル、特にカルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム(白い砂糖はこれらのどれも含まれていません)を含むのです。 しかし、これらのミネラルは極微量にしか含まれていないため、黒砂糖を使うことによる健康上の利点は特にないのです。 両者の本当の違いは、風味と焼き菓子への影響です。

黒砂糖とは何ですか、そしてどのように作られるのですか?

砂糖の原料は主に2種類あります:

サトウキビ糖とビート糖です。

どちらも砂糖の商業生産に使用できるほど十分に高いショ糖レベルを持っています。

ビートでもサトウキビでも、まず圧搾してジュースを抽出し、それを煮詰めて減らし、遠心分離機にかけ、糖分を結晶化させることが行われます。

砂糖の結晶はもともとショ糖と糖蜜が結合したもので、黒糖か白砂糖かによって糖蜜の有無が決まります。

粗糖の定義は、砂糖と糖蜜を混ぜたものです。

粗糖は甘いだけでなく、様々な風味を兼ね備えており、チョコチップクッキーなどの粗糖が良い風味である理由の一つです。

広く誤解されているのは、黒砂糖と粗糖は同じだということです。 黒砂糖や白砂糖とは対照的に、粗糖は未精製または部分的に精製されたものです。

粗糖のショ糖の結晶は、通常の黒砂糖に比べて大きく、粗く、柔らかくないのが特徴です。 甘くするために、農家はさらに糖蜜の薄い層を残して原料糖を磨き、黒糖の滑らかさとしっとり感を保ちます。

現在、メーカーは砂糖結晶のスケールと色を監視するために、加工工程中に糖蜜を維持せず、白い加工糖に再導入する傾向があります。 黒砂糖は料理の目的によって使い分けられるため、人々は黒砂糖の一形態を好む。

砂糖の他の形態としては、以下のものがある。

薄茶糖

薄茶糖は、天然の砂糖を白糖に加工し、多少の風味を出すために糖蜜を加えたものです。

約3.5%の糖蜜を含む薄茶糖は繊細な味と柔らかい色をしています。 薄力粉は広く出回っており、お菓子作りに利用されています。 黒糖が細かいほど味もきめ細かくなります。

なぜメーカーはわざわざ砂糖を精製して糖蜜を戻すのかと思うかもしれませんが、実は糖蜜の量や粒度をより細かくコントロールするためなのです。 また、砂糖の糖蜜だけで、他のミネラルは一切含まれていません。

黒砂糖

中黒糖は、薄目黒糖と全く同じですが、薄目黒糖よりも糖蜜を少し多く戻しています。

昔ながらの黒糖は、糖蜜が6.5%含まれています。 7409>

デメララ糖

デメララとは、半精製された砂糖のことです。 味はかなり濃厚で土っぽく、自然にチョコレートに含まれるものに近いため、実はコーヒーに合う黒砂糖の一つです。

黒砂糖を入れたコーヒーの味は?

黒糖の味は、コーヒーの味を引き立てるという説があります。

私はコーヒーに黒砂糖を入れるのが好きです。よく混ざり、土の味と自然の味がします。 コーヒーにメープルシロップを入れるのも好きですが、なければ白砂糖より黒糖や粗糖を選びます。

対照的に、黒糖入りのコーヒーはより自然な味になりますね。 例えるなら、白砂糖のコーヒーは少し人工的な味がして、甘くしたコーヒーという感じです。

結論

確かに甘味料に関しては人工甘味料より有機甘味料を使ってみたいですね。 糖尿病で絶対に砂糖がダメな人以外は、コーヒーに黒砂糖を使うことを選びましょう。 健康志向の方は、苦味を抑える程度に少量の砂糖を入れればOKです。

体重を管理している方、少しでもカロリーを抑えたい方は、ある程度計算をして厳しい選択をする必要がありますね。 小さじ1杯の砂糖は17キロカロリーです。甘いコーヒーを飲みたいなら、17キロカロリーをどこかで減らさなければなりません。

代わりに、ブラックコーヒーの飲み方を学びましょう。とにかく炒りたての豆を買い、抽出する直前に挽いて、コーヒー本来の形を愛してください!

このように、コーヒーを飲むというのは、とても大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。