クリス・チリッツァ

小説家、そして保守派作家ジョージ・ウィルのインターンを経て、チリッツァはジャーナリズムの世界でキャリアをスタートさせた。 当初はスポーツライターとして働くことを希望していましたが、スポーツは政治より「楽しくないだろう」と判断しました。 その後、ワシントンD.C.の新聞「ロールコール」で働き、ワシントン・ポスト紙に入社した。 クック・レポート」では、州知事選や南部下院選を担当した。 Congress Daily』では政治に関するコラムを執筆した。 2001年6月に入社したロールコール紙での4年間は、大統領レベルから議会レベルまでの選挙政治を取材し、ロールコール紙のホワイトハウス特派員として勤務を終えた

フリーランスの仕事は、アトランティック・マンスリー、ワシントンアン、スレートなどの出版物に掲載されています。 また、CNN、Fox News Channel、MSNBCにゲスト出演しています。 同ネットワークに何度もゲスト出演した後、MSNBCの政治アナリストに任命されましたが、CNNの職を得たため、その職を辞しました。 また、Meet the Pressのパネリストとしても頻繁に登場している。

The FixEdit

Cillizzaは2005年にブログThe Fixを創設し、2017年にCNNに加わるまで定期的に執筆していた。 ブログの焦点はアメリカの選挙政治で、Cillizza氏は州知事選挙、連邦議会選挙、大統領選挙についてコメントした。 毎週開催されるFixのライブチャットの司会を務めた。 また、ワシントンD.C.のバー「Capitol Lounge」で毎月開催される「Politics and Pints」というトリビアコンテストも監督していた。

MediaEdit

2007年から2008年にかけて、CillizzaはMySpace/MTV Presidential Dialoguesの共同ホストとして、ジョン・マッケイン、バラク・オバマなどを招いてライブストリームで双方向の大統領イベントシリーズを行っている。 Cillizzaと同じThe Washington PostのコラムニストDana Milbankは、The Washington Postが主催するMouthpiece Theaterというユーモアビデオのシリーズに出演していた。 ホワイトハウスの「ビール・サミット」の議論の中で、ヒラリー・クリントンに「マッド・ビッチ・ビール」など、何人かに新しい銘柄を選ぶというビデオで、反発がありました。 6732>

2012年7月、ブロードウェイブックス(ペンギンランダムハウスの一部門)から、著書『The Gospel According to the Fix』が発売されました。 ブログのような形式で書かれており、「ネガティブ広告ベスト10/ワースト10」などのリストや、「政治が引き起こす深い個人的な憎悪」についての取材、2012年と2016年の大統領選挙の予測などが掲載されています。

2014年以降、CillizzaはThe Tony Kornheiser Showのレギュラー共同ホストを務めています。

CNNEdit

2017年4月3日、Cillizzaは「政治記者兼デジタル編集長」としてCNNに加わり、オンラインやテレビで貢献している

2017年6月28日、CNN Politicsは “The Point with Chris Cillizza” を立ち上げることを発表した。 公式プレスリリースによると、この新しい「マルチプラットフォームブランド」は、”毎日のコラム、オンエアでの分析、夜のニュースレター、ポッドキャスト、ワシントンDCでのトリビアナイトイベントの立ち上げ “などを予定しているとのこと。 YouTubeにアップされているこの番組は、毎週火曜日と木曜日にCillizzaがホストする政治分析ビデオを公開している。

また、Cillizzaは個人のInstagramアカウントで、月曜日、水曜日、金曜日に政治的なトリビアを実施している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。