クエン酸を使った掃除の仕方

クエン酸とはいったい何ですか? 柑橘類に含まれる天然の酸化合物ですが、カビによる発酵(例,

類義語

米国のオンラインデータベース ChemIDPlus Lite に記載されているとおりです。 米国国立医学図書館のオンラインデータベース「ChemIDPlus Lite」、米国国立生物工学情報センター(NCBI)のデータベース「PubChem」に記載されているように、クエン酸の通称は以下のとおりです。

  • Aciletten
  • Anhydrous citric acid
  • Chemfill
  • Citrate
  • Citric acid, 無水
  • シトロ
  • シトレテン
  • ヒドロセロールA
  • キセリナ・シトロノバ
  • 2-Hydroxy-1,2.3-プロパントリカルボン酸
  • 1,2,3-Propanetricarboxylic acid, 2-ヒドロキシ-
  • 2-ヒドロキシプロパントリカルボン酸2-ヒドロキシトリカルボン酸3-カルボキシ-3-ヒドロキシペンタン-1,5-ジオイン酸2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸。 77-92-9

  • 分子式: C6H8O7

機能

クエン酸はキレート剤、殺菌剤、防カビ剤、農薬、治療剤、封鎖剤、血液薬剤です。

洗浄用途

クエン酸はバクテリア、カビ、ベスを殺すので一般消毒、洗浄に最適です。 また、石けんカス、硬水の汚れ、カルシウムの沈着、石灰、さびを落とすのにも効果的です。 また、多くの洗浄液に含まれる防腐剤としての役割も果たします。 レモン汁には5~8%のクエン酸が含まれているため(PubChemによる)、グリーン・クリーニングによく使用されます。

クエン酸は、自動車洗浄剤(例. 自動車洗浄剤(ホイールおよびラジエーター洗浄剤など)、金属洗浄剤、オーブン洗浄剤、食器洗浄機洗浄剤、万能洗浄剤、石鹸カス除去剤、浴室洗浄剤、浴槽およびタイル洗浄剤、カーペット洗浄剤、食器洗浄機、洗濯洗剤、芳香剤、窓拭き、しみ抜き剤、および食器洗浄機洗浄補助剤などです。

The Spruce / Ulyana Verbytska

その他の用途

クエン酸は洗浄剤に使われるほか、パーソナルケア、農業、食品、医薬品、電気めっき産業などさまざまな業界で使用されています。 食品業界では、保存料、香味料、野菜の洗浄剤としての役割を担っています。 パーソナルケア製品では、発泡性の付与(バスボムなど)、pH調整、α-ヒドロキシ酸としての役割(アンチエイジングクリームなど)に使用されています。 シャンプー、ヘアカラー、抗菌ワイプ、液体ハンドソープ、ボディジェルや洗顔料、リンス、アイペンシル、デオドラント、ベビーワイプ、ネイルエナメル、ピーリング、クリームなどにも配合されています。 また、一部のサプリメントや医薬品(ビタミンパウダー、シロップ、エリキシル剤など)にも使用されています。 最後に、農業分野では農薬として作物を処理するために使用されています。

The Spruce / Ulyana Verbytska

Product Brands

特定の製品がクエン酸を含んでいるかどうかを確認するには、米国で検索してみてください。S. Department of Health and Human Services Household Products Database、Environmental Working Group (EWG) Guide to Healthy Cleaning、Good Guide、EWG’s Skin Deep Cosmetic Databaseで検索してみてください。 一般的な用語「クエン酸」を使用しても多くの結果が得られない場合は、同義語のいずれかを入力してみてください。

規制

クエン酸がパーソナルケア製品、食品、または医薬品に使用される場合、米国食品医薬品局(FDA)によって監視されます。 農薬や洗浄剤など他の用途では、環境保護庁(EPA)が監視しています。

健康 & 安全

EPA によると、クエン酸は GRAS、つまり「一般に安全と認められている」ものです。 しかし、クエン酸には、労働安全衛生研究所(NIOSH)のクエン酸に関する国際化学安全カード(ICSC)で指摘されているように、安全性と健康に関する懸念があります。

警告

  • クエン酸を吸い込むと、せき、息切れ、喉の痛みなどの呼吸器症状を引き起こす可能性があります。 目に入ると充血や痛みを感じ、皮膚に触れると同じく充血することがあります。 また、クエン酸を摂取すると、腹痛やのどの痛みなどを引き起こす可能性があります。 これらの懸念から、NIOSHは、クエン酸を扱う人々に対して、皮膚や目の保護、適切な換気などの予防策を提案しています。

環境への影響

クエン酸は食物や水中に自然に存在し、環境中で容易に生分解するため、EPA の化学物質に関する R.E.D. Fact Sheet によると、その使用による大きな悪影響は予想されない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。