キャンドルマスデー(キリスト教の光の祭典)

2月2日はキャンドルマスデーである。

この古代の祭りは、最も短い日と春分の中間である冬の中間点にあたります。

キャンドルマスは、キリスト教の伝統的なお祭りで、息子イエスの誕生から40日後にマリアが儀式的に清められたことを記念しています。 この日、キリスト教徒は神殿でのイエス・キリストの贈呈を記憶する。

キリスト教以前は、この日は「光の祭典」として知られ、冬から春になるにつれて生命を与える太陽の力が増すことを祝っていました。

その年に教会で使われるすべてのろうそくを教会に運び、祝福を与える日、つまりろうそくの祭日(またはミサ)だったのです。 当時、ろうそくが重要だったのは、電灯がなかったからだけではない。ろうそくは、疫病や病気、飢饉から身を守ってくれると考える人もいた。 クリスチャンにとっては、もっと重要なことを思い出させるものでした(今もそうですが)。 イエス様が地上に来られる前は、誰もが「暗闇の中」にいたようなものでした。 人々はしばしば、迷いや孤独を感じていました。 恐れていました。 まるで、誰も助けてくれる人がいない、自分だけの存在であるかのように。 そんな時、イエスがやってきて、弟子たちを助け、慰めるために、いつも一緒にいるのだというメッセージを伝えました。 まるで、暗闇の中で彼らを導く光であるかのように。

キャンドルマスは、さまざまな習慣がある日である。

ローマ人は、冬に悪霊を追い払うためにキャンドルを灯す習慣があった。 昔、キャンドル・マスは、子どもたちが学校にろうそくを持ち込んで、暗い日でも教室が明るくなるようにした日でした。 時代とともに、ろうそくの明かりはガス灯に取って代わられました。 子どもたちは先生にお金を持って行き、先生はそれを子どもたちが食べるお菓子やケーキに使うことになっていました。 そして、最も多くのお金を稼いだ男の子か女の子が、キャンドルマスキングとクイーンに任命され、6週間統治するのです。 彼らは週に一度、午後を丸々遊びの時間にする権限を持っており、また好きな人を罰から解放することもできた。 ひとつは「神殿におけるキリストの呈示」。 もう一つは『聖母マリアの清め』です。 これらの名称はいずれも、赤ん坊のイエスの生涯における特別な出来事に由来する。

キャンドルマスデー 天気予報、信念、ことわざ

人々は、キャンドルマスデーが冬の残りの天気を予言したと信じている。

天気のことわざでは、キャンドル・マスの日が晴れで明るいと、これからもっと冬が来るということであり、逆に曇りで雨の多いキャンドル・マスの日は、冬の最悪の時期が終わったということである。

もしキャンドル・マス・デーが乾いて快晴なら、
冬の半分がやってくる。
もしキャンドル・マス・デーが雨で不愉快なら、
冬の半分がユールで台無しになる。

農夫の箴言

「農夫は、キャンドル・マスには、
自分のトウモロコシと干し草を半分ずつ持つべきである」

「キャンドル・マスには、棘が垂れていれば
良い豆の収穫を確信することができる」’your can be sure of a good crop of pea’.

ドイツの諺。

「アナグマはキャンドル・マスの日に穴から顔を出し、
雪を見つけると外に出て歩き、太陽が輝いているのを見ると穴に引きこもる。「

アメリカでは、グラウンドホッグやウッドチャックについても同じ話がある。

キャンドル・クリスマスの迷信

キャンドル・クリスマスに教会で運ぶときに片方だけ垂れるろうそくは、その年に親しい人が死ぬことを表しているとか。

雪は、キャンドル・マスの前に家に持ち込まれると不吉とされ、別れや死を表します。

十二夜(1月5日)までに撤去しないクリスマスの飾りは、キャンドル・マスまで飾っておき、その後撤去する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。