| カンフォフェニック®について

カンフォフェニック®は、1867年にジョセフ・リスターがフェノールを使った実験を行った結果、1884年に初めて発表されました。 そのため、このような「痒いところに手が届く」ような製品づくりを目指したのです。 翌年には、救急用消毒薬として一般に販売されるようになりました。 その後、1979年にCampho-Pheniqueは救急用ゲルに再製剤化されました。

Campho-Pheniqueが風邪の治療薬となり、さらに19年後にCampho-Phenique Cold Sore Treatment for Scab Reliefを発売しました。

現在、Campho-Pheniqueには、風邪治療、疼痛緩和消毒液、痛みとかゆみを緩和消毒ゲルの3製品が用意されています。 各製品は、感染拡大や二次感染を防ぐ防腐剤としてのフェノールと、これらの症例に共通する症状である痛みを麻痺させる局所麻酔薬の両方を利用しています。 各薬品は、いずれも市販薬として、お近くのドラッグストアやオンラインショップで購入することができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。