カラーセラピーって何? 本当に効果があるのでしょうか?

カラーセラピーはクロモセラピーとも呼ばれ、色を使って病気を治療する方法です。 身体の特定の部位に適切な色を当てることで治療します。 また、特定の色を目で見ることによっても行われます。

色彩療法は補完療法であり、医療の代替療法ではありません。
カラーセラピーは何をするものですか?
カラーセラピーは、心と体にバランスと健康をもたらす、非侵襲的でホリスティックな治療法です。 カラーセラピークラスの色の振動は、あなたの気分と健康全般を改善します。
カラーセラピーの基本的な考え方
色は反射光でできていて、波長が振動すると網膜に当たります。 私たちの脳はこの波長を解釈し、最終的に物理的・感覚的な経験として色を認識することになるのです。
カラーセラピーは、色が脳内に電気的な刺激を与え、それが体内のホルモンや生化学的なプロセスを刺激するという考えに基づいています。
カラーセラピーの始め方
カラーセラピーのセッションには、虹の色のようにたくさんの色が使われています。 カラーセラピーを始めるにあたり、セラピストはすべての色の分析を行い、これらの色が改善できると思う生活面について質問します。
多くのサロンでは、カラーとアロマテラピーを組み合わせています。 サロンによっては、健康や癒しを刺激するために、さまざまな色の光を体に投影しながらマッサージを受けることもあります。
異なる色で異なる病気を治療する
カラーセラピーで使用する色の濃淡は、改善しようとする病気の種類によって異なります。 例えば、青や紫の光は、抗炎症作用や鎮静作用があります。 緑色は浄化を助け、白色や黄色の光はリンパ系を刺激します。
インド哲学では、チャクラは体内の精神的なパワーとエネルギーの中心であると考えられています。 7つのチャクラがあり、色によって異なるチャクラを表します。
– 赤色:背骨の根元にあるルートチャクラは、赤色で表されます。 このチャクラは、地球とのつながりに関係しています。
– オレンジ色:へその下2、3センチにある仙骨チャクラは、オレンジ色で表現されます。 このチャクラは、生殖、腎臓、副腎、快楽と関係があると言われています。 このチャクラは、心と体のチャクラです。
– 黄色:太陽神経叢チャクラは、肝臓、膵臓、消化器官、胆嚢、エンパワーメント、幸福と関連しています。 このチャクラは、へそと胸骨の間に位置しています。
– 緑色:この色は、ハートチャクラを表します。 心臓、肺、免疫系、エネルギー、神経系、精神集中、思いやり、エンパワーメントと関連しています。
– 青色:このチャクラは甲状腺と代謝と関連しており、また平和な表情をしています。
– 藍色:眉間にある第三の目のチャクラです。 脳下垂体や松果体と関連しています。 睡眠サイクル、明晰さ、知恵、自尊心、直感に影響を与えます。
– バイオレット色:クラウンチャクラと関連しており、頭頂部に位置しています。 明晰さ、夢、霊性、睡眠サイクル、夢、松果体、光感受性と関連しています。
– バイオレット色:クラウンチャクラと関連しており、頭のてっぺんにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。