オールド・キング・コールとは? (And Why Was He Such A Merry Old Soul?)

You know how the rhyme goes:

Old King Cole was a merry old soul,
And a merry old soul was he; He called for his pipe, and he called for his bowl,
And he call for his fiddlers three.

すべてのバイオリン弾きは、バイオリンを持っていた。
“Twee tweedle dee, tweedle dee” とバイオリン弾きは言った。
O there’s none so rare, can compare
With King Cole and his fiddlers three.

しかし、彼のバイオリン弾きがどんなに素晴らしいバイオリンであっても、また王自身がどんなに陽気であっても、一つの疑問が残ります。

一説によると、この「老王」は実は王ではなく、1100年代初頭のヘンリー1世の治世に、ロンドンから40マイル離れたレディングに住み、働いていたとされる裕福な商人「トーマス・コール翁」であったと言われています。 レディングのトーマス」として知られるコールの生涯は、16世紀末にイギリスのバラード作家で小説家のトーマス・ダロニーによって記録され、コールは布商人であったと説明されている。 レディングの自宅からロンドンのバイヤーや顧客との会合に向かう途中、コールは「オーストリッチ」というパブに立ち寄るのが常であったが、この店の主人と女主人は連続殺人犯であった。 この店の主人と女主人は連続殺人犯だった。彼らは、部屋のひとつに仕掛けをし、富裕層の客を床から落とし、下の厨房にある巨大な熱湯の桶に入れるのだった。 デローニーさんの話によると、コールはダチョウ荘の仕掛けのある寝室に計5回泊まったが、階下でのトランプ仲間の口論、近くの町の火事、ロンドンからの郵便物の到着など、そのたびに予期せぬ事態が起きて、殺されずにすんだという。 結局、コールはオーストリッチのベッドで安らかに死に、家主の陰謀は暴かれ、夫婦は絞首刑となり、ヘンリー王が現れてパブの焼失を要求するのであった。

トーマス・コールと彼の殺人的な宿屋が実在したかどうかは誰にもわかりませんが、コール自身が王ではない(言うまでもなく、彼の物語は陽気なものではありません)ことを考えると、彼が我々の同名の「陽気な老人の魂」の起源である可能性は低いと思われます。 むしろ、その答えを見つけるためには、さらに時代をさかのぼらなければならないかもしれません。

コール・ヘン、または「コール・ザ・オールド」は、ウェールズ生まれのイングランド北部の王で、ローマ帝国のグレートブリテン支配が終わる頃、4世紀から5世紀にかけてのことである。 ローマ帝国時代のブリテンでは、ブリテン北部のローマ軍を率いるドゥクス・ブリタニアルム(ブリテン公)の地位にあった最後の人物であるとも言われている。 ローマ軍が去った後もコールは北部を支配し、エボラカム(現在のヨーク)を拠点にウェールズからスコットランドの国境までの広大な地域を支配した。

伝説によると、コールの治世は400年代初頭に、イギリス領のストラスクライド王国を転覆させ、そこから自分の王国への侵略を開始すると脅すピクトとスコットランド・アイルランドの同盟軍に宣戦した後に終わったという。 コールは当初、彼らに対する作戦を成功させ、この地域(現在の南エアシャーのコイルトン)に常設のキャンプを設けて、さらなる騒乱を鎮圧した。 しかし、スコットランド人とピクト人はコールの守備隊に最後の奇襲をかけ、コールとその部下を周辺の田園地帯に散らし、その騒ぎの中でコールは湿地帯につまずき、溺れ死んだ。 70歳で亡くなった後、彼の王国は2人の息子に分割された。

コーエルは確かに王であり、その時代にしては高齢だったわけだが、彼は「陽気」だったのだろうか。

さて、他の記述によると、コエルには音楽好きの娘ヘレナがおり、彼女の音楽好きが、彼女の父が「バイオリン弾きを3人呼んだ」という伝説を生んだという。 しかし、この説はどうやらCoel Henを伝説上のケルトの支配者でローマ軍の騎兵将校だったCoel Godhebog、つまり “Coel the Magnificent “と混同しているようである。 Coel Godhebogはエセックス州のコルチェスターを本拠地とし、少なくとも地元の民間伝承では、その町の名前に自分の名前をつけたと言われている。 (両者にはヘレナという娘がいて、後にコンスタンティウス・クロルスと結婚し、コンスタンティヌス大帝を産んだと言われている。 ヘレナはイギリスではなく小アジアで生まれたとされている)

したがって、「コール爺さん」は実際には一人の「コール爺さん」ではなく、むしろ二つの「コールヘン」の伝説に基づいているのかもしれない-ケルトのコールヘンの伝説が最初にこの物語のインスピレーションとなり、後日、コルチェスターの陽気なコールゴデボックの伝説と混同されたかもしれない-。

しかし、この二つの説の問題点は、「Old King Cole」という童謡が1709年より前の印刷物には見当たらないことで、一方、Coel HenとCoel Godhebogはともに4世紀から5世紀に死んでいる。 彼らの物語は、1300年以上も後に童謡を作るほど有名だったのだろうか。 歴史書の中のどこかに、発見されるのを待っているもう一人のOld King Coleがいるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。