オレンジや黄色の野菜や果物は、なぜ栄養が豊富なのでしょうか?

赤や緑、紫やオレンジなど、自然の恵みである新鮮な果物や野菜には、健康的な選択肢がたくさんあります。 では、虹を食べるのが好きな人はいるのでしょうか? 野菜や果物を積極的に摂ることで、ビタミンやミネラルをより多く摂取することができます。

週末や平日に開かれるファーマーズ・マーケットでは、新鮮なオーガニック野菜を食事に取り入れない手はないでしょう。 ファーマーズ・マーケットに行けば、旬の食材をお得に手に入れることができます。 また、毎回1つは新しいものを試してみるのもよいでしょう。 農家の人たちは、自分たちの農産物や農場について話すのが好きなので、買う前に何でも質問してください。

広告

これまで、緑や赤など虹の他の色を食べることと、それらが私たちの体にもたらす利点について述べてきました。 秋の季節にちなんで、オレンジや黄色い色の野菜や果物を食べることの健康効果について見ていきましょう。

オレンジや黄色の皮や肉には、ビタミンC、βカロテン、ビタミンA、カリウム、ゼアキサンチン、フラボノイド、リコピンなどのビタミンやミネラルが含まれる栄養素がぎっしり詰まっています。 抗酸化物質は、ビタミン、食物繊維、植物栄養素とともに、オレンジや黄色の食品に豊富に含まれており、がんや心臓病のリスクを減らすのに役立つだけでなく、目や肌にも良いのです

ビタミンC。 健康のために1日1個のオレンジを食べましょう!

β-カロテンは、ニンジンやカラフルな土の上や根菜類など、多くの植物や果物に含まれるオレンジ色の色素です。 オレンジ色の食品に含まれる栄養素として最もよく知られており、太陽を好む果物や野菜に鮮やかな色を与える強力な抗酸化物質です。 その一方で、β-カロテンは、太陽光線によるダメージや潜在的なダメージから肌を守ります。 また、目の健康や視力の維持にも大きな役割を果たします。 面白い事実:ベータカロテンという名前は、ラテン語でニンジンを意味するcarotaに由来します。

Advertisement

ビタミンAは夜間視力に重要で、免疫系の健康にも極めて重要です。 抗酸化物質として、ビタミンAは体内の有害なフリーラジカルを中和することができます。 また、一般的にレチナール、レチノール、レチノイン酸とも呼ばれています。

以下は、秋をテーマにしたオレンジや黄色い色の果物や野菜の数々です。

広告

カボチャ

玄関先に山積みのひょうたんやジャック・オ・ランタンがなければ、ハロウィンはどうなってしまうのでしょう? でも、せっかく彫ったカボチャをゴミ箱やコンポストに入れてしまわないようにしましょう。 鮮やかなオレンジ色のかぼちゃの果肉には、食物繊維や必須ビタミン・ミネラルがたっぷり含まれています。 その食物繊維は消化器系に優れており、たった1カップのかぼちゃピューレで、1日の食物繊維摂取量の7グラム以上を摂取できます。

Advertisement

癌と戦うビタミンAが超多い! 柿には2つの種類があり、どちらもとてもおいしいのですが、形や食感が全く違います。 富有柿はリンゴのように硬く、食べごろになると鮮やかで健康的なオレンジ色に熟す。 ヘタと硬い葉を除いて丸ごと食べられます。 もうひとつは蜂屋柿。 小さな提灯か巨大などんぐりのような形をしており、触ると非常に柔らかい柿である。 かぶりつくか、少し皮をむいて、スプーンですくって食べます。 ヒント:グレープフルーツスプーンを使うと、頭の周りに小さな歯のような切り込みがあり、すくいやすい!

黄色/金色のビーツ

ビーツには濃い赤色以外にも色があることを知っていましたか? 黄色や金色のビーツは心臓の健康によく、特にジュースにすると腎臓の浄化に素晴らしい効果を発揮します。 また、心臓病、様々な癌、糖尿病のリスクを減らし、血圧を下げることができます。 赤ビーツよりも甘い傾向がある黄ビーツは、食物繊維、鉄、カリウム、葉酸を多く含みます。

この季節のカラフルな恵みを楽しみ、食べることを忘れずに!

楽しい秋をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。